Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

グッピーのエサや機材、水温管理と気を付けたい病気まとめ

      2015/09/30

今回は、グッピーの飼育の前に準備したい、飼育で使用するエサに機材のお話です。

また飼育の上で気を付けたいポイントを、水温管理や病気の対策などを含めてお話したいと思います。

◆グッピーのエサ選びと注意点

グッピーの口をよく見てみてください。

彼らの口は「上向き」になっていると思いませんか?その上向きな口がエサ選びの大切なポイントになるのです。

彼らは水面付近で餌を取ることが多いのです。

(画像:与えやすい ひかりクレストグッピー

なので、グッピーのエサには浮上性のエサが適しているといえます。

上向きの口は水面に浮かぶエサを食べやすくできています。

すぐに沈んでしまうようなエサはあまりオススメできません。

そしてもう一つ、あまり大粒のものは適していません。

彼らはとても小さな口をしています。

また、繁殖が容易なため、稚魚にエサを与えなければならない場面に出会うのも、正しく飼育していればそう遠くない話です。

稚魚用のエサの種類や与え方を事前によく学んで、生まれる前から用意しておきましょう。

(画像:稚魚用に適したパウダータイプのエサ

グッピーは人工餌をはじめ、比較的なんでもよく食べるので与えすぎに注意してください。

小さな魚であればあるほど、少量をこまめに何回かに分けてあげるほうが良いのです。

すぐにエサに集まり食べきってしまう魚ですから、様子を見ながら少しずつ水面にエサを落としていくと良いかもしれません。

◆グッピーだからこそ揃えたい機材

さてここではグッピーの飼育で揃えたい機材をお話します。

グッピーの特徴に合わせた機材を持つことで飼育をより良い物へとしていきます。

この項目は[グッピーの飼育はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで]と合わせて参考にしてみてください。

産卵箱

(画像:産卵箱ベビーボックス

繁殖に使用するためのものです。

いろいろなタイプが有り、基本的にはその中にお腹に卵を持ったメスを隔離するのに使用します。

小さな子供の飼育にも便利です。

グッピーは子どもをうむ卵胎生の魚ですが、大人の魚が小さな稚魚を食べてしまうことがあるのです。

そのために産卵箱を使用し、食べられないように守るのです。

小さな水温計

(画像:小さめの水温計

産卵箱の中に取り付ける水温計です。実は水槽内と産卵箱の水温は必ず同じだとはいえないのです。

デリケートな子どもや卵を持ったメスの温度管理は気をつけたいものです。

だからこそ慣れていないうちは特に、産卵箱の中の水温もちゃんと見ておきましょう。

特に水槽の外側にケース部分がくるものは注意してください。

ストレーナースポンジ

(画像:2個入りストレーナーポンジ

フィルターの吸込口にとりつけるスポンジです。

「上部式、外部式、外掛け式」などで使用します。

これは、小さな稚魚の吸い込み防止などにやくだちます。

またそこである程度のゴミが止まるので、定期的に取り外して掃除することでフィルター本体の中に貯まる汚れを減らせます。

そう高いものではないので、二つ用意しておきそれを交換しながら使用すると楽にできます。

※ストレーナースポンジはそれぞれのフィルターの規格にあったものをご使用ください。

小さめのあみ

(画像:稚魚もすくいやすい小型ネットしなりSS

グッピーの場合、観賞魚用のあみは、小さなものを一つ余分に用意しておくと良いです。

大きさの違うものを揃えておくことで、いろいろなシチュエーションに対応するためです。

特にグッピー飼育では、小さな稚魚の扱いをしますのでサイズの大きくないあみが活躍する場面は多いのです。

水槽やろ過器以外にもこのようものを視野に入れて機材選びをしていきましょう。

◆水温管理と病気

グッピーの飼育は熱帯魚ですから「水温維持」はとても大切です。

水中ヒーターを使用し水温を正しく保ちましょう。

初心者さんはできれば温度固定式ではなく、サーモスタットで水温の調整が出来るタイプが良いと思われます。

病気の発生時に水温を上げるなどの対応ができるため、初心者の方でも治療がよりやりやすくなるからです。(病気により対応は変わります)

普段は25℃~27℃あたりを保っておくとよいでしょう。

逆に夏場などに水温が上昇しすぎるのも問題ですので気をつけてください。

(画像:暑くなる前に用意したい水槽用ファン

そういう場合は、水槽用ファンなどを使用して対策をします。

30℃をこえてくると体調を崩す個体もでてきますので注意が必要です。

この水温維持は、病気の予防にもつながります。

温度差が大きいと小型魚はすぐに白点病などの病気を出してしまうことがあるのです。

例えばグッピーで気をつけたい病期の代表的なものに、白点病、尾腐れ病とよばれる病気があります。

こういった病気は同種間で蔓延する場合もあり、早めの対処が必要です。

その原因は前途した水温変化や「繁殖のしすぎなどによる過密飼育」「水流が強すぎる」「水質の悪化」などいろいろとあります。

特にグッピーは過密になりがちですので注意が必要です。

またよくあるケースに、健康なグッピー水槽に病気の魚を持ち込み、それが原因で病気が広がるというトラブルがあります。

追加でグッピーを購入する際はよく見て気をつけて購入してください。

特に、今までと違うところから購入する時などは注意が必要です。

場合によっては別の水槽でしばらく様子を見たり、病気の予防措置をとることも必要になります。

◆気をつけたいこととは

グッピーの飼育で気をつけたいこと、それはとても小さなことばかりに思えるかもしれません。

しかし、水槽という完全に限定された空間の中ではそのちいさなことが、とてもおおきなことなのです。

やはり一番大切なのは観察です。

すぐに異常を見つけれるように、健康な状態を把握しトラブルが起きた時もできるだけすぐ原因をつきとめれるようにしましょう。

初心者でもわかるグッピー飼育 リンク集

初心者でも飼育しやすいグッピーの種類や購入方法と選び方
グッピーと同じ水槽で混泳しやすい魚と水草選びの考え方
グッピーの飼育はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで
グッピーのエサや機材、水温管理と気を付けたい病気まとめ
グッピーは産卵ではなく出産!産卵箱に入れる兆候とタイミング

 - グッピー