Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

不安でも大丈夫!メダカがエサを食べなくなる理由

      2015/11/16

今まで病気や水質の悪化もなく、きちんとエサを食べていたのに、ある日ふと気が付くとエサが底にたまっている。

様子をみていると、メダカがエサを食べていないということがあります・・。

(画像:メダカ

メダカがエサを食べないのはきちんと理由があるのです!

メダカがエサを食べない理由を、今回は考えていきたいと思います。

メダカはどうして餌を食べてくれないのか

メダカがエサを食べてくれない状況になった原因を考えてみましょう。

原因となることは色々あるので、一つ一つ該当することがないかチェックする必要があります。

新しく購入してきたメダカがエサを食べない

新しく購入してきてすぐのメダカは、今までの飼育環境との違いから慣れるまでエサを食べないことがあります。

この場合はしばらく様子を見てそれでもダメなら他の原因が考えられます。

水質がよく、ミジンコやゾウリムシ等を食べている

屋外飼育でよくあることですが、水の色がやや緑がかっている状態でミジンコやゾウリムシ、ボウフラ等が発生してそれらを食べている場合です。

この場合は、自然にエサとなるボウフラやミジンコ等が発生しているので、市販のエサを食べなくなることがあります。

病気になっている場合

エサを食べないのが特定の個体だけなのか、全体的に食べないのかを観察してみましょう。

特定の個体だけの場合は、病気が発生している場合もあります。(もちろん病気が全体に広がっていてみんなエサを食べていない場合もあります)

病気が原因の場合は、まずは病気になっている個体を隔離して、薬浴や塩浴をさせて病気を治す必要があります。

また、水質が悪化している場合は水槽をリセットする必要があるかもしれません

外見上、特に病気が疑われない場合は水温等のチェックをしてみてください。

水温が低すぎる

(画像:水温計

これは屋外飼育をしている時に多いことですが、冬場など水温が極端に低くなっていたりすると、メダカの体は冬眠状態になってしまいます。

当然、冬眠中はエサを食べないのでいくら与えても食べてくれません。

屋内・屋外飼育ともに水温が低い場合は、メダカを飼育している容器を日の当たる場所をおいて水温を上げ、メダカの体が冬眠状態にならないようにするといいでしょう。

可能であればヒーターを入れて、水温を上げる方法があります。

水温をあまりにも急に水温を上げてしまうと、メダカの体の負担が大きくなって、病気が発生することがあるので注意が必要です。

エサの食べ過ぎ

普段メダカがよくエサを食べるからといって、かなり大量にエサを与えていたりしていませんか?

メダカには人間のように胃腸がないので、毎日大量のエサを与えていた場合、お腹にエサが詰まってしまって食べられない状況になってしまいます。

その場合は、見た目的にもお腹がぱんぱんでかなり太って見えることがあります。

そうなっていた場合、一度に与えるエサの量を少ないかな?と思うくらいの量に減らして、一日数回与えるようにしてください。

水槽内の飼育数は丁度よいですか?

水槽内にいる数が多すぎる場合は、ストレスからエサを食べないということが考えられます。

過密状態ですと水質の悪化にもつながりますので、水槽を分けて、水槽の大きさに適した個体数で飼育するようにしてください。

病気でもないし、水質なども問題がないけど食べてくれない

メダカを観察していて病気でもないし、水質や水温も特に問題がないようなら、あげているエサが気に食わないだけかもしれません。

ホームセンターやアクアショップで、色々なタイプのエサが販売されているので、数種類を試してみるといいでしょう。

ただし、市販の人工のエサは常温で長期間保存すると品質が劣化してきますので、短期間で使い切れる量を購入して冷蔵庫など冷暗所で保存してください。

お試しの場合は、知り合いから他のエサをもらって試すのもいいですね。

また、ショップでは生餌という赤虫や糸ミミズが販売されているので、それらを与えてみるのも良いかもしれません。

 

いかがですか?思い当たることはあったでしょうか。

日々の中、エサをあげるときに病気や水質のことを少しチェックするだけでも変わると思います。

早い時期に気が付けば、病気などの予防にもなりますので、毎日エサやりの時は少し気を付けてみてくださいね。

 - メダカ