Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

小型ナマズの性格は色々?混泳させる前に調べたいポイントいろいろ

      2016/05/02

小型ナマズにはいろいろな種類がいて、混泳ができたりできなかったりします。

小型ナマズの混泳を考えるときは、どのようなポイントに気をつけなければならないのでしょうか。

今回はそんなお話をしようと思います。

◆混泳向きではないと考える事

コリドラスやオトシンクルスなど混泳向きの小型のナマズは多く存在します。

それと同じように混泳に適さない小型のナマズも多いのです。

しかしあまりにも種類が多いため、ナマズと言ってもその特徴を一纏めにすることはできません。

これからお話するのは、混泳を考える前に意識したいことです。

混泳とはどんな魚とでも行えるわけではありません。

相性の良い魚同士を選択していくことは、成功へと繋がる道の一つであると思います。

①臆病な魚

バンジョーキャットなど

臆病というよりも隠れる傾向が強いと言ったほうが良いかもしれません。

しかし、身を隠すということにはそれなりな理由があるものです。

そういう魚は周囲が騒がしいと落ち着かずストレスを感じる時があります。

こういう場合は、あまり他の魚が隠れている眼の前を泳ぐような状態を作らないようにしてあげましょう。

水槽内に、隠れ家の選択肢を多くすることで解決できることが多いです。

②エサが取れない

ハラ・ジェルドニーなど

行動もそうはやくないため、他の魚にエサをとられてしまい気づかぬうちに痩せていってしまうことがあります。

かといって行き渡らせようとすると、どうしても水槽内にエサを入れすぎてしまう事になってしまうという悪循環になりかねません。

普段身を隠しているのでエサを取れているかの確認もやや難しい場合も多いでしょう。

居場所がわかれば、スポイトなどを利用し目の前にエサを落とすことなどもできますがあまり入り組んだレイアウトではそのようなこともできません。

混泳魚の数や性格などを考え、夜行性のものには消灯前にあたえるなどをし、エサを確実に食べれるようにしてあげましょう。

③小さな魚を食べてしまう

ピクタスなど

大人しいと言われていても肉食傾向がある場合は、口に入るサイズの混泳魚を食べてしまうことがあります。

また成長するに連れて気が荒くなり、小型魚を積極的に捕食するものもいます。

そのような魚とは、口にできるサイズのものを混泳させないほうが良いでしょう。

④夜行性の魚

トーキングキャットなど

夜行性のナマズは、照明を落とした後に活動している姿を確認できると思います。

そのようなナマズは昼間を中心に活動する魚にストレスになる場合があります。

⑤水草との相性

ポートホールキャットなど

低層あたりを行動し、力や体格もあるため動きまわるだけで、植えたばかりの水草が抜けてしまうことがあります。

⑥縄張り意識

プレコなど

同種間での縄張り意識などが強く喧嘩に発展することがあります。

また近い層を泳ぐ魚を追い回したりすることもあります。

◆混泳をするときの考え方

今まで解説した項目に該当する魚を一種類掲載していますが、他の魚もその特徴を持っていることがあります。

例えば④で紹介したトーキングキャットも低層を動き、体格があるので植えたばかりの水草は抜いてしまうことがあります。

トーキングキャットの場合は、土管などで昼間の隠れ家をしっかりと用意し口に入らないサイズの大人しい低層以外を泳ぐ魚を混泳魚に選ぶとよいでしょう。

水草なども、エキノドルスのような根をしっかりとはるものであればそうそう抜けることはありません。

ポートホールキャットなどはあまり小さなものでなければコリドラスとの混泳も可能ですし、小型カラシンなどともうまく飼えるでしょう。

バンジョーキャットは細かめの砂に潜ることも多いので、そのような環境を用意してあげることで混泳水槽でも落ち着けるようにしてあげます。

このようにそれぞれに飼育者があわせることで混泳の成功率は高まります。

また彼らの特徴を意識することで、その独特の生活様式を観察できるのでそういう意味でもおすすめです。

クセのあるものも多い混泳ナマズの混泳、それを成功させるためにはまずはその種への理解が必要なのです。

初心者が知りたい小型ナマズの種類や飼い方 リンク集

初心者でも飼育しやすい小型ナマズの種類の紹介
小型ナマズの性格は色々?混泳させる前に調べたいポイントいろいろ
小型ナマズの飼育はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで
ナマズは薬に弱い?病気等、飼育で気をつけたいポイントいろいろ

 - 小型ナマズ