Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

ベタは混泳に不向き?落ち着かせるための水草紹介

      2015/09/30

混泳に不向きだと言われるベタ。実際はどのような理由で不向きだと言われているのでしょうか?

またベタの飼育で落ち着きやすい水草選びとはどのようなものでしょうか?

今回はそんなお話から、ベタという魚を詳しく知っていこうと思います。

◆混泳に不向きな理由その1「闘魚」

ベタは観賞魚ではなく「闘魚」として闘わせるために改良された歴史ももっています。

ベタのオス同士はとても激しく争い、どちらかが死ぬまで続けることも珍しくありません。

また繁殖行動のうちのほんの短い時間以外では、メスも攻撃対象となる場合も多いのです。

ベタはベタ以外の魚に興味を持たないという話しもありますが、一概には言い切れず、他の魚を追い回すこともあります。

特に、グッピーのようなヒラヒラとしたヒレを持つ魚はその闘争心を煽ってしまうことがあります。

◆混泳に不向きな理由その2「ヒレ」

プラカットなどの短いヒレをもつ種類以外では基本的に大きなヒレを持つベタ。

これが実は混泳のネックとなることがあるのです。

あの大きく揺れ動くヒレが他の魚の興味をひきつけて、かじられてしまったりするのです。

すべての魚がかじるわけではありませんが、ベタは元々動きの遅い魚ですので、簡単に狙われてしまいます。

(画像:スマトラ

ヒレをかじる傾向のあるスマトラ等は混泳させないようにしてください。

◆混泳に不向きな理由その3「水流」

ベタはもともとあまり流れのない環境に生息していた魚です。

それに加え今の改良ベタは全て人間の手元で繁殖されたものであり、ほとんど動きのない水の中で育成されたものがほとんどです。

ベタを観察していると、泳いだり止まったりと悠々と泳ぐ姿が見れると思います。

その泳ぎ方は流れの殆ど無い環境だからこそのものであり、強い流れの中では対応できず流されてしまうのです。

一般的な飼育設備で使用するフィルターの流水量でもベタには強すぎることも多く、その場合は調整が必要となります。

特に改良されたヒレの大きなものほど泳ぐのは苦手で、水流が原因で体力を消耗して体調を崩していってしまうことも少なくありません。

◆混泳に不向きな理由その4「エサ」

ベタは餌に対する反応ははやいのですが、そんなに食べる速度は早くありません。

混泳水槽で水深があったり、水流が強かったりすると、他の魚に取られてしまうこともあるでしょう。

混泳水槽では、エサに多くの魚が群がります。

その状態は、ベタの餌のとり方とはあまり相性が良くないのです。

このような理由からベタはあまり混泳をすすめられる魚ではないのです。

どうしても一緒にしたい場合は、ベタとの混泳を意識した魚選び、環境づくりが必要となります。

できるだけ互いに干渉しない魚を選択するとよいでしょう。

よく聞く混泳理由の「一匹で寂しそうだから」という理由はあまりベタには当てはまらないことを覚えておいてください。

◆落ち着かせるための水草

ベタの水槽に水草を入れる場合は、容器をはじめとする飼育状況に合わせなければなりません。

小型のケースなどで管理しており、底砂を入れていない場合も多いと思いますので、水草を植えることが難しいことも多いでしょう。

また濾過をきかせていないボトル飼育は、メンテナンスの頻度が高くなりますので、手入れのしやすい水草を入れておいたほうが扱いは楽になります。

ベタは、水草などに身体を寄せて休んだりもする魚です。

もともと物怖じしない性格で人にも慣れやすいことから、正直水草がなくとも落ち着いていることも多いのですが、水草で休む姿を観察したい飼育者さんは多いと思います。

水草レイアウト水槽以外で飼育する場合は、植えなくとも育つ強健種を選ぶと扱いが楽です。

これからそのような水草を幾つか紹介します。

またベタは浮草との相性も中々に良い魚ですので、そちらも合わせて掲載します。

アナカリス

(画像:アナカリス

マツモ

(画像:マツモ

サルビニアククラータ(浮草)

(画像:浮草サルビニアククラータ

アマゾンフロッグピット(浮草)

(画像:アマゾンフロッグピット

浮草は少し強めの光量を必要とする傾向がありますので、照明のない環境では難しいかもしれません。

またしっかりと植物に光を当てようとして、小さな容器の水温をあげすぎないように気をつけてください。

そしてもう一つ、水草を容器内に入れ過ぎないように注意してください。

あまりいれすぎてベタのヒレがひっかかり泳ぎにくいような環境はよくありません。

よくあるベタの水草の管理方法ですが、別の容器に水草をいれ明るい窓際などで育成し、その一部をベタの飼育容器に交換していくように使用していくという方法です。

それであればベタと水草を別々に管理することになりますから、比較的容易になります。

レイアウト水槽で飼育する場合は、フレアリングをした時を考え、少しゆとりのあるスペースを用意しておいてあげるとよいでしょう。

水草の間などに入る行動をよくする魚ですので、そのような水槽で飼育しているととても多彩な動きが見れて面白いと思います。

◆ベタの混泳からわかる習性

ベタは、その独特の性質から混泳に不向きな魚となります。

しかしその特徴はベタの習性を表すものであり、魅力を表しているといえるでしょう。

混泳を考える前に、表情豊かな魚であるベタを、まずは知ってみてはいかがでしょうか?
是非自分だけの一匹を見つけてください。

初心者でもわかるベタ飼育 リンク集

初心者でも飼育しやすいベタの種類や購入方法と選び方
ベタは混泳に不向き?落ち着かせるための水草紹介
ベタの飼育はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで
ベタのエサや機材、水温管理と気を付けたい病気まとめ

 - ベタ