Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

金魚を金魚鉢で飼いたい!元気に育てるため飼い方まとめ

      2015/11/17

はじめに

その昔、金魚の飼育と言って思い浮かぶのは金魚鉢でした。

(画像:どのような金魚でも狭い金魚鉢で上手く飼育するのは難しい)

あのひらひらのついた、見た目にも涼しげな丸いガラスの鉢です。

最近はあまり見かけなくなった感のある金魚鉢。

本格的に金魚を飼育するには、やはり水槽が必要でしょう。

しかし、金魚鉢の風情ある存在感もまた魅力的なものですよね。

金魚鉢飼育に必要なもの

金魚鉢

金魚鉢で金魚を飼う場合は、なるべく大きな鉢で飼いましょう。

金魚鉢は見た目に反してあまり水が入りません。

魚はなるべく多い水量で飼うのが基本です。

砂利

鉢底に入れる砂利はキレイに水洗いしてから使います。

大磯砂などの黒っぽい砂利の方が、金魚も落ち着き、また色落ちもしにくいです。

ろ過装置

金魚にろ過装置はつきものですが、金魚鉢で使えるのは、投げ込み式など種類が限られます。

丸い入れ物にセットしにくい面は否めませんが、水質を安定させるのに必要な装置です。

しかしこれを使用するときは水流が強くなり過ぎないように注意をしてください。

エアリフト式のフィルターがエアレーションも兼ねられるのでベストです。

エアレーション

エアリフトの投げ込み式フィルターを用いればエアレーションは不要です。

金魚鉢は水槽に比べると容量が小さいため、あれこれ入れることができません。

水について

金魚鉢にしろ水槽にしろ、金魚飼育で一番大事なのは水です。

金魚を飼育する上で一番適している水は、水道水だと言われます。

水質的にほぼ中性の軟水で、ミネラル成分も含み、変なクセもないことがその理由です。

唯一適していない点は消毒用のカルキ(塩素)が含まれていることです。

カルキは金魚にとっては有害なので、そのまま水道水を使うことはできません。

このカルキを抜くことで、水道水は金魚の飼育に最も適した水となります。

カルキを抜く方法は、大きく分けて2つあります。

(画像:カルキ抜き

1つは市販のカルキ抜き剤を使う方法、もう一つは水道水を汲み置きする方法です。

カルキ抜き剤はペットショップやホームセンターなどで容易に手に入ります。

使い方もカンタンで、瞬時にカルキを抜くことができます。

これに対し汲み置きでは、カルキが抜けるまでに時間がかかります。

日の当たる屋外ではやくても半日以上(水量などの条件によりかわります)、室内では2~3日以上かかると言われています。

最終的にはどちらの方法でも構いません。

とにかくカルキを抜いた水を使うことが大切です。

金魚鉢飼育で注意する点

こまめな水替え

金魚鉢は水槽より水量が少ないことが多く、水質管理には注意が必要です。

水の量が少ないと、ちょっとしたことで水温や水質が大きく変化してしまいます。

このため、ろ過は入れるにしても、こまめに水替えすることが必要です。

置き場所に注意

金魚鉢は丸く、どの方向からも光が透過します。

360度どこからでも見られるため、金魚にとっては落ち着きません。

なので、置き場所としては部屋の真ん中より、隅っこに置くほうが金魚にとっては良いです。

また小型の金魚鉢だと置き場所を動かしたくなりますが、金魚にはストレスとなります。

丸いのできれいに見えにくい

金魚鉢は丸いため、中の金魚は歪んで見えてしまいます。

レンズ効果で実際の大きさより大きく見えます。

金魚からも周りが歪んで見えるので、いいことではないと指摘する声もあるようです。

開口部が狭い

金魚鉢は口が狭くなっているので、水をたくさん入れた場合に水面が狭くなります。

このため水中への酸素が取込みにくく、酸欠に対して注意が必要です。

最後に

金魚鉢は見た目にとても風情があって、見る者の目を楽しませてくれます。

その一方で、狭い丸い空間、360度見られるストレスなどの問題が多いのも事実です。

金魚鉢で飼うには、こうしたことを理解した上で飼育する必要があります。

正直、金魚の立場では、あまりいいことはないのかもしれません。

一時的な鑑賞目的であればいいでしょうが、ずっとに金魚鉢で飼うのは大変です。

長く元気に育てるためには、もっと大きな容器での飼育が望ましいところです。

 - 金魚