Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

ビオトープでメダカを飼う際の基本は睡蓮鉢

      2015/11/16

メダカをビオトープで育成する方法があるのを知っていますか?

とても簡単で初心者向けの育成方法なんです。

今回は基本となる睡蓮鉢を使ったビオトープについて説明していきます。

ビオトープとは?

ビオトープとはドイツ語の『生き物』 を意味するビオ(Bio)と『生息する場所』 を意味するトープ(Top)が合わさった言葉で、『生き物が生息する場所』 という意味です。

ビオトープは生態系がある自然のことを言うのですが、日本では主に人工的に作った水辺の生物の空間のことを言う事が多いようです。

室内での水槽飼育に必要な酸素ポンプ、フィルター、照明などといった機材は、ビオトープには必要ないので電気代がゼロになります。

それは何故かと言うと、ビオトープにすると、自然環境が整うことにより、風が空気を与え、ソイルや植物やバクテリアなどが水を浄化し、太陽が光を与えてくれるからです。

好きな植物を植えたり、アクセサリーも選べることから、ガーデニングの一環として楽しんでいる方もいるようです。

環境が整うと、自然発生したプランクトンなどをメダカが食べるようになるのでエサやりも楽になります。

ビオトープに必要なもの

容器

メダカが泳ぎまわれるスペースと、水草が植えられるスペースが必要です。

化学物質など有害なものが水中に溶け出さないもので耐水性があり丈夫なものであれば何でもよいです。

大きい方が沢山の水草を植えられるし、メダカの数も多く入れられることができます。

容器を選ぶときの目安として、メダカ1匹につき水1リットルというのが一般的です。

最近人気が高いのは睡蓮鉢ではないでしょうか。

睡蓮鉢は水の中で育つ睡蓮栽培のために水が抜けないように底に穴がありません。

睡蓮の葉がよく広がるように口が大きく広がっている鉢のことです。

本来は睡蓮栽培のための鉢なのですが、最近は水生動物を育てるための鉢としても幅広く利用されています。

ホームセンターなどで販売されていますが、夏にしか置かないお店が多いようです。

ネットで購入することもできますが、やはり夏場は一番種類が多いようです。鉢の中が明るい色の方がメダカをよく見られます。

底床材

容器の底に敷く砂利や土などです。

粒の大きさは色々ありますが、お好みの大きさで問題ありません。

底床材は、メダカの排泄物をろ過する土壌バクテリアの住処になります。

バクテリアは自然に増える微生物です。

メダカが餌を食べてフンをすると、床に住んでいる土壌バクテリアがフンを分解して無害にしてくれます。

フンには毒素が含まれるアンモニアが含まれているので、バクテリアが居なければ水が汚れてしまいメダカが死んでしまいます。

園芸用土の赤玉土(小粒)や水槽用の底床材の砂利などを使用すればよいでしょう。

ただ園芸用のものは肥料が含まれていたりしますし、水槽用のものでも極端に水質をかえてしまうものもあるので注意してください。

入れる量は水10リットルにつき、大体1.5Kgぐらいが目安となります。

水草

(画像:オオカナダモ

 

水草は環境づくりに大きな助けとなります。

市販されている水草は冬に枯れる種類も少なくないので、冬に枯れない種類を入れておくとよいでしょう。

冬に強いものにオオカナダモがあります。

浮草は夏によく増え、増えすぎて水中の水草に光が届かなくなってしまい枯れてしまう事があるので注意が必要です。

水面から葉が出る植物が水中に沈んでしまう場合は、底にレンガなどを敷いて高くするとよいでしょう。

花の咲く睡蓮などもあるので色々育ててみると楽しいです。

カルキ抜き

(画像:コントラコロライン

水道水のカルキはメダカなどの魚には、毒になるので市販されているカルキ抜きなどを使用して、カルキを抜く必要があります。

固形のハイポはしばらくかき混ぜないと溶けないので、液体のカルキ抜きをオススメします。

液体のカルキ抜きは即効性で、すぐにカルキの抜けた水が出来上がります。

薬剤を使いたくない場合は、バケツに汲んだ水の量なら、3~4日ぐらいで自然にカルキが抜け、エアーレーションを使うと一日でカルキが抜けます。

しかしこちらは置き場所、水量などにより抜けるまでの時間が大きく変わりますのである程度経験が必要かもしれません。

コケを取る巻貝

(画像:ヒメタニシはメダカ飼育で人気が高い)

睡蓮鉢などの容器は長く使っていると、苔がこびり付いてきます。

石巻貝やヒメタニシという貝類を入れておくと、苔を食べてくれます。

石巻貝は河口でしか繁殖できないので増えることはないと思いますが、ヒメタニシは夏に子供を産んで増えます。

貝の数は10リットルにつき1匹から2匹ぐらいを目安にするとよいでしょう。

ビオトープの作り方

①睡蓮鉢などの容器や底床に使う土などは薬品が付着しているかもしれないので洗っておきます。
できれば一度熱湯をかけて雑菌をとった方がよいでしょう。

赤玉土はいくら洗っても濁りは取れないので、適度に洗っておきます。

市販のカルキ抜きを使わない場合はセッティング数日前に水をバケツなどに汲み置きしてカルキを抜きます。

②底床材を睡蓮鉢に敷きます。

③睡蓮鉢に水を入れてカルキ抜きを入れます。

赤玉土の場合は濁りますが、翌日には濁りが沈澱します。

④水草は濁りが沈澱したら、植物をセットします。何故濁りがなくなってからセットするのかというと、濁りのある状態で水草を入れると、水草に土が付着してしまうからです。

水草や植物は植え込むのではなく、ポットのまま置いた方が手入れは楽になります。

⑤二週間後以降にメダカをいれます。

ビオトープを準備したらしばらくそのままメダカをいれずに置いておきます。

環境にもよりますが二週間ほどおけば環境も落ち着いてくるでしょう。

そうやってある程度の期間を置いてからメダカを購入してくるようにしてください。

メダカだけに限らず、 魚は水質と水温の急激な変化を嫌います。

変化が大きいと弱ってしまう事があるので、 メダカの入ったビニール袋を水槽に丸ごと30分~1時間ぐらい漬けて、水温の差を徐々になくします。

水温の差がなくなったら、ビニール袋の水を3分の1捨てて、水槽の水を3分の1足します。

この作業を3回ぐらい繰り返してメダカを水に慣れさせてから入れるとよいです。

~セッティング後のメンテナンス

水換え、水足し

ビオトープを作ったばかりの時は、底床材にまだ土壌バクテリアがいない状態なので、フンが分解されずに水が汚れていきます。

その負担を減らすためには、最初に導入するメダカの数を少なめにしておくというのも良い方法です。

メダカを導入してから2週間ぐらいは、3日~4日に1回ぐらいのペースで、3分の1ほど水換えしてあげるとよい場合もあります。

環境がある程度整ってくればその後は、水が蒸発して減っていれば、カルキを抜いた水を足してあげるだけです。

エサやりについて

メダカを入れてから二週間ほどは、様子を見て一日1~2回くらいを目安に市販のエサを与えてください。

環境が整うとボウフラやプランクトンなどメダカのエサとなる生き物が発生してくるので、エサやりが不要になります。

ビオトープの注意点

 

夏場の直射日光による水温の急激な上昇、はメダカにととって危険です。

夏場は水温の上昇を防ぐために日陰を作りましょう。

逆に冬場は雪の降るような寒い地域の場合は、雪や風があたらない場所に置く、睡蓮鉢の上によしずをかぶせたりして気温が下がるのを防いでください。

また、冬場はメダカの活動もなく放置しがちですが、乾燥していると水が蒸発しやすいので水位が下がっていないかは定期的にチェックしてください。

水質が悪いと水カビ病などの病気が発生する場合がありますが、病気になった個体を隔離し一週間ほど薬浴させると治ります。

ビオトープはメダカを飼う際に、最も初心者向けの方法だと思います。

ぜひ一度、チャレンジして見てください。睡蓮蜂の中に小さな生態系ができるのは感動ものですよ。

 - メダカ