Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

アカヒレの飼育はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで

      2015/09/30

今回は実際に、アカヒレを飼育するための水槽を立ち上げてから、水槽にアカヒレを導入するまでの流れをお話しましょう。

大切な水合わせのやり方も詳しく書いてありますので参考にしてください。

◆アカヒレ飼育おすすめのセット例

まずはどのような機材でアカヒレを飼育したらよいかと考えて悩んでいる方のために具体的な例を紹介します。

器具、ろ材選び、その組み合わせは本当に色々とあります。

このセット例を参考にして自分だけの飼育法を見つけてみてください。

①小型水槽で楽しもう!川底風レイアウト

【水槽】

(画像:しっかりとした作りで人気のダックスC-45

ダックス C-45(コトブキ)

【ヒーター】

なし

【底床】

田砂

【ろ過器関連】

(画像:テトラ社のオートワンタッチフィルター

オート ワンタッチフィルター AT―30(テトラ)

【その他】

水温計

照明器具

(画像:レイアウト素材としても使いやすい麦飯石

麦飯石(サイズいろいろ)

【飼育魚】

アカヒレ7匹

★セッティングのポイント

横長の小型水槽で川底のようなレイアウトを楽しもうというセッティングです。

水槽内にあまりスペースを取らない外掛け式のフィルターを選択しました。

麦飯石はいろいろなサイズが観賞魚店で販売していますので、なるべく大きさの違うものをいくつか購入してください。

それをランダムに配置することで自然な風合いを出します。

水草はスクリュー・バリスネリアを水槽の片側に寄せるように少し多めに植えて、アクセントでアナカリスを麦飯石の後ろに数本まとめて植えるとよいでしょう。

どちらも日本国内にも自生している水草ですので、ヒーターのない無加温水槽でも育成がしやすいのです。

水草については[アカヒレと同じ水槽で混泳しやすい魚と水草選びの考え方]で紹介していますので是非ご覧になってください。

②無濾過無加温で飼育に挑戦セット

【水槽】

(画像:インテリア性にもすぐれたキューブ水槽

25センチキューブ

【ヒーター】

なし

【底床】

(画像:水槽内で清涼な雰囲気をだす田砂

田砂

【ろ過器関連】

なし

【その他】

水温計

照明器具

(画像:レイアウト素材として人気の高い溶岩石

溶岩石

【飼育魚】

アカヒレ4匹

★セッティングのポイント

ろ過器もヒーターも使用せずアカヒレをかってみようというセットです。

適応力の高い温帯魚であるアカヒレならではの飼育法です。

水量が少し多めの水槽を選ぶことで温度変化を緩やかにしたり、飼育数を少なめにすることで水質の悪化をおさえていきます。

レイアウトのポイントは溶岩石。

暗めのものを選びアカヒレを映えさせます。

水草はそれに対して明るめのマツモをセレクト。

水質の浄化を助けてもらうために多めに入れておきましょう。

マツモは植える必要がないので水面に浮かべてもよいでしょう。

どちらもそう大きくない水槽での飼育ですが、環境適応力の高いアカヒレならではの飼育法を選択してみました。

それではその立ち上げ方を見ていきましょう。

◆アカヒレ水槽の立ち上げ

まずは水槽を綺麗に水洗いし、設置場所を決めましょう。

無加温飼育ではこの設置場所が決め手なのです。

アカヒレといえど、冬場に10℃を下回るような場所や、夏場に30℃を超えてしまうような場所はあまりよくありません。

また温度差の激しい場所も注意が必要です。

まずは水を入れた水槽を置き、水温を色々な時間帯で観察してみてください。

アカヒレにとって過ごしやすい水温は10℃~28℃くらいでしょう。

水温の管理は[アカヒレのエサや機材、水温管理と気を付けたい病気まとめ]を参照してください。

それでは水槽のセッティングをはじめましょう。

①砂や石をよく洗おう

砂や石はそのまま使用すると酷く水を濁らせたりしてしまう時があります。

水槽に入れる前に綺麗に水洗いしましょう。

この時に絶対に洗剤などは使用しないようにしてください。

次に水槽に砂をひき、そこへ石を配置していきます。

水槽はガラス製ですので割れないように気をつけてください。

また石はあまり不安定な状態になるように置いてはいけません。

しっかりと安定しているかを確認しましょう。

②水を優しく入れよう

トレーなどでうけながら水を優しく入れていきます。

この時に使用する水は、必ずカルキ抜きなどを使用して魚への害がない状態にしておいてください。

今回使用している田砂は細かく舞い上がりやすいので、静かに注いでいきます。

一日目はここまで、フィルターなどはまだ使用しません。

翌日になれば水中に舞っていた細かなゴミもある程度沈殿しています。

外掛けフィルターを使用するときは翌日から稼働させます。

③水草を選ぼう

水草を買いに行きましょう。

(画像:砂の環境でも育ちやすいスクリューバリスネリア

はじめて植える水草選びはきっと楽しいものです。

購入した水草を、カルキ抜きした水をいれたバケツの中でやさしく洗い水槽へと植えていきます。

初めての水草は植えるのに時間がかかってしまうかもしれないので、その間に水草が乾燥しないように気をつけてください。

植えにくければ、水槽の水を少し減らして作業するとよいでしょう。

この日から一日6~8時間ほど照明をつけて、水草の光合成を助けます。

このままろ過器を使用している方であれば一週間~二週間、使用していない水槽であれば二週間、アカヒレを入れずに管理しておきます。

◆水合わせ

それではだいぶ落ち着いてきた水槽にアカヒレをいれましょう。

(画像:ゴールデンアカヒレ)

まずは購入してくる数は少なめにしておく事がポイントです。

水槽の中にはアカヒレの排泄物などを綺麗にするバクテリアが暮らしているのですが、まだその数はそう多くありません。

ですからたくさんのアカヒレをいれてしまうと、一気に水が悪くなってしまうのです。

どちらのセット例も4~5匹ほどからはじめてみるとよいでしょう。

水合わせの手順を紹介します。

①水温を合わせよう

購入してきたままの袋を水槽へと浮かべます。

このときに溢れてしまうようであれば、バケツなどに水を避けておきましょう。

アカヒレは販売店では加温されて飼育されていることもありますので、少し長めの温度合わせをしておいたほうが良いです。

一時間ほどしたら、一度袋の中の水温を計測し、水槽の水温と差がないか確かめてみましょう。

②水質を合わせよう

温度が合えば今度は水質を揃えます。

作業は、10分毎に袋の水を少し捨て、そこに水槽の水を足すということを繰り返していくだけのシンプルなものになります。

こうやって袋の水を飼育水と徐々に入れ替えながらアカヒレをなじませていきます。

適応力の高いアカヒレでも、急激な変化には弱いのでこのようにじっくりと水合わせをしていくのです。

袋の中の水を完全に入れ替えるようなイメージでこまめに何回も行います。

水がほとんど入れ替わったら水合わせは完了です。

そっと袋の中からアカヒレだけをあみなどですくい、静かに水槽へ放してあげましょう。

◆水合わせが終わったら

水合わせを終えたらその日は照明を落としそっとしておいてあげましょう。

エサも翌日から与えるようにします。

アカヒレはすぐに飼育環境へと馴染んでくれますから、自由に泳ぐ姿をわりと早く見せてくれると思います。

素敵な飼いやすい魚アカヒレ、是非あなたの手元でその観察をしてみてください。

初心者でもわかるアカヒレ飼育

初心者でも飼育しやすいアカヒレの購入方法と選び方
アカヒレと同じ水槽で混泳しやすい魚と水草選びの考え方
アカヒレの飼育はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで
アカヒレのエサや機材、水温管理と気を付けたい病気まとめ

 - アカヒレ