Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

知っておくべき!水槽を綺麗にするフィルターの種類

      2015/11/17

アクアリウムを始める時、どんなタイプのフィルターを使えばよいか悩む方は多いと思います。

水槽の水をろ過するために必要なフィルター。

今回はその中でも「フィルターの種類」という点に焦点を当てて解説していこうと思います。

※各解説に該当する製品名をいくつか掲載しておりますが、当記事は特定の製品の購入を進めているわけではありません。より詳しくそのタイプのフィルターを知るための参考資料として御覧ください。

上部式フィルター

(画像:上部式フィルター

水槽の上に置き使用するタイプです。

濾過槽も大きく、メンテナンスもしやすい事が大きな特徴といえるフィルターです。

濾過槽の状況も見やすく、直接水槽に手を入れずろ材の交換等ができます。

そういう点から水質も安定させやすく、初心者でも扱いやすいフィルターだと言えます。

ただ、このタイプは、設置に水槽の枠を利用しますので、基本的には「オールガラス水槽等」の枠のない水槽には使用できない事がほとんどです。

また、水槽上部を少なからず塞いでしまいますので、レイアウトがしづらいという面もあります。

【上部式フィルター製品】
グランデカスタム(ジェックス) スライドフィルター(ニッソー)など

外掛け式フィルター

(画像:外掛け式フィルター

水槽の枠にかけて使用するタイプです。

こちらは上部フィルターとは逆で、枠なしの水槽で使用するように設計されていることが多いです。

水槽内のスペースをあまり必要としないことから、小型水槽に利用されることが多いフィルターです。

殆どの製品がワンタッチでろ過材を交換できるようにはなっていますが、それ故に「一度にすべてのろ過材を出してしまう」ので「水を綺麗にするバクテリア」も同時にかなり減らしてしまうことになります。

場合によっては少し工夫をするといいでしょう。

外掛け式フィルター製品
プロフィットフィルター(コトブキ) オートワンタッチフィルター(テトラ)など

外部式フィルター

(画像:外部式フィルター

水槽と離れた濾過槽である本体を置き、それと水槽をつなぎ循環させるタイプのフィルターです。

容量が大きく、濾過力が高い、水槽上面が開くので、水槽内のメンテナンスやレイアウトがしやすい、音が静か等と非常に優秀なフィルターです。

ただ水槽外にそれなりなスペースを要したり、密閉された容器に中にある為、濾過槽の状態がよく見えない、メンテナンス難易度が他のフィルターに比べて高い等と、慣れるまでは扱いにくい一面もあります。

【外部式フィルター製品】
クラシックフィルター(エーハイム) エデニックシェルト(スドー)など

投げ込み式フィルター

(画像:水作エイト

濾過槽そのものを水中に入れるため作りが簡易的で扱いやすく、また安価なのもが多いフィルターです。

可動には、別売りのエアーポンプが必要です。

似た使用法のものにスポンジフィルターと呼ばれもの等もあります。

ただ、このタイプは停電などでポンプが止まった場合に、逆流により水槽の水が外に出てしまう事があります。

「逆流防止弁」を使用する等対策をしておくのをおすすめします。

【投げ込み式フィルター製品】
水作エイト(水作) スモールフィルター(パワーハウス)など
【スポンジフィルター製品】
Nanoスポンジフィルター(LSS研究所) オリジナルスポンジフィルター(懐古堂)など

内部式フィルター

(画像:スペースパワーフィット

濾過槽、水を循環させるためのポンプが一体型で、それを水中に設置するタイプのフィルターです。

投げ込み式フィルターとして紹介されている事も多いのですが、ここでは「別途でエアーポンプ等が必要ない」ものを解説します。

小型のものが多く、そのまま設置するだけで良いので水槽外に場所を取らないフィルターとして人気が高いです。

ただ、水中にモーターがあるので、水温を少し上昇させてしまうこともあります。(他のタイプのものでも水中にモーター部が浸かるものは存在します)

【内部式フィルター製品】
コーナーパワーフィルター(ジェックス) Rio+フィルターセット(カミハタ)など

底面式フィルター

(画像:底面式フィルター

水槽の底に敷く砂利や、ソイルそのものをろ過材とするタイプです。

濾過力は非常に高く値段も安いことから、コストパフォーマンスにも優れたフィルターです。

ただ、一度設置してしまうと、いざ外そうとしても、その上に敷いた砂利等を全て退けなければならず簡単にはできないので、「どういう仕組のものなのか」理解した上で使用しないといけません。

また、他のタイプのフィルターと接続して使用されたりすることも多く、少し慣れている方向けのフィルターかもしれません。

【底面式フィルター製品】
プロジェクトフィルター(アクアシステム) 水槽用底面フィルター(トット)など

この記事では、まず「どんなフィルターがあるのか」と言う事を知ってもらうため、とても簡単な紹介となってしまいましたが、参考になりましたでしょうか?

水槽におけるろ過器の効果はタイプだけでなく、使用条件やろ過材によって大きく異なります。

選択するときは、どんなフィルターがやりたいことに対し適しているのかということに加え、「これは自分にとって扱いやすいフィルターなのか?」という観点で見てみることも大切だと思います。

 - フィルター・ポンプ