Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

メダカと混泳させても良い種類の魚やエビってどれ?

      2015/11/16

メダカの育成に馴れてくると、種類の違うメダカや他の魚、エビなどとの混泳を楽しみたいと思う方も多いでしょう。

メダカと混泳できる魚やエビなどは結構種類が多いので、代表的なものを紹介していきたいと思います。

メダカは意外と混泳可能な魚が多い

メダカ自体は性格が大人しい魚なので、混泳させる相手の性格や棲息している水質・水温などが合えば混泳が可能です。

熱帯魚でも条件さえ合えば混泳が可能なので、最近は熱帯魚との混泳を楽しんでいる人も多いようです。

他の魚やエビなどと混泳させる場合は、大き目の水槽での飼育をおススメします。

また、いじめられたときに隠れる場所も必要になってきますので、水草等は少し多めに入れておいた方がいいかもしれません。

しかしその混泳を考える前には覚えておきたいことがあります。

環境によっては混泳自体がメダカ、相手の魚のストレスになりうるということです。

例えばメダカと熱帯魚。

元々は一緒に飼育するような魚ではありませんので、その混泳についての情報はとても少なくなります。

最低限メダカ、そして混泳させる相手のそれぞれがどのような生き物か…ということを知っていなければなりません。

魚は同じではないのです。

そしてもう一つ、メダカが産卵した場合殆どの魚がその卵を餌としてしまうということです。

メダカのメスは産卵後しばらくはお腹に卵をつけて泳ぎますので突かれてしまう原因ともなります。

ですので、今回紹介する魚達は、きちんと理解していれば混泳が成功することもある…というくらいに思っておいてください。

温和、混泳可…そんなわかりやすい情報だけに目を向けていてはダメなこともあるのです。

▼混泳のトラブル例について
>>気をつけて!ボトルや小型水槽でのメダカとアカヒレの混泳の問題!

出だしが少し厳しいお話となってしまいましたが、ここからいろいろな種類を紹介していこうと思います。

種類の違うメダカ同士の混泳は雑種が生まれる

出目メダカ

出典
http://www.shopping-charm.jp

(画像:特徴的な出目メダカ

種類の違う、メダカ同士の混泳は可能です。

しかし種類の違うもの同士での交配が行われるため、予測できない雑種を楽しむということもできますが、純潔個体の育成希望の方は違う種類のメダカとの混泳は避けた方が良いと思います。

エビは水槽の掃除屋さん的存在なのでおススメ

(画像:通販でも購入可能なミナミヌマエビ

メダカと一緒に長期飼育を考えているなら、ミナミヌマエビが一番のおススメです。

水に馴染むと、どんどん子供を産んでいきます。

エサの食べ残しやコケを食べてくれる、水槽のお掃除屋さん的な存在です。

メダカの卵や稚魚を隔離している水槽にいれると、まれに食べてしまうこともあるので注意してください。

逆にミナミヌマエビの稚エビがメダカに食べられることもあります。

温度や水質の変化に敏感なので、水合わせは慎重に行ってください。

コケの除去能力が高いエビが良いのであれば、ヤマトヌマエビがオススメです。

その分、糞がたくさんでます。

こちらの繁殖は海水も利用しなければいけなくて困難なので、熱帯魚屋さんから購入しましょう。。

ヤマトヌマエビも卵や稚魚、弱ったお魚を食べることがあります。

エビを同じ水槽に入れる場合は流木など、隠れることのできる場所があるとエビは落ち着くようです。

メダカとの混泳向きの魚

赤ヒレ

中国産のコイ科の小魚で生活圏、食性がほぼ同じです。

温和な性格なので同居に向いています。

低温にも強く、強い魚です。

グッピー(熱帯魚 加温必要)

比較的温和で丈夫、メダカ同様飼育しやすい熱帯魚です。

体系や体の色など多くの種類が存在していますが、混泳させるとグッピーばかりが目立ってしまいます。

とても増えやすいのでその点も注意が必要です。

生活圏がぶつかるためあまりグッピーが多い状況はメダカにとってはよくありません。

小型のカラシン類(熱帯魚 加温必要)

ネオンテトラ等の熱帯魚の小型カラシンは、おとなしい性格の魚が多く同居できるものが多いです。

しかし、熱帯魚は色合いが非常に派手です。

小型カラシンの中にはせいかくのややきついものもいますので注意してください。

「カージナルテトラ」[グリーンネオンテトラ」「グローライトテトラ」「ネオンテトラ」などがいます。

ラスボラ系の魚(熱帯魚 加温必要)

エサは何でもよく食べてくれて、飼育も簡単です。

協調性が高く、メダカとの混泳に向いていると思います。

「ラスボラ・ヘテロモルファ」「ラスボラ・エスペイ」など。

メダカと棲み分けのできる魚

シマドジョウ

シマドジョウは底を中心に掃除してくれます。

体調は6~13㎝くらいになります。

寿命はだいたい3~4年くらいです。

いつも下層にいるので上層にいるメダカとの棲み分けができます。

コリドラス(熱帯魚 加温必要)

熱帯魚ですが、一部の種類を除けば性格も温和で下層魚なので同居させやすいです。

こちらも底部分のお掃除屋さんですが、卵や稚魚を食べてしまうことがあります。

クーリーローチ(熱帯魚 加温必要)

熱帯性のどじょうの仲間です。

底面を掃除してくれます。

性格は憶病なので物陰や底砂に潜っていることが多いですが、夜になると出てきてエサを探し回ります。

30度以上の状態が長時間続くと酸欠によって死んでしまうことがありますので、水温に注意してください。

 

このほかにもまだまだ混泳可能な魚はいます。

ショップに行ったときに気になった魚を見つけたら、店員さんに混泳可能か聞いてみるとよいでしょう。

 - メダカ