Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

ブッシープレコのエサや機材、水温管理と気を付けたい病気まとめ

   

さて今回はブッシープレコの実際の飼育のお話をしていきましょう。

水温管理にエサ、それに病気や機材…気になることはたくさんあります。

この記事を参考にしながらブッシープレコの飼育をより良いものへとしていきましょう。

◆特に気をつけたい夏の高水温

ブッシープレコのお話は、まずは夏の高水温についてからはじめましょう。

彼らはプレコの中では温度耐性も強いほうですが、30℃を越えるような日が続く場合は注意が必要です。

何故なら、彼らの好む水の中に豊富に酸素が溶け込んでいる状態の天敵とも言えるのが高水温だからなのです。

気温が高いときは、熱帯魚用のファンなどを使用して水温を下げる他に、エアレーションを合わせて行うことで水槽内の酸素を減らさないようにします。

(画像:プレコのためにエアレーションセットを用意しておこう)

そうすることでプレコの夏を乗り切ります。

逆に、寒い季節は水中ヒーターで加温してあげなければなりません。

冬場だけでなく秋口などの温度差が出やすい時期も注意が必要です。

一年を通し彼らの水温は25℃~28℃あたりで安定させるようにしてください。

彼らに使用するヒーターは温度固定式ではなく、サーモスタット部分で設定温度を変更できるものを使用します。

温度一つとっても、様々なシチュエーションに対応できるようにしておいたほうが失敗は少ないのです。

◆苔取り役?プレコのエサ

プレコの口はとても不思議な形をしています。

通常の魚とは違うその口は、削りとって食べるための特徴なのです。

(画像:キョーリンのプレコ用フード

基本的にはプレコのエサとして販売されているものをブッシープレコ用に与えましょう。

水槽内の苔だけでまかなえればよいのですが、彼らは食べる量も多いためそう簡単にはいきません。

苔取り役として導入したとしても、しばらくしたらすぐに専用の餌を与えるつもりで用意しておきましょう。

彼らはよく食べ、さらにエサを丸呑みするわけでもないので水を汚してしまう一面を持っています。

掃除しやすいレイアウトを心がけ水質を維持するようにしてあげてください。

また彼らは雑食傾向もあります。

例えば、コリドラスを一緒に飼育しており、そのエサを与えた時などにも寄ってくることがあるのです。

飼育している魚のエサは、あまり何かに偏らずバランスよく与えていきたいものです。

◆ブッシープレコの病気

丈夫な彼らも病気にかからないわけではありません。

ナマズの仲間であるプレコは魚病薬に弱い面を持ちますので、病気の治療が難しい場合があります。

日頃の温度や水質管理をしっかりと行い、病気を発生させないようにしたいものです。

それでもいざというときに対応するために白点病などの一般的な病気の兆候は覚えておかなければなりません。

病気の種類によっては水温を上げて対応する時もあるので温度を変えれるタイプのヒーターを使用しておく、などの細かな気遣いも飼育設備に取り入れておくと良いでしょう。

◆ブッシープレコ飼育の機材

ブッシープレコの飼育であると便利な機材の紹介です。

これらの機材は必ず欲しいというものではありませんが、その飼育をステップアップするための参考にしてください。

・土管

(画像:プレコ用の土管

観賞魚の隠れ家に使用される土管です。
プレコ用に作られているものもあります。
プレコの身体に合わせて選びましょう。
あまり小さすぎるとプレコが出づらくなりますので気をつけてください。
また、複数匹飼育しているときは、プレコの数より多めの隠れ家を用意しておくことでプレコ同士の喧嘩を減らすことができます。
逆に隠れ家が少ないと取り合いになりますので注意してください。

・サブフィルター

(画像:エアーポンプと組み合わせ使用する水作エイト

水槽にメインの物以外に、もう一つろ過器を取り付けることで濾過力をあげるという方法です。
プレコの場合はフンの量も多いので、複数匹飼育している状況では、物理的なろ過を目的とした簡易的なものをメインフィルターとは別でいれておくとよい効果を出すことがあります。
扱いが簡単なものとして有名なものは、水作エイトなどの投げ込み式です。

・エアレーションセット

(画像:用意しておきたいエアレーションセット

水温のお話でもしたとおりプレコにはエアレーションを別途で追加してあげるよよいでしょう。

外部フィルターなどでディフューザーを使用している場合などでも、簡易的なエアレーションセットを別で持っておくことで、病気が出た際の隔離などにも役立ちますのでおすすめです。

◆ブッシープレコの世話

他の魚と違うエサの食べ方や性質、泳ぎ方などを見ているのはとても楽しいものです。

プレコという魚の魅力はブッシープレコにもたくさん詰まっています。

しっかりと飼育すれば、ブッシープレコはその不思議な姿を貴方に見せ、楽しませてくれることでしょう。

<h3>初心者でもわかるブッシープレコ飼育 リンク集</h3>
-<a href=”http://xn--t8j243v7hpifc.com/2015/10/02/post-1224/” target=”_blank”>初心者でも飼育しやすいプレコの種類や購入方法と選び方</a>
-<a href=”http://xn--t8j243v7hpifc.com/2015/10/02/post-1234/” target=”_blank”>ブッシープレコの混泳や水草選びの注意点</a>
-<a href=”http://xn--t8j243v7hpifc.com/2015/10/02/post-1247/” target=”_blank”>ブッシープレコの飼育はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで</a>
-<a href=”http://xn--t8j243v7hpifc.com/2015/10/02/post-1255/” target=”_blank”>ブッシープレコのエサや機材、水温管理と気を付けたい病気まとめ</a>

 - プレコ