Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

コリドラスと同じ水槽で混泳しやすい魚と相性の良い水草レイアウト

      2015/09/30

お掃除屋さんと言われ混泳水槽に入れられることの多いコリドラス。

実は彼らはお掃除屋さんとして飼育するだけでは、いろいろと不足していることが多いのです。

今回はそんなお話と、他の魚との相性、水草レイアウトのポイントをお話しましょう。

◆お掃除屋さんという認識

コリドラスは底のほうで暮らし、そのエリアにあるエサを好んで食べることから昔から、水槽内のお掃除屋さんとして認識されてきました。

上を泳ぐ他の混泳魚の食べ残しを食べてもらうために飼う…という考え方です。

しかしこれには大きな落とし穴があるのです。

・食べ残しだけではコリドラスには足りなく痩せさせてしまう

・コリドラスに与えようとしてエサを入れすぎて水質を悪化させてしまう

という二点は特によく考えなければなりません。

上を泳ぐ混泳魚に適した量を与えればコリドラスには足りないし、かといって底に沈むほど与えては混泳魚の肥満の原因にもなり、水質もすぐに悪くなります。

またコリドラスは痩せていることがわかりづらい魚でもあり、底の汚れに弱い魚でもあるのです。

お掃除屋さんとしての飼育、実はこれは餌の量の調整が非常に難しいのです。

混泳水槽の場合も、コリドラスをお掃除屋さんとして扱わず、基本的には底に沈む専用のエサを適量与えるようにして管理しましょう。

これは混泳においてとても需要なポイントです。

◆コリドラス同士の混泳

コリドラス同士の混泳で考えたいのは底面積ということです。

底面に依存した生活様式をとるコリドラスは数を入れ過ぎるとすぐに満員状態になってしまうのです。

一部を除く多くのコリドラスは群れることを好みますので、同種間では複数飼育すると良い結果をもたらします。

しかし、限られた空間内には限界があるので理解しておきましょう。

コリドラス同士は底面にゆとりをもって混泳させると、長期的な飼育が成功しやすいのです。

ここでもう一つ、コリドラスの中でもロングノーズ種と呼ばれるグループには、いろいろな要因から混泳に適さないものが多いです。

こちらのグループは流通量も少なく、なかなか目にする機会が少ないと思いますが、興味を持った場合はしっかりと調べてください。

(画像:コリドラス・フォーレリー

コリドラス・バルバートゥスやフォーレリーなどがこのグループに含まれます。

ロングノーズ種の見た目の特徴としては、他のコリドラスと比べ全体的にシャープで顔が長いのですぐに見分けがつくと思います。

また小型のコリドラスと大型のものを一緒に飼育するときも注意が必要です。

(画像:小型のコリドラス・ピグミー

(画像:大型のコリドラス・ロブスタス

◆コリドラス以外との混泳

ほとんどのコリドラスは非常に温和であり、他の魚へと危害を加えることはありません。

また大半が底のほうを泳ぐため泳ぐ層がぶつからず、混泳がしやすい魚でもあります。

逆にコリドラスと混泳を避けたほうが良い種類は

・コリドラスを突くような種類

・縄張り意識の強い魚

・コリドラスが口に入ってしまうような魚

などでしょう。

特にコリドラスは口にしてしまうと、その非常に硬い身体で飲み込んだ方も無事にはすみません。

それでは、オススメの混泳魚を紹介していきましょう。

①比較的大人しい小型カラシン

大人しく小型の魚が多いことから混泳魚によく選ばれます。

しかし中にはヒレをかじったりするような種類もいますので、注意してください。

ネオンテトラ

グローライトテトラ

混泳向きの小型カラシンは非常に多いので、いろいろと探してみると良いでしょう。

②上層を泳ぐカラシン、ハチェットの仲間

カラシンの中でも上層を泳ぐ特殊な形状のグループです。

遊泳層が全くかぶらないのでおすすめです。

あまり強い水流は好まないので注意してください。

また飛び出し防止の蓋は必須となります。

マーブル・ハチェット

グラス・ハチェット

その他にも色々と混泳出来る魚は多く、挙げていくときりがありません。

逆に捉えればコリドラス自体が混泳に向いている魚だといえるのかもしれません。

前途したエサの問題や、コリドラスが落ち着いて暮らせる環境を意識してその混泳を成功させてみてください。

◆水草レイアウト

コリドラスを飼育するときのレイアウトは、水草で埋め尽くしてしまうようなものではなく、砂だけのスペースをある程度用意しておいてあげると良いでしょう。

根をしっかりとはっていない草などは抜けてしまうこともしばしばあります。

彼らは物陰で休むことを好みますので、アマゾンソードなどに代表されるエキノドルスというグループの大きめの葉を持つものなどは相性が良いです。

育てやすいエキノドルスには

アマゾンソード

(画像:アマゾンソード

エキノドルス・オゼロット

(画像:エキノドルス・オゼロット

などがあります。

アマゾンソードはよく水中に適応していない水上葉の状態で売られています。

水中に馴染む前にそれらの葉が枯れていきますが、それを優しく取り除けば新しい葉を出し水中に適応していくことが多いです。

またエキノドルスの仲間は根をしっかりとはる種類ですので、植え替えが嫌いなことを覚えておきましょう。

また、植えるのではなく流木などに活着させれる種類を選択し、砂には何も植えず、底の掃除をしやすいようにしておくレイアウトなどもコリドラス飼育では人気が高いです。

流木に活着させやすい水草としては

ミクロソリウムの仲間

(画像:ミクロソリウムの仲間

アヌビアスの仲間

(画像:アヌビアスの仲間

などが代表的です。

活着させるのは不慣れですと難しく感じるかもしれませんが、コツを掴めばだんだんと出来るようになってきます。

ショップでは活着済みのものなどが販売されていますのでそちらを利用しても良いでしょう。

ピンナティフィダやブセファランドラなど活着させれる水草は実は多いので、調べてみると面白いと思います。

このようにコリドラスをひきたてるレイアウトをすることでその楽しみは増えると思います。

◆コリドラスの魅力

コリドラスは決して水槽の脇役ではありません。

独特の生態、行動、本当に見ていて飽きないファンの多い魚です。
初めて見た方は、コリドラスを派手さにかけると思うかもしれませんが、じっくり飼いこむことで、どんどんと美しさを見せてくれたりする魚でもあるのです。

彼らをお掃除係だと決めつけてしまわず、一度よく観察してみましょう。

きっと貴方もコリドラスの虜になるはずです。

初心者でもわかるコリドラス飼育 リンク集

初心者でも飼育しやすいコリドラスの種類や購入方法と選び方
コリドラスと同じ水槽で混泳しやすい魚と相性の良い水草レイアウト
コリドラスの飼育はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで
コリドラスのエサや機材、水温管理と気を付けたい病気まとめ

 - コリドラス