Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

ベタの飼育はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで

      2015/09/30

今回は実際に、ベタを飼育するための水槽の立ち上げから、水合わせをして水槽にベタを導入するまでの流れをお話しましょう。

◆ベタの飼育おすすめのセット例

まずはどのようなセットでベタを飼育したらよいかと悩まれる方のための具体的な例を紹介します。

器具の組み合わせやろ材選びは本当に色々とありますが、その選択は楽しくも難しいものです。

この提案を参考に自分だけの飼育法を見つけてみてはいかかでしょうか?

①ビンでも変える?シンプルセット

【水槽】

(画像:プラケース


プラケース小 ※水量は1リットルほど

【ヒーター】

(画像:利用者の多いパネルヒーターピタリ適温

パネルヒーター ※サイズはプラケース小が二つのる程度

【底床】

なし

【ろ過器関連】

なし

【その他】

(画像:ベタの容器でも使いやすい小型水温計

小型水温計2つ

プラケース小(飼育容器と同じもの)

【飼育魚】

トラディショナルベタ1匹

★セッティングのポイント

ビンでも変える魚と言われるベタ。

実はこの飼育法は観賞魚としてはかなり特殊なのです。

それを理解せずに飼育していると、ベタが調子を崩したりしてしまう可能性があります。。

今回はそんなビンやボトルで飼育したい方のために、わかりやすい解説用としてこのセットを提案しました。

このセットでコツを掴んで、ベタのボトル飼育への知識を深めましょう。

②小さな水槽でベタを飼おう

【水槽】

(画像:オールガラス水槽アクロ25

25センチキューブ

【ヒーター】

(画像:小型水槽でも使いやすいエヴァリス オートヒーター

温度固定式オートヒーター 50ワット

【底床】

(画像:グラスサンドは角のない丸みがあるものを選ぼう)

グラスサンド

【ろ過器関連】

Nanoスポンジフィルター LS-15(LSS研究所)

エアーポンプ 水心 SSPP-7S(水作)

逆流防止弁

エアチューブ

一方コック

【その他】

水温計

照明器具

【飼育魚】

クラウンテールベタ1匹

★セッティングのポイント

ベタを小さな水槽で楽しもうというセッティングです。

ろ過は、水流が苦手なベタのために小さめのエアポンプに一方コックを取り付けて調整をしてあげましょう。

この調整はとても大切です。

ベタが水流に向かって泳いでいるから遊んでいると思っていると、だんだんとヒレが裂けてしまったりするなどの不調の原因になってしまうこともあります。

底砂はグラスサンドというガラス製の砂を使用して華やかに。

こちらは角のあるもを使用するとベタのヒレが傷ついてしまいますので、必ず丸みのある観賞魚専用のものを使用してください。

水草は育成のしやすいものを選択するとよいでしょう。

大きく違うこの二つのセット。

この飼育の幅はベタの特徴ともいえるものです。

しかしこの二つは完全に異なるものなのです。

今回のお話ではその二種の立ち上げ方を完全に分けて紹介します。

◆ベタの立ち上げ水合わせ セット例①編

まずはベタがビンで飼育できるのかということをお話するためのセットを解説していきましょう。

この飼育例は最初にお話したとおり、わかりやすくするためにかなりシンプルにしてあります。

・その1 疑問

それでは、まずは初心者さんがよく思う疑問と照らしあわせた説明をします。

Q:底床はいれないのはどうして?

A:底床とは底に入れる砂です。

今回の飼育では、容器が小さく汚れをためにくくするため、そして水換えなどのメンテナンスをしやすくするために使用しません。

Q:容器がプラケースなのはどうして?

A:こちらは四角いので、丸型に比べると大きさの割には水の量が多くなるためです。

ビンのように口が狭くないので手入れがしやすいのも特徴です。

今回の解説ではこれを使いやすいビンの代理だとして考えてみてください。

また蓋がついているのでベタの飛び出し事故を防止できます。

(画像:容量1リットルほどのベタの飼育ケース

ベタ用のケースなどもおなじ感覚で使用できるものが多いのでおすすめです。

Q:同じ容器、水温計が二つあるのはどうして?

A:片方でベタを飼育し、もう片方に水換え用の水を用意しておくためです。

Q:パネルヒーターが大きめなのはどうして?

A:水を入れたプラケースを2つ並べれれば、水温を揃えた水が用意しやすく、また後述する水合わせなどもスムーズになるためです。

・その2 立ち上げ

そもそも立ち上げとはある程度時間をかけて魚が住みやすい環境を作ることなのですが、この飼育ではそういうわけにはいきません。

水が落ち着くのよりも、水が悪くなるのがはやいからなのです。

・水が少ない

・ろ過器などで水が動いていない

この条件により、そのようなことがおきてしまいます。

それでは、立ち上げのかわりに行いたいこととは何なのでしょうか?

それは

・実際の環境を確かめる

・飼育水の作り方を覚える

ということとなります。

それではこれからそれを具体的に解説していきます。

①実際の環境を見てみよう

ベタがいない状態で水をプラケースに入れて、パネルヒーターの上に乗せてみましょう。

一時間後、二時間後、朝、夜、そして翌日と確認して、水温が一定であることを確かめましょう。

ベタの適温は25℃~28℃です、その間でできるだけ変動をしないようにセットします。

パネルヒーターの解説や水温管理に関しては[ベタのエサや機材、水温管理と気を付けたい病気まとめ]に詳しく書いてありますので参考にしてください。

②飼育水をつくろう

水温を安定させれるようにできれば、ようやくベタを迎える水作りができます。

小さな容器で飼育する場合は水換えのペースはとてもはやくなります。

初めて用意する水もそれと変わりません。

以下の様な方法で、飼育前日に水を用意しておきます。

まずカルキ抜き、それに心配な方は魚を保護する粘膜保護剤を適切な量加えて安全な水をつくります。

カルキ抜き、粘膜保護剤どちらも含まれた商品もありますので、そちらを利用してもよいでしょう。

(画像:カルキ抜き、粘膜保護剤どちらもはいっている製品

水温も大切ですのでこの時点でパネルヒーターの上に乗せておきましょう。

水合わせをスムーズにするため、プラケース二つともに水を用意しておきます。

・その3 水合わせ

では購入してきたベタの水合わせを行いましょう。

①水の温度を合わせる

袋のままベタを一時間ほど飼育水に浮かべる方法をとります。

溢れてしまう場合は容器の水を少し捨てます。

②水質を合わせる

ベタの袋をあけて中の水を減らし、その減らした量と同じくらいの飼育水を足していくことで、ゆっくりと水質を合わせます。

基本的にごく少量ずつ、10分ごとにその作業を繰り返します。

そうすることでだんだんとベタの袋の水が飼育水へと入れ替わっていきます。

できるだけゆっくり、静かに行っていきます。

水が九割以上いれかわったあたりで、そっとベタをプラケースの中に放してあげましょう。

こうしてベタの水合わせは完了です。

ですが、小さなプラケではこの方法をとっていると水がどんどんと減ってしまい、飼育をはじめるには足りなくなってしまうことがあります。

だから事前に水をプラケース2つぶん用意しておいたというわけです。

足りない水はそこで補います。

これがベタをビンで飼うための立ち上げ、水合わせの基本となります。

これをアレンジしてビン飼育を行っていけばよいのですが、無理なく管理できるようにしておきましょう。

例えば、飾りとしてグラスサンドをいれるのであれば、スポイトなどで汚れを吸い出しやすいように薄めに敷いておくなどでしょうか。

小さな容器を使用するにしても、あの大きなヒレを広げてもゆとりをもてるサイズにしてあげることが大切です。

かわいいビンの中で泳ぐベタ、どうしたら見栄えするかを考える前に、まずは上手に飼育することを優先しましょう。

◆ベタの立ち上げ水合わせ セット例②編

さて今度はベタのセット例②の解説をしましょう。
こちら水合わせは飼育例①のものを参照してもらえば問題なく行えると思います。

それでは立ち上げについて見て行きましょう。

①水槽をセットしよう

グラスサンド、水槽、スポンジフィルターを一度水洗いします。

この時に絶対に洗剤などは使用しないでください。

水槽を設置し、グラスサンドを入れ、カルキを抜いた水をいれましょう。

スポンジフィルターは中に空気が入っていると浮いてしまうため、何度か水槽の中で握り、水を浸透させてからセットしましょう。

スポンジフィルターには、間に逆流防止弁、一方コックを挟んだ状態でエアーポンプに繋ぎます。

エアーポンプは水面より高い安定した場所に設置しましょう。

順番としては

スポンジフィルター→エアーチューブ→逆流防止弁→エアーチューブ→一方コック→エアーポンプ

となります。

スポンジフィルターの出水口を一番近くの壁に向け、一方コックをしぼりながら水流を調整していきます。

あまり水面が揺れないように、できるだけ静かにしておきます。

また、ベタは水深がありすぎるのはよくありません。

25センチギリギリまでだとやや深すぎるので、実際に飼育する際は20センチほどでセッティングするとよいでしょう。

この時点では、水合わせに使用するぶんを余分に入れておいても良いです。

②水草をいれよう

水草も水流を弱めるために必要な要素です。

水草に関しては[ベタは混泳に不向き?落ち着かせるための水草紹介]に掲載していますので参考にしてください。

尖った流木などのレイアウト素材をいれると、あの大きなヒレをひっかけて傷にしてしまう可能性がありますので気をつけてください。

ここまでできたら一週間から二週間ほどたって、水が落ち着いてきたらベタを購入して水合わせを行いましょう。

③ベタの水槽作りのポイント

それでは最後にベタの水槽作りで気をつけたいポイントをまとめます。

・水流をつけるならかなり弱めに

・水深はあまり深くしないこと

・レイアウトはベタを傷つける様な素材は使用しないこと

また、水草やレイアウト素材を使用した場合も、入れ過ぎに気をつけて、ベタがヒレを広げれるスペースをあけておきましょう。

◆いろいろな飼育法

小さな容器で飼育されているベタ、ろ過器のある水槽で飼育されているベタ、そのどちらも飼育法を間違えばベタにとってはよくありません。

立ち上げをきっかけにベタという魚をよく知り、その飼い方を良い物へとつなげていってください。

◆レイアウト水槽へのステップアップ

ベタをより複雑なレイアウト水槽で飼育したい方も多いと思います。

セット例②の応用になるのですが、その場合はまずは、水草を植えていく土台になる底床から見直していくとよいでしょう。

底床には色々とあり

・ベタの好む水質へとかえてくれるもの

・多くの種類の水草の育成に効果を示すもの

などがあります。

もちろんその逆もありますので注意しなければなりません。

この話を聞いて少し難しいと感じたかもしれません。

その感覚はとても大切です。

こうやって出てくる疑問を丁寧に解決していけば、失敗を避けることへと繋がります。

またベタは無濾過の水草水槽での飼育も不可能ではありません。

縄張り意識が強いから混泳は不向きと言われるベタでも、視点を変えればその飼育法の楽しみ方は意外と多いのではないでしょうか。

是非自分だけの一匹を見つけてください。

初心者でもわかるベタ飼育 リンク集

初心者でも飼育しやすいベタの種類や購入方法と選び方
ベタは混泳に不向き?落ち着かせるための水草紹介
ベタの飼育はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで
ベタのエサや機材、水温管理と気を付けたい病気まとめ

 - ベタ