Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

たくさんありすぎ!ネット上の熱帯魚飼育情報の見方や通販のコツ

   

みなさんはインターネット上の熱帯魚情報や通販を見ていて、情報が多すぎて逆に混乱してしまったことはありませんか?

今回はそんなインターネット上にある飼育情報や通販の際のコツのお話をします。

◆一つの情報としてみてみよう

熱帯魚の飼育には絶対はない。

これは飼育者さんの中で多く言われていることです。

インターネット上の飼い方や病気の治療法などもあくまで一例として見てみると良いでしょう。

そういう視点で見ることにより、一つの情報に振り回されずに見ていくことができるのです。

どんな情報の中にもうまく飼育するヒントが隠れています。

まずは鵜呑みにせず、その情報を例として捉えるようにしましょう。

◆基本を学んでおこう

インターネット上には様々な情報が飛び交います。

初心者さんに向けた講座や、特定の魚やシュリンプの飼育法、また専門的なマニアなお話…

その区別がつけれないとネット上の情報は見ていくのが難しいかもしれません。

そんな時は、まずは基本的な飼育方法の紹介などで基礎から学んでみてはどうでしょうか?

本などを購入し合わせて利用することも良いでしょう。

(画像:飼育書の例 レッドビーシュリンプ

ある程度の基礎知識があることにより、情報の質を見分けていくこともとても大切なのです。

◆事前に頭に入れたい知識を探そう

事前。

これは観賞魚の飼育ではとても大切なことです。

例えば、病気の治療法。

観賞魚の病気には白点病や尾腐れ病などの有名なものから、グッピーエイズやネオン病とよばれる特殊なものまでいろいろと存在します。

そういった病気のことを事前に知っておくことで、飼育魚の病気が出た時の早期発見へとつなげるのです。

逆に病気になってから調べていては遅くなってしまうこともあるでしょう。

このような事前知識が飼育そのものを守ることへとつながることもあるのです。

◆通販は情報源

現在ではネット通販が普及し、熱帯魚用品も簡単に購入できるようになりました。

しかし、手元で商品を見れるわけでもないし、詳しい店員さんが近くにいてくれるわけでもありませんので、そのハードルは少し初心者さんには高いかもしれません。

今回は視点を変えてまず初心者さんには通信販売を情報源としてみることをおすすめします。

通信販売のお店では、その商品を紹介するページで詳しい解説を載せています。

それを情報として見て、どんな製品か学ぶということです。

その中でわからないことがあれば調べてみたり、通販先へと問い合わせてみたりするとよりよいでしょう。

どのような商品か理解する。

この事に集中することで、知識を増やすことが出来るのです。

また生体についても詳しい情報を載せているサイトもあります。

 

スーパービコロール

出典
http://www.shopping-charm.jp/

(画像:珍しいコリドラスなども紹介されている)

そのようなサイトを図鑑のように見ていくのもまた勉強になります。

◆製品レビューは取扱説明書と照らしあわせて

熱帯魚用品の通信販売店ではレビューを見ることが多いと思います。

そんな時に見たいのが取扱説明書なのです。

全ての商品が公開されているわけではありませんが、多くの商品が製造されているメーカーさんのホームページなどで解説されています。

(画像:エーハイム2213はメーカーサイトで詳しく解説されている)

取扱説明書自体をダウンロードできるようにしているところもあります。

そのようなものに目を通すことでレビューをしっかりと見れるようになるのです。

◆自分の飼育スタイルを大切に

自分の飼育しているスタイルというものを大切にすることは、新し情報へ飛びつくことでも、新しい情報を一切とりいれないことでもありません。

一番大切なのは今手元で飼育している魚の状態を良くしていくということです。

いろいろな情報を正しく見ていくことで、飼育のステップアップへとつなげていくのは簡単なことではありません。

しかし、そんな努力一つ一つが、よりよい熱帯魚の飼育へとつながっていくことでしょう。

 - 魚飼育の知識