Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

メダカを屋外で飼育する時、エサはどうすればいい?

      2015/11/17

「メダカを外で飼いたい!」と思っても、屋外で飼育する場合どのようにエサやりをすればよいのかよくわからない、という事があると思います。

今回はそんな疑問に答えるように、屋外で飼育する場合のエサやりについて書いていこうと思います。

メダカを庭の池や屋外飼育用の入れ物に移動してから暫くの間は、市販のメダカ専用のエサや金魚のエサを砕いたもので十分です。

メダカを屋外で飼う際に、オススメの餌

顆粒タイプの餌

(画像:メダカ用の餌は多数販売している)

市販の顆粒タイプのものは、食べ終わる前に沈んでしまうものがあるため、注意が必要です。

浮上性のものを使用すると水面付近を好むメダカは食べやすいです。

糸ミミズ等のドライフード

(画像:イトミミズはほぐして与えたい)

市販されているエサで顆粒タイプの他には赤虫や糸ミミズなどがあります。

こちらはドライ処理されたものや生きたまま販売されていることがあります。

環境に慣れるまでなかなか食べてくれないこともありますので、メダカの様子を見て量を調節して残さない量を与えるのがポイントです。

はじめのうちは室内と同じペースで、多くても1日1~3回程度で少し少ないかな、と思うくらいの量でよいでしょう。

しかし屋外は後述する自然発生する餌もありますのでそれも含めたペースへと調整していく必要があります。

メダカは体が小さく、一度に大量のエサを食べることができません。

食べ残してしまったエサは底にたまってカビたり腐ってしまい、水質が悪化してしまう原因になってしまいます。

水底にエサがたまっているような時は取り除いてあげた方が良いでしょう。

また、エサの食い付きが良いからと大量にエサを与えてしまうと、メダカが消化不良を起こしてしまい病気の原因になってしまうので、気を付けて下さい。

自然に発生する虫はエサになる

屋外でメダカを飼育していると、ボウフラ(蚊の幼虫)などの小さな生き物が発生しやすいですが、駆除する必要はありません。

ミジンコやボウフラなどの小さな生き物や水面に落ちた小さな昆虫はメダカにとってはご馳走になるからです。

死んだ仲間のお腹、昆虫の卵、メダカの卵もご馳走になります。自分より小さいメダカも食べてしまいます。

メダカは好奇心旺盛なのか、水面に浮かんでいるものは羽虫や蟻など大きなものでも一度口にいれてしまいます。

食べられないと分かったものはすぐに吐き出してしまいますが、食べられそうなものは何でも食べてしまうようです。

メダカが屋外の環境に慣れてきた頃には水質が安定してくると思います。

水の色が緑になってきても、水替えは避ける!

水質が安定してくると、水の色が緑色っぽくなってくることもあると思いますが、水替えは避けてください。

「どうして水を取り替えてはいけないの?」

と言う疑問が浮かぶと思いますが、これにはちゃんとした理由があります。

緑色っぽくなった水には植物性のプランクトンが発生していて、それを食べる動物性のプランクトンも発生しています。

メダカにとって動物性のプランクトンが一番のご馳走なのです。

だから、よほど水が汚れてしまったような時以外は水を足すことはしても、水替えの必要はありません。

もちろん水換えをしなければならない状況は他にもたくさんあるので、ただ放置というのは少し違います。

安定している環境を壊さないようにする…そう考えるようにしてください。

同じ緑色でも、水質が悪いと発生するものもありますので合わせて覚えておきましょう。

水が緑色っぽくなり、水質が安定してくれば人工のエサは週に数回程度と減らしても良いかもしれません。

冬はエサをやる必要無し

「じゃあ、季節によってエサのやり方は変わるの?」

と思う人もいると思います。

メダカは変温動物のため、水温の低い冬場はあまり動き回らず、水温の高い夏場によく動いているのが見られると思います。

冬場は水温が低くなり冬眠してしまう場合があます。

冬眠してしまった場合はエサを食べなくなります。

プランクトンなど、自然のエサもあるので、冬場はエサやりをしなくても大丈夫です。

「でも、冬でも暖かい日にはエサはあげた方がいいの?」

そういう疑問も出てくるのではないかと思います。

よく観察していると、水温が低くて食欲がなくなると、メダカは水底や植物の影に隠れてじっと動いていないのがわかると思います。

冬でも日中暖かい日は水温も上がるので、メダカに食欲が出てくると水面近くで口をぱくぱくさせて、エサを探しているような仕草をしているときがあります。

このようなときは少な目にエサをあげてみてください。

エサに反応するようなら少な目に与えてください。

気温が下がっていく夕方は消化不良の原因になりますので避けるようにしてください。

エサに興味がないようなら、それ以上エサをあげる必要はありません。

 

いかがですか?

文章で読んでいるととても大変そうに思えますが、ほんのちょっと気を付けて、観察してあげるだけなので、実際にやってみるとそんなに難しくなく、逆に室内よりも飼育は楽な場合が多いくらいです。

難しく考えないで、一度挑戦してみてください。

 - メダカ