Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

メダカを屋外で飼う時、水槽は何を選んだらいい?

      2015/11/17

はじめに

メダカの屋外飼育は実に趣があります。でもいざ始めようとすると、どんな容器を水槽に選べばいいのか、困ってしまうものです。

そこで以下では、メダカの屋外飼育水槽に向いている容器とその特徴について説明します。

容積の大きい容器を選ぼう

屋内水槽でも同じことが言えますが、水量は多いに越したことはありません。

水量が多いと、その分水温の変動や水質の変化が穏やかになります。

メダカは少々環境が悪くなっても大丈夫なのですが、その変化が急激だと弱ってしまいます。

ですので、置く場所との兼ね合いを考えた上で、容積のできるだけ大きなものを水槽に選びましょう。

開口部の大きな容器を選ぼう

開口部からは、空気中の酸素が水に溶け込みます。

開口部が大きいと、空気と水面が接触する面積が大きくなるので、それだけ酸素が水に溶け込みやすくなります。

逆に、開口部が小さいと、空気と水面が接触する面積が小さくなるので、水が酸欠状態になる可能性が高くなります。

ですから、できるだけ開口部の大きいものを水槽に選びましょう。

屋外でメダカを飼う際にオススメの水槽

睡蓮鉢

(画像:睡蓮鉢

メダカの屋外飼育の定番は睡蓮鉢です。睡蓮観賞用に作られた鉢ですので、水量も多く、見た目も風情があります。

いいものは何万円もしますが、ホームセンターに行けば数1,000円台のものが手に入ります。

大きさや形はいろいろありますので、上で述べたように、できるだけ水量が多く、開口部が広いものを選びましょう。

トロ舟

トロ舟は、セメントをかき混ぜる際に使われるプラスチック製の容器です。

容積が比較的大きく、また開口部も広いので、メダカの屋外飼育によく用いられます。

1万円を超える高価なものから、1,000円台で買える安価なものまでピンキリですが、あまり安いものだと、プラスチックが劣化してひび割れることがあるので、慎重に選びましょう。

自分で選ぶのに自信がない人は、ネット通販でメダカ飼育用にトロ舟が売られていますので、それを購入するのも手です。

発泡スチロール箱

(画像:発泡スチロール

発泡スチロール箱もメダカの飼育に使えます。

魚屋などに行ってお願いすれば入手できるので、お金がかからないのが最大の魅力です。

その場合はしっかりと水洗いし、天日に干してから使用しましょう。

ポリバケツ

(画像:バケツ

ポリバケツは、美観という点ではかなり劣りますが、容積が圧倒的に大きいのが魅力です。

それに丈夫で安価なのもポリバケツのいいところです。

水量に対して開口部が若干小さめなのが気になる点ではありますが、飼育数が少なめなら全く問題ないでしょう。

プランター

数匹を飼育するだけなら、プランターでも十分役割を果たします。

コンパクトなので扱いが楽というのもいい点です。ただ水量が少ないので、水質や水温の急激な変化には気をつけましょう。

衣装ケース

プラスチック製の衣装ケースでメダカを飼育している人もいます。

確かに、容積も大きくて開口部も広いので、メダカ飼育には理想的な形をしています。

ただ問題は、衣装ケースのプラスチックは柔らかくて劣化しやすいという点です。

深さの1/3程度水を入れたら歪み、1/2程度水を入れたら膨張します。

また1年もするとひび割れてしまうことがあります。

ですので、衣装ケースはあまりお勧めできません。

おわりに

メダカの屋外飼育水槽に使える容器には様々なものがあり、それぞれ一長一短があります。

ですから、容器の設置できるスペースや懐具合に合わせて、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

最後に水質を安定的に維持するコツをひとつ。

それは、「水草をたくさん植える」です。水草をたくさん植えることで、光合成による酸素供給が行われ、また水質も浄化されます。

きれいにレイアウトしなくてもよいですから、アナカリスやカボンバやマツモなどの水草を必ず入れておくようにしましょう。

 - メダカ