Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

エサが原因で死ぬ?小型の淡水シュリンプへのエサの与え方のコツ+α

      2015/11/13

ヤマトヌマエビにミナミヌマエビ、チェリーシュリンプそしてルリーシュリンプ…

いまや小型のシュリンプはアクアリウム界の人気者。

みなさんはそんなシュリンプたちを、エサの与え方を間違うと殺してしまうこともある事をご存知ですか?

今回の記事ではエサを原因で死なせないために覚えたい、与え方のコツをお話します。

そして今回はもう一つ。

シュリンプのエサにバリエーションを持たせるために、シュリンプ飼育で使える熱帯魚用のエサを紹介します。

◆シュリンプたちへのエサの与え方のコツ

(画像:深い青の美しい小型のシュリンプ

何種類もいるエビの中でも、ヤマトヌマエビやミナミヌマエビの大きな個体などはエサをとるのもうまいほうだとはいえます。

しかしそんな彼らでも抱卵個体などは行動が鈍いので、気の荒い魚などが同居している場合隠れてしまっていることもあるでしょう。

シュリンプだけで飼育している場合でも、全てのシュリンプが水槽内に入れたエサに集まるわけではありません。

そんな彼らに行き届くように与えようと水槽内にエサを入れ過ぎると、一気に水質を悪くしてしまいます。

それが招く最悪の結果の一つが、大量死です。

特に水の悪くなりやすい夏場などは、与える量、回数などに充分な注意が必要なのです。

そんな彼らに上手に給餌する方法にはいろいろと理解しなければならないことがあります。

それを知ったうえで様子を見ながら与えること、それが何よりのコツだといえます。

それではその注意点という名のコツを見ていきましょう。

①与えるエサ以外も食べることを知ろう

シュリンプを観察していると、砂やソイルの表面、フィルターのスポンジ部分などでせかせかと手を動かし、口へ何かを運んでいる姿が確認できると思います。

彼らは人間の目視できないものをそこで食べているのです。

じっと見ていると、ある程度の時間エサを与えていなくても糞をぶら下げている個体がいると思います。

シュリンプは消化が早い生物ですから、そのシュリンプが糞を下げているということは水槽内に何かしら彼らの餌となるものがあるとう証明になるのです。

もちろんその状態だからといって絶対エサを与えてはいけないと言う事ではありません。

しかし、その人には見えない何かを食べていることを知っているか知っていないかでは、エサについての考え方が大きく違ってくるはずなのです。

②集まり方をしっかり観察しよう

シュリンプはエサへの集まり方が状況により変わる生き物です。

あまり集まらず、餌の食べ残しが出た時などは水質を悪化させてしまいますので一日以上あけてみましょう。

それなりな飼育環境であれば数日エサを抜いても死ぬことはありません。

シュリンプの仲間は水が悪くなるダメージのほうが大きいことが多いので、そういう調整をすることもあるのだということを覚えておいてください。

◆比較的安価な熱帯魚用のエサ

今回紹介するエサはユーザーも多く、価格も安いキョーリン製のエサの中から選択しています。

このような人工餌であれば保存が効ききますので、シュリンプ達のエサのバリエーションを簡単に増やしてあげられるのです。

多くの飼育者さんはシュリンプ用やザリガニ用のエサを中心に与えていると思います。

そんな中に一つ、新しいエサを加えてみてはどうでしょうか?

いろいろ与えることでシュリンプの反応を見る、それも彼らをよく知るための方法です。

ここからの紹介を読む前に一つ覚えておいてほしいことがあります。

必ずしもこのエサが良い、与えるべきだというわけではないということです。

自分のシュリンプたちにとって良いエサ探し…そのきっかけとして御覧ください。

①キョーリン ひかりクレスト コリドラス

(画像:ひかりクレストコリドラス

コリドラス用のエサはしっかりと沈み誘引性も強くシュリンプがよく集まります。

少ない量を与えたいときはタブレットを割ると良いでしょう。

②キョーリン ひかりクレスト プレコ

(画像:ひかりクレストプレコ

植物質の強いエサです。

コリドラス用に比べ集まりはいまいちですがエサのバリエーションとして与えたいものです。

④キョーリン ひかりクレスト ディスカス

(画像:ひかりクレストディスカス

動物質のエサです。

ここまで紹介したタブレット状のエサと違い、小さな粒なので違った与え方が出来るでしょう。

与え過ぎないよう、おやつ感覚で与えると良いかもしれません。

◆シュリンプとエサ

シュリンプは毎日エサをあげなくとも、環境によっては一切あげなくとも飼育できることがあります。

逆にエサが不足していることが原因で稚エビが育たなかったりする事もあります。

シュリンプへのエサやりは、シュリンプの様子をしっかりと見ることが大切なのです。

彼らは少し見た目で不調がわかりにくい部分もあり、ある日コロっと死んでしまうことがあります。

そのほとんどが環境によるものですが、エサもその中の一つだといえるのです。

自然発生するエサと違い、その都度外部から投入されるエサは飼育者に全てがかかっています。

正しく与えれば生育を助け、与えすぎれば水を悪くしシュリンプが死ぬこともある。

これをちゃんと考えて与えていくことが、シュリンプ飼育の大切なポイントなのです。

 - ミナミヌマエビ, 淡水小型エビ