Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

ミナミヌマエビを飼育する時に、保つべき最適な水温と冬越しについて

      2015/12/16

ミナミヌマエビの飼育・最適な水温と冬越し。

(画像:ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビは日本原産のエビで、その生息域は日本中部以南~九州までと言われています。

湖沼・河川に生息しており幅広い温度範囲で生存可能です。

その生息可能水温は5度~30度くらいと言われ、冬季は氷の張った水面下、夏季は30度以上の水温でも、水質・環境によっては生存可能です。

しかしこれはあくまでも生存可能な水温であり、ミナミヌマエビが活発に活動できる適温ではありません。

▼ミナミヌマエビのために覚えておきたい安全な水合わせ
>>ミナミヌマエビにも最適!安心な水合わせ点滴法のやり方を図解!

ミナミヌマエビ飼育時の適温

ミナミヌマエビが活発に動き回る適温は25度前後、23度~27度くらいです。

しかし冬場の低温には強いので屋外飼育でも、厳寒地以外はそのまま放置していても越冬します。

屋外飼育の場合には容器内に底床材(土や砂利)、水草や流木などを豊富に入れ、エビの隠れ家を作ってあげましょう。

ただしこれらのものは水質に影響がある場合もあるので、正しく認識して使用しなければならないことは忘れないようにしてください。

自然環境下では冬場の寒いときでも、枯葉の堆積しているところや土の中など、寒さからの逃げ場所があります。

屋外飼育で冬越しさせる場合、この自然環境に近い状態を作り上げることが大切です。

真冬に容器表面に氷が張っても生存可能ですが、浅めのビオトープなどでは水量の少なさから、ミナミヌマエビごと凍りついてしまうことがあります。

こうなっては低温に強いミナミヌマエビも生きてはいられません。

水深を常時20センチ以上程度には保つようにしましょう。

可能であれば容器ごと屋内に避難させてもよいでしょう。

(画像:無農薬アナカリス

屋外容器に入れる水草は、冬場でも枯れないアナカリスがおすすめです。

アナカリスは植える必要も無く水に浮かべておくだけでも大丈夫です。

価格も安く手に入れやすいです。

水槽飼育で冬越しをさせる場合、低温に対する心配はほとんどありません。

水温が5度以下にならないようしてあげれば、低温が原因で死んでしまうことはまずありません。

しかし水温が15度を下回るとミナミヌマエビの動きが悪くなります。

餌の食いつきもわるくなります。

そして水中の汚れを分解するバクテリアの活動も弱くなるので、餌をやりすぎると食べ残しができ水質がすぐに悪化します。冬場の餌やりは控えましょう。

とはいえ水槽飼育の醍醐味はミナミヌマエビの観賞です。

水槽内を元気に泳ぎまわったり、餌を食べる可愛らしい仕草が見られなくなってしまうのは寂しいものです。

そのような時はヒーターを利用して水温を23度~25度で保ってあげると、活発でユーモラスな動きをするミナミヌマエビを一年中観賞することができるでしょう。

水の蒸発による水位の低下にも注意

また、冬場は乾燥により水の蒸発が激しいので、水位の低下に気をつけます。

水位の低下は水質の悪化に繋がります。

屋外の容器もチェックを怠らないようにし、水位が低下していたら差し水をしましょう。

屋外飼育、水槽飼育ともに差し水をするときは激しい対流がおきないように、ゆっくりと水を投入してください。

特に冬季の屋外飼育のミナミヌマエビは水底でじっとしているので、激しい対流が起きると負担になります。

屋外飼育で無事に冬越しすれば、春には活発に動き出し繁殖をはじめます。

寒さに強いミナミヌマエビです。

適切な環境を作り上げ、無事に冬越させてあげましょう。

ミナミヌマエビなどの淡水小型エビ飼育の基本 リンク集

色彩は色々小型エビの種類と購入時の注意点
小型エビは魚が苦手?混泳させる前に調べたいポイントいろいろや相性の良い水草
小型エビの飼育はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで
水草は無農薬?小型エビの飼育で気をつけたいポイントいろいろ
小型エビを水槽で飼育する際の繁殖方法と稚エビの扱い方

 - ミナミヌマエビ