Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

初心者でも飼育しやすいプレコの種類や購入方法と選び方

      2016/11/22

独特の風貌から人気の高いナマズ、プレコ。

プレコにはどのような種類がいるのでしょうか?

また、購入方法や選び方はどうしたらよいのでしょうか?

今回は初心者さんにも飼いやすいと人気の高いブッシープレコを中心に、いろいろなプレコを紹介していきます。

◆プレコは中級者向け?

プレコは良く初心者には向かないという話を見かけることもあると思います。

その話には実はあながち間違いではなく、プレコ飼育には難しいポイントがいくつかあるのです。

例えば、何故プレコが初心者向きではないかと聞かれれば

・大型化するものが多い

・水草を食害してしまう

・縄張り意識の強いものが多い

・特殊な環境を好むものが多い

などが理由としてあげられるでしょう。

例えば大型化の話。

よくセルフィンプレコという名前のプレコが安価に販売されていることがります。

サイズ的にも5センチ以下の可愛らしい個体が主に売られており、水槽のコケ取り役として薦められることも多いです。

しかしこのセルフィンプレコ、じつはとても大きくなる魚なのです。

成長も中々に早く、30センチくらいには簡単に育ってしまうため持て余してしまう飼育者さんが多いのです。

(画像:セルフィンプレコ

セルフィンプレコは正しく飼育し、大きな水槽で飼えばその名にある、帆のような大きな背びれとなる素晴らしいプレコです。

最初から大きくなることをわかっていれば、最後まで飼育するのは無理だとわかったはずです。

もしかすると、小さな水槽で買えば大きくならないからなどと聞いて、飼いはじめた方もいるかもしれません。

しかし、それはどこまで言ってもある程度の話であり、本来なら大きくなる生物を簡単に小さいまま飼育できるわけではありません。

プレコはいろいろな種類がいて、それぞれ成長するサイズも好む環境も違います。

まずはその種を正しく知り、それから飼育できるかを検討してください。

◆ブッシープレコが人気の理由

冒頭でお話したブッシープレコ、何故彼らが初心者さんにも人気なのかのお話をします。

(画像:まだ小さなブッシープレコ

・あまり大型化しないものが多い

・丈夫で飼いやすい

・プレコの中では大人しい

・水草を食害しにくい

ということが大きな理由となっていると思われます。

いろいろなところで、混泳向きな大人しいプレコだと紹介されています。

もちろんそれは事実で、飼いやすいというのは本当です。

今回は、そんなお話をもう少し詳しく書いてみます。

①あまり大型化しないものが多い

実際に販売されているのはほとんどが5センチ未満のまだ未成熟なブッシープレコです。

彼らはだいたい15センチあたりまでは成長します。

そう大きく感じないかもしれませんが、一度定規をだして実際に15センチを見てみましょう。

それにあの横に広い身体があるのです。

成長しきると流石に小型とは言い切れない大きさなので、理解して飼育しなければなりません。

中には20センチをこえるものがいることも覚えておきましょう。

②丈夫で飼いやすい

これにはほとんどの人が同意すると思います。

環境への適応の幅も広く、病気にもかかりにくいのでとても飼育はしやすいといえます。

③プレコの中では大人しい

ブッシーにも縄張り意識はあり、多少他の魚を追うことはありますがそこまでひどくなることは少ないです。

※個体差はあります。

縄張り意識は同種間で向けられることが多いので、不安な方は混泳水槽内のプレコはブッシープレコ1匹のみにしておきましょう。

また小さなうちは縄張り意識もほとんど持たないので、成長するにつれて気が荒くなる可能性があることを覚えておきましょう。

④水草を食害しにくい

ブッシープレコは水草を食害することの多いプレコの中では被害が少ない方です。

しかしそれも確実とはいえないことを覚えておいてください。

このような点を理解していれば、ブッシープレコはとても飼いやすく、混泳もさせやすい魚だといえます。

また全体的に隠れる傾向のあるプレコですが、ブッシープレコは給餌の際に積極的に水槽の前の方に出てくることなどもあります。

また他のプレコにはない独特の風貌も好きな人にはたまらないものです。

ブッシープレコは飼いやすいだけでなく、とても魅力的なプレコなので、おすすめです。

◆購入方法と注意

ブッシープレコを購入した時はできるだけ早く持ち帰るようにしましょう。

特に販売されているのがとても小さい幼魚であることが多いので、輸送中は必要以上に暑くなったり寒くなったりしないように注意が必要です。

車の中に放置して食事をするなどは危険ですのでやめてください。

またナマズの仲間は病気の治療が難しいので、白点病の魚などがいる水槽からなどは購入するのをやめておいたほうが良いでしょう。

もう一つ購入の注意点があります。

よく観賞魚店では、ミニブッシープレコという名前で販売されているとても小さなプレコがいると思います。

こちらは大きくならないブッシープレコとして誤解されていることも多いですが、ただ幼魚なだけです。

まだ小さなブッシープレコの幼魚だから、ミニブッシープレコ。

そういう名前で流通しているのです。

◆プレコの種類

それでは最後にいろいろなプレコを紹介しましょう。

最初のほうでお話したとおり、プレコは大きさも環境もいろいろです。

全てがブッシープレコと同じ環境で飼育できると思わないようにしてください。

・アルビノブッシープレコ

(画像:ブッシープレコのアルビノ個体

ブッシープレコの色彩変異です。

同じように飼育できます。

ヒレのながいロングフィンタイプもよく流通します。

・タイガープレコ

(画像:タイガープレコ

小型で大人しいので、ブッシープレコと並び初心者にも人気の高いプレコです。

・ロイヤルプレコ

(画像:ロイヤルプレコ

古くから飼育されている独特の模様を持つ種類です。

・インペリアルゼブラプレコ

(画像:インペリアルゼブラプレコ

愛好家の多い小型の美種。

国内での繁殖例もあります。

◆プレコの魅力

今回は少し覗いただけですが、プレコの魅力伝わりましたでしょうか。

プレコはとても独特の魚なので、単種で飼育してもとても面白いと思います。

この記事では初心者さんに向けてブッシープレコをメインにお話しましたが、どのプレコも奥深い楽しみを与えてくれます。

これをきっかけに自分のお気に入りのプレコを探してみても良いかもしれませんね。

初心者でもわかるブッシープレコ飼育 リンク集

初心者でも飼育しやすいプレコの種類や購入方法と選び方
ブッシープレコの混泳や水草選びの注意点
ブッシープレコの飼育はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで
ブッシープレコのエサや機材、水温管理と気を付けたい病気まとめ

 - プレコ