Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

難しくない!屋外でメダカを繁殖させる基本的な方法

      2015/11/16

メダカの繁殖がうまくいかない…そんな方も多いと思います。

「簡単」といわれるメダカの繁殖もいくつか「方法」として抑えておいたほうが良いポイントが有ります。

その「方法」を正しく知ることでメダカの繁殖を成功させましょう!

繁殖には何匹必要?

(画像:メダカのペア販売

メダカはオスメスが揃えば、わりと容易に繁殖します。

しかし「はじめてだからオスメス一匹ずつ・・・」というのは、実はあまりおすすめできないのです。

メダカにも相性があり、身体の繁殖準備ができるタイミング等もあります。

ですので最初は少なくとも3ペアあたりから始めてみるのがよいでしょう。

繁殖環境と同時に整えたい稚魚育成水槽

メダカの繁殖を始める前にもう一つ「稚魚の育成水槽」を用意しておきましょう。

大人のメダカは「卵」や「稚魚」を食べてしまうので分けて育てることが、大切です。

これは繁殖の基本とも言えることです。

できるだけシンプルに

繁殖用のセットですが、できるかぎりシンプルな方がよいでしょう。

それは観察を容易にし、「卵」を親に食べられる前に見つけるためです。

今までの、底砂が敷いてあり多くの水草が植えてあったりする容器では、「産み付けられた卵を見つけれなかった」だけかもしれないのです。

その場合は「新しく別に」容器を用意してください。

何故かと言うと今までの環境を「壊して」しまうことはメダカにとって、「良くない」ことだからです。

(画像:ホテイアオイ

おすすめのセットは、容器に浮草(特にホテイアオイ等の根がしっかりしたもの)のみ。

このくらいでなければ、小さなメダカの卵は見つけることが難しくなります。

またシンプルにすることで、「メダカが卵を産み付けやすい場所」を限定し、探しやすくすることも狙いの一つです。

卵を浮き草の根に確認したら、親をもとの飼育容器に戻し、繁殖用をそのまま「稚魚育成用」としてもいいでしょう。

季節やサイクルを考えよう

メダカは屋外では一年中繁殖する生物ではありません。

地域やその年の気候にもよりますが、4~10月くらいがシーズンでしょう。

水温が18℃、日照時間が12時間を越えたあたりから繁殖がはじまる場合が多いです。

繁殖用の容器に親をいれるのはそのくらいの季節にしましょう。

条件が揃えば、二日~一週間を目安に産卵がはじまると思います。

繁殖ができない時に見直すポイント

それでもなかなかメダカを繁殖できない。

そんな方は以下のポイントをチェックしてみましょう。

環境を見直すことで、メダカが産卵を始めることがあります。

①メダカが若すぎないか、もしくはその逆

メダカがまだ未成熟であったり歳をとっていたりすると、繁殖ができない場合があります。

前者であればしっかりと飼いこむ事で、繁殖を始める場合がほとんどです。

②落ち着かない環境ではないか

「浮草などの隠れ家が少ない」、「道路に面しているなど騒がしい場所に置いてある」そういったような、メダカが落ち着きづらい環境ではストレスを感じ、繁殖に至らない事があります。

また、飼育容器に手を入れすぎることも、ストレスの原因になります。

繁殖用セットでは、卵の有無の確認は静かめに、それ以外ではあまり触らないようにしましょう。

特に新しい環境を用意したばかりの時は、数日間くらいはそっとしておくことが大切です。

③不健康な状態ではないか

病気や調子を崩しているメダカでは、繁殖ができないことがほとんどです。

購入してきたばかりで痩せている時は、こまめに餌を与えるなどでまず体力の回復をはかりましょう。

また病気の場合は繁殖を狙わず、治療に専念したほうが良いです。

④すでに卵が食べられている

メダカの産卵は、日が昇り始めた朝方に行われることが多いです。

成熟したペアで求愛行動(オスがメスの前でくるりと廻る)も見られるのに何故?という場合は、少し早起きして観察してみましょう。

午前中に浮草の根を探すと卵の発見率は高い場合が多いです。

このようないくつかの「飼育条件」や「観察の時間」を改善することで、うまくいく場合があります。

また、同じペアに産卵をさせすぎると負担がかかってしまい、繁殖が止まってしまう場合がありますので、よく産むペアでも「ある程度産ませたら休ませる」ということをしてみてください。

繁殖の頻度

メダカの繁殖は慣れてくると容易で、このような「隔離」する方法をとっているとどんどんと増えていってしまいます。

置ける飼育容器にも限界があると思いますので、そのペースを「調整」することも繁殖をしていく上では大切な事なのです。

「隔離」しなければ自然と卵は食べられたりして、そう数が増えるものではありませんので、増やしたくない場合はなにもしないことが一番です。

卵を食べることを見越して、隔離しないのは「可哀想」に思うかもしれませんが、あまり過密な飼育は水質の悪化を招き、最悪「全滅」してしまう場合もあるのでそちらのほうが危険です。

そしてもう一つ、増えてしまったメダカを「自然界に放つ」事は、「生態系を破壊」してしまうので、絶対にしてはならないことです。

増えすぎたから減らすという事は、非常に難しいのです。

最初は「少なめかな」と思うくらいの採卵に、とどめておくのが良いかもしれません。

メダカの繁殖のコツ

 

メダカの繁殖のコツは何よりも、「健康にメダカを育成すること」です。

健康で成熟したメダカを数ペア一緒に飼育していれば、比較的簡単に「産卵」自体はおきます。

まず、繁殖に悩んでいる方は「難しく考えすぎず」に、「メダカたちが産みたくなるような状況が来るまで」じっと待つ事も大切なのです。

そして暖かい季節になったら午前中に浮草を、「メダカを驚かさないようにそっと」持ち上げてみてください。

意外と「産んでいない」と思っていても、「浮草の根」にメダカの卵が付いていることがありますよ。

コツさえ掴めばそう難しくないメダカの繁殖。その全ての過程の中にある「命の尊さ」を是非貴方も感じてみてください。

 - メダカ