Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

掃除も管理もしやすい!初心者の方が覚えたい上部フィルターの使い方

   

上部式フィルター。

その名の通り水槽の上に載せて使うフィルターです。

製品も様々でコトブキ、GEX、レイシー、ニッソーなど色々なメーカーから発売しています。

(画像:上部フィルター

この上部式フィルターは実はとても優れたろ過器なのです。

特に、魚を主として飼育される方には多くの利点が存在します。

今回はそんな上部式フィルターを、初心者の方にわかりやすくおすすめしていくお話です。

◆ろ材容量が多い

水槽の上にのせる箱のような形の上部式フィルターは、ろ材を多く収納できるのです。

組み合わせにもよりますが、基本的にはろ材が多く収納できるのでろ過力が高いと考えても良いでしょう。

また箱型のろ材容器は自由度が高く、自分の好みでろ過材をいれられるので、発展性も高いのです。

◆仕組みがわかりやすい

水が流れる様子を、上部式ろ過の蓋をあけることで簡単に見ることができます。

どのようにろ過器の中に水が流れ、水槽に戻るのか。

これがはっきりと見えるので、初心者の方でも理解がしやすいのです。

また簡単に見れるということは、ろ過材の汚れも確認しやすいということです。

(画像:ウールマット

上部式ろ過では一番上にゴミを受け止めるウールマットというものを置くことが多いのですが、蓋を開ければそれがすぐに見えるのです。

もちろん、交換も楽にできます。

このようなメンテナンス性の高さは初心者のかたにはとてもありがたいものだと思います。

上部式フィルターなら、活性炭などの使用期限の短い濾過材を水槽内を触ること無く簡単に新しい物へと入れ替える事も可能です。

◆空気に触れる面積が多い

水中の酸素は、魚やエビの呼吸に欠かせないものです。

魚の飼育をするためには、この酸素はどこから来るかということを考える必要があります。

実はこの酸素の多くは、空気中から溶け込んでいるのです。

上部フィルターの中では水が空気と触れ合いながら流れていますので、効率よく水中へと酸素が溶けていきます。

水中へ溶けた酸素のことを溶存酸素といいますが、上部フィルターはその溶存酸素量を増やすことに関してとても優れたフィルターなのです。

そのような理由などから上部式フィルターは魚をメインとした飼育水槽にはとても適していると言われているのです。

この溶存酸素は魚だけに必要なわけではありません。

水の中にいる、いろいろなものを分解して浄化してくれるバクテリアにとっても有益に働くことが多いのです。

この話は難しいかもしれませんが、ろ過器内で酸素が溶け込む、そのろ過器内のろ材にはバクテリア達が住んでいる…と想像してみると少しわかりやすいかもしれません。

◆フィルターで学ぶこと

ろ過器の手入れの基本は簡単に身につくものではありません。

目に見える汚れだけが水槽内の汚れではないからです。

それとは逆に、ろ過器内を洗いすぎても良くないという事実もあります。

これは知識をつけることだけなく経験で身に着けていくしか無いものです。

上部式、外部式、スポンジ、投げ込み式…ろ過器には色々なものが存在しますがそれぞれに利点があります。

もちろんその利点もちゃんと理解していかなければ、マイナスへと変わってしまうこともあります。

そんな難しいろ過器選び。

初心者の方が、ろ過器を扱いやすさで選択していくことは一つの方法です。

難しいことに挑戦することが悪いことだと言うつもりはありませんが、自分のレベルで手におえるものをしっかりと使い込むということはとても大切なことであることを覚えておいてください。

そうやって真剣にろ過器と向き合うことで見えてくることも多いのです。

上部式フィルターが初心者の方に薦められる理由の多くは、扱いやすいからというのは間違いありません。

そこからステップアップするためには、上部式フィルターを愛用しているのはベテラン飼育者さんにも多いと言う事を一度考えてみると良いかもしれません。

 - フィルター・ポンプ