Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

100均で揃える!水槽等、4つのアクアリウムグッズ

      2015/11/17

アクアリウムをはじめたい、でもいろいろな道具を買っていてはお金がかかりすぎてしまう・・。

そんな方に、100円均一ショップで購入できる飼育に役立つアイテムをご紹介します。

その1プラケース

プラケース、簡単に言えば透明プラスチック製の虫カゴです。

黒や青、緑色等の蓋が付いていることが多いです。

魚を一時的にいれて隔離したり、水草を植える前にまずこちらに水と草を入れることで、作業中に乾いてしまわないようにする等に使えます。

また、「飼育中の魚が病気になってしまったかも?」等と確認をしたい時に、水槽の水とともに魚をいれ、間近で様子をしっかり見たりするには透明なケースは最適です。

その際に飛び出し防止に蓋を使用することもできますね。

(画像:プラケース

アクアリウム用品店などでも100円前後で取り扱われているので何かの買い物ついでに合わせて購入してもよいかもしれません。

その2トレー

100円均一ショップには、いろいろな大きさや素材のトレーがあります。

そこまで大きい必要はなく、手元で使用しやすいサイズを選択します。

こちらのトレー、水槽のレイアウトの際にあると便利なんです。

水槽の中には水草や流木、石などを配置する場合が多々あります。

それらを並べる時、掃除の時に水槽から出した時、また水槽メンテナンス時に使用している道具・・

濡れているものを置く場所が意外と周りに無かったりするんです。

そこでこのトレーを使用するわけです。

また筆者は購入してきた水草をまずこちらにばらして並べ、どれから順番に植えていくか選別したりするときにも使っています。

上記のプラケースと併用すれば、水草が乾いてしまうことを気にせず、ゆっくりと作業ができます。

その3小さなバケツ

水槽管理の作業といえば水換え…かもしれません。

水質を維持したりしていく上でとても大切な作業。

魚の種類によっては一度に換える水の量が、意外と少なかったりもします。

そういった時に、大きなバケツでは作業がしづらい・・。

だから、小さなバケツというふうになります。

大きめのバケツと合わせて持っておくことで、いろいろなシチュエーションに調度良く対応できるはずです。

小さな水槽の場合は、軽量カップや上記のプラケースをバケツの代用品として使いましょう。

その4結束バンド(繰り返し使用できるタイプ)

園芸用品や整頓用品として販売されている結束バンド、その中にも繰り返し使えるタイプのものがあります。

水槽にはセッティングによって、エアーチューブなどが繋がります。

そういったものを上手くまとめたり、余った分をしまうときに使用します。

繰り返し使えるタイプは、微調整がしやすいので重宝します。

ただ、電源コード類への使用は熱を持つ危険性をあげてしまうのでやめておいたほうがよいでしょう。
このように、アイディア次第で使えるツールが100円均一にはたくさんあります。

使いやすい道具はメンテナンスを楽にして、結果水槽の良い状態の維持に繋がります。

アクアリウム用の道具を探しに・・・。

一度そんな目線で100円均一ショップを覗いてみてはいかかでしょうか?

おまけのお話 100均に無いけれど…

100均ショップだけでなくとも百円~数百円で手に入るアイテムで、飼育に役立つものはたくさんあります。

例えば一方コックという商品は、エアーポンプからでる空気の量を調整出るのでとても便利です。

(画像:一方コック

他にも、長めのスポイトはエサやりや食べ残しの回収などに役に立ちます。

熱帯魚スポイト

出典
http://www.shopping-charm.jp/

(画像:長めのスポイト

このような道具もいろいろと調べて探してみるのもとても楽しいと思いますよ。

 - その他器具