Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

ミナミヌマエビと混泳させると相性の良い魚たち

      2015/11/17

(画像:ミナミヌマエビ

飼育する環境が整い、いよいよミナミヌマエビをお迎えすることになったとき。

または飼育している水槽を眺め、ちょっぴり寂しさを感じたとき。

ふと思うのが、魚類との混泳です。

ミナミヌマエビと混泳させることのできる魚は意外と多いのですが、どのような魚と相性が良いのでしょうか。

魚を選ぶときのポイントは?

それともう一つ、このお話はある程度育った大人のミナミヌマエビの混泳の話です。

ミナミヌマエビの子どもはとても小さいのでどんな魚にも餌にされてしまう可能性があることを覚えておきましょう。

魚選びのポイント

ミナミヌマエビと魚の混泳を考えたときに一番大切なポイントは、小型で比較的大人しい魚を選ぶことです。

ミナミヌマエビが口に入るような、中型以上の魚は混泳には不向きです。

また気性が荒く、素早く泳ぐ魚もミナミヌマエビには脅威です。

触覚をアンテナのように、常に魚に向けて警戒するのはストレスです。

やがて水草や岩陰に隠れて、姿を現さなくなります。

混泳の王道メダカ

(画像:メダカ

ミナミヌマエビは飼育も簡単で丈夫な生体ですが、臆病な生き物です。

そんなミナミヌマエビと相性バツグンの魚といえば、なんといってもメダカです。

どこのペットショップでも、大抵取り扱っており入手しやすく安価です。

また水槽内での生活圏も、メダカは上層部~中層部、ミナミヌマエビは低層部と分け合え、接触が少ないので、お互いにストレスを感じさせない間柄といえます。

(画像:アカヒレ

メダカとともに混泳に適している魚といえば、アカヒレです。

たまに雑貨屋さんなどで、「コッピー」として売られていたりします。

アカヒレはコイ科に属する淡水魚で体長は3cm、大きくなっても4cmほどです。

とても丈夫な魚で、5度近い低水温にも、35度を超える高水温にも適応します。

病気もあまりしないので、初めての観賞魚飼育に最も適していると言えます。

メダカ同様ミナミヌマエビとの相性はとても良く、育てやすさからもオススメです。

無加温で飼育できる魚

水温管理をしていない飼育環境下ではモロコ・モツゴ(クチボソ)が一緒に飼育できると言われています。

どちらもコイ科の淡水魚で、若干地味目ではありますが、性質が温和なので混泳に向いていると言われることがあります。

しかしこちらの魚は大きくなりますので、いずれミナミヌマエビを捕食してしまうことになります。

小さめの固体のみで成立する混泳だということをおぼえておきましょう。

水槽飼育で温度管理をしている場合

またヒーターで水温管理をしていると混泳できる魚の種類も増えます。

ネオンテトラやカージナルテトラなどカラシン類テトラ系の魚は、体調も小さめのものが多く、温和な性格で混泳に向いています。

取り扱っているお店も多く手に入りやすいです。

(画像:アフリカンランプアイ

生活圏から見てオススメなのがアフリカンランプアイとグッピーです。

どちらもカダヤシ科の淡水魚で体長は3cm~4cmほどで、見た目が美しいです。

生活圏は水槽の上層部で、水面直下にいることが多く、ネオンテトラなどカラシン類とともにミナミヌマエビと混泳できます。

水面直下にグッピー、アフリカンランプアイ、中層部~上層部にネオンテトラ、下層部にミナミヌマエビとアクアリウムを華やかに演出することができます。

他にも色々混泳できる魚たち

またミナミヌマエビとともに苔を食べてくれる魚として、オトシンクルスが混泳に向いています。

ガラス面に張り付いて苔を食べてくれるので、オトシンクルスがいるだけで水槽の掃除がすごく楽になります。※オトシンクルスも熱帯魚ですので無加温飼育はできません。

(画像:オトシンクルス

もちろんそれだけで足りない場合は専用の餌を与えなければ餓死してしまいますので注意が必要です。

また水底の流木や水草の上に張り付いている姿がなんとも可愛らしく愛敬があります。

コリドラスも砂利の上の残り餌を食べてくれるお掃除要員として有名ですが(こちらも専用に餌を与えないと痩せてしまうことが多いです)ミナミヌマエビと同じ生活圏で混泳させることになります。

同じ生活圏にいることにより、ミナミヌマエビにとって邪魔な存在になることもあります。

コリドラスが餌に夢中でエビに追突したりといった事故も起こりやすく、ストレスになることもあります。

コリドラスを混泳させる場合はエビの隠れ家になる、水草シェルターなどを設置してあげると良いでしょう。

まとめ

ミナミヌマエビと混泳できる魚は意外と種類が多く、書き出すときりがありません。

しかし混泳させる魚の大切なポイント主に3つです。

・体長がミナミヌマエビと同じくらいの小魚であること
・温和な性質であること
・生活圏が重ならないこと

この3つを押さえておけば混泳は難しくありません。

適切な飼育環境の下、地味系から派手系まで好みの魚を選んで、ミナミヌマエビとの混泳を楽しみましょう。

 - ミナミヌマエビ