Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

コリドラスのエサや機材、水温管理と気を付けたい病気まとめ

      2015/09/30

今回はコリドラスを飼育していくうえで知りたいエサや水温管理、そして病気のお話です。

それに加え、コリドラスを飼育する上であると役に立つ機材について紹介もしたいと思います。

いろいろと事前に準備をしてより良い環境で、コリドラスの長期的な飼育を目指しましょう。

◆コリドラスのエサ

コリドラスは見ての通り水底で生活する魚です。

(画像:愛用者の多いひかりクレストコリドラス

 

ですから彼らには水底に沈むエサが必要となります。

人気の高い種類ですので、コリドラス用に販売されているエサはたくさんあります。

それを中心にバリエーションをつけながら与えましょう。

また彼らはその口の形状から少しエサを食べるのに時間がかかります。

ですのであげすぎないように調整するのが難しいかもしれません。

コリドラスにエサをあげるときは、ゆっくり観察しながら与えるようにするよ良いでしょう。

◆水温で気をつけたいこと

コリドラスは26℃あたりで飼育する事の多い魚です。

その水温は水中ヒーターを使用して維持します。

彼らは熱帯魚ですので水温の低下には充分な注意が必要なのです。

それだけではなく、コリドラスは温の上昇も気をつけなければなりません。

(画像:コトブキの水槽冷却用スポットファン

コリドラスは30℃以上になると調子を崩してしまうこともありますので、そのような時期は水温を下げるためのファンなどを使用して対応していきましょう。

また一日の中や、数日の間で温度差が出すぎるのもよくありません。

季節の変わり目などは充分に注意しておきましょう。

◆コリドラスの病気

コリドラスは病気にかかると治すのが難しい魚です。

普段はとても強く、なかなか調子を崩しにくいのですが、一度調子を崩してしまうと取り返しがつかない状態になっていることも多いのです。

また痩せているのがわかりにくかったりと、兆候を見分けるのが少し難しい種類でもあります。

泳ぎ方や、病気の症状の出やすい目の周囲に異常が起きていないか普段から見ておきましょう。

目が飛び出していたり、落ち窪んでいたりするのは危険な状態です。

また彼らの病気が対処しにくい理由に魚病薬に弱いというのがあります。

薬を使用する際は規定量よりだいぶ少なめにすることが推奨されるような種類ですので、事前の予防はとても大切になるのです。

よくある病気としてはエロモナス菌を原因としたものでしょう。

これ自体もよくある観賞魚の病気の中では、非常に対応が難しい病気です。

底砂に汚れを溜めないように浅めに敷いておいたり、まめにメンテナンスしておくことで病気を発生させないようにしておきましょう。

新しいコリドラスを水槽に導入するときも病気を持ち込まないか注意が必要です。

◆コリドラス飼育の機材

コリドラスの飼育であると便利な機材を紹介します。

・サブフィルター

(画像:信頼性の高いテトラツインブリラントフィルター

メインで使用しているフィルターとは別に簡易的なフィルターをもう一つ用意しておきましょう。

それをサブフィルターといいます。

水槽全体の濾過力をアップするだけでなく、二つあることによりどちらかにトラブルが起きた場合に水質への負担を減らすことが出来るのです。

エアポンプに接続して使用する、スポンジフィルターや投げ込み式であればエアレーション効果もありますのでより良いでしょう。

・サンドクリーナー

(画像:様々なサイズが発売されている水作プロホース

水換えの時の排水の力を利用して底砂の汚れをとる道具です。

プロホース(水作株式会社)が有名な製品です。

・目の細かいあみ

コリドラスはあみですくうとヒレが引っかかりやすいので目の粗いネットのものは適していません。
あみ以外では、プラケースなどを利用すると引っかかること無くすくうことができます。

・ストレーナースポンジ

水を汚しやすい魚ですので、上部フィルターや外部フィルターの吸い込み口にはストレーナースポンジをつけておき、定期的に洗うことでフィルター内への物理的な汚れの蓄積を遅らせます。

また、スポンジを二つ用意しておけば交換していくことでメンテナンスができますのでやりやすくなります。

このような道具はコリドラスの習性にあわせたものです。

使いやすい道具を見つけ、メンテナンスを効率よく的確に行いましょう。

◆コリドラスの飼育を通して

コリドラスは独特の魚ですから、少しその飼育で気をつけるポイントは変わってきます。

ですがそれこそがコリドラスの魅力で、多くのファンを持つ大きな理由でもあります。

コリドラスを飼育していくといろいろな発見があると思います。

多くの種類がいるコリドラス、その飼育はとても楽しいものですので是非彼らを中心に飼育してみてください。

初心者でもわかるコリドラス飼育 リンク集

初心者でも飼育しやすいコリドラスの種類や購入方法と選び方
コリドラスと同じ水槽で混泳しやすい魚と相性の良い水草レイアウト
コリドラスの飼育はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで
コリドラスのエサや機材、水温管理と気を付けたい病気まとめ

 - コリドラス