Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

覚えておけば大丈夫!覚えておきたいめだかの稚魚の飼育方法

      2015/11/16

生まれたばかりのメダカの稚魚。

その見た目の繊細さにはじめはどう飼育していいか悩むかもしれません。

今回はそのメダカの稚魚を比較的簡単に育てる方法を解説します。

メダカの稚魚が孵る前に

まず、稚魚を育成するための環境を用意しておきましょう。

稚魚は泳ぎが下手ですので、あまり強い水流をつけたりするのはよくありません。

基本的にはろ過器などは使用しないほうがよいでしょう。

水量が多いほうが水換えの頻度も下がりますので、オススメです。

自然界でも、ある程度までは水流のあまり無いところで成長していくものなのです。

(画像:保温性も高く軽いので使いやすい発泡スチロール製

何故専用の容器を用意するのかといいますと、小さいうちは大人のメダカと一緒にすると食べられてしまうからなのです。

しばらくは稚魚だけで、しっかりと育てあげる必要があります。

また水温の上昇を抑えるため、「直射日光があたりすぎる」環境は避けてやることが大切です。

ある程度の日光は生育に良い結果をもたらすことが多いのですが、必ず稚魚が日差しから逃げれるように、浮草や発泡スチロール板を浮かべておくようにしましょう。

メダカの稚魚が孵ったら

卵から孵ったばかりの稚魚は、お腹にヨークサックという栄養分の入った袋をつけています。

最初の2~3日は、そのヨークサックから栄養を取りますので餌は必要ありません。

その直後から、その小さな口でも食べられる餌を必要とします。

稚魚餌

出典
http://www.shopping-charm.jp

(画像:稚魚用の粉末餌

しかし、今まで親に与えていたような粒状のものでは、小さな口の稚魚では食べることができません。

なので、すりつぶしたものや市販されている稚魚用の餌等を使用する必要があります。

また、稚魚は餌を認識するまでに時間がかかる場合があります。

水を汚さないように、「ちゃんと食べているか」確認しながらの給餌が重要です。

食べ残しは必ず取り除いてください。

水換えもできるだけ少量ずつ行いましょう。

あまり大きな負担は小さな身体には良いものではありません。

屋外でのもう一つの餌

もう一つ「屋外で微生物を餌にする方法」を説明します。

屋外に置いた容器に日光が当たることで、「植物プランクトン」が発生しそれが餌となります。

また、その植物プランクトンを餌とする微生物は、ある程度成長した稚魚の餌となります。

これらを利用することで、小さな「初期段階での稚魚」に餌をしっかりと食べさせることができ、生育を楽にします。

状況によっては無給餌、もしくは補助的に餌を与えるだけで稚魚が成長していきます。

その水の作り方はいろいろですが、簡単な方法では、稚魚が孵る前にカルキを抜いた水を張り、親メダカの容器から「水」や「水草」を少しうつします。

それを放置しておくことで、様々なプランクトンの発生を促します。

稚魚の天敵

屋外で飼育していると、稚魚の天敵にも出会いやすくなります。

ヤゴなどの昆虫をはじめ、ボウフラなども天敵です。こ

ちらは見かけたらスポイトで取り除くようにしてください。

環境に慣れたメダカ

この記事を読んでいる方は、「はじめて稚魚」を育てる方も多いと思います。

そんな方にもう一つ知ってほしいお話があります。

貴方の家で生まれた稚魚、そのメダカは親である「買ってきたメダカ」とは少し違うものなのです。

その稚魚は「あなたの家の環境下」でうまれたものであり、きちんと育て上げれば「家の環境に馴染んだメダカ」となるのです。

今後の繁殖にもその「環境に馴染んだメダカ」はとても大切な存在となります。

稚魚はとても小さな存在です。

世話をしていると、だんだんと大きくなる姿に生命の力強さを感じれると思います。

 - メダカ