Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

ボトルアクアリウムの掃除水換え!小さな容器でも活躍する便利な道具

   

ボトルアクアリウム。

それはとても小さな容器のアクアリウムです。

そんな小ささの弱点…それは掃除や水換えなどの手入れがやりにくいこと!

今回はそんなボトルアクアリウムのメンテナンスを楽にするための道具を紹介します。

◆小さいからこそ

小さな容器は大きな水槽に比べて価格は安いと思います。

それと同様に、小さな容器の手入れを楽にするための道具もわりと安価に揃うのです。

しかし、その器具があるかないかでは利便性に大きな差がでます。

メンテナンスがしやすいということは、長期的な維持にもつながります。

長く楽しみたいボトルアクアリウム、そのためにも今回紹介する道具を参考にして、自分のメンテナンスのスタイルを作っていってはどうでしょうか?

◆水換えにスポイト2本!

ボトルアクアリウムの水換えは、あまり容器を傾けずに行いたいものです。

水を捨てるために容器を傾けてしまうと、底にひいた砂等が斜めになったりしてしまうのです。

それだけでなく、間違って飼育している生き物を落としてしまう危険にも繋がります。

そんなボトルを置いたまま中の水を出し、新しい水を足すには、スポイトが便利です。

(画像:長めのスポイト

スポイトと言っても短いものではなく、ある程度の長さのあるものが良いでしょう。

長さが有れば底の方の汚れも吸い出しやすく、掃除にも繋がります。

それでは、タイトルにあるスポイト2本のお話をしましょう。

(画像:大きめのスポイト

まず、水換えには水や汚れを多く吸える大きめのスポイトを用意します。

しかしこのスポイト、大きいので細かな隙間の掃除がしにくいという弱点があります。

底の方の手入れに使うには上手くやらないと砂などを吸い込んでしまうこともあるのです。

そんな時用に細めのスポイトをもう一つもっておくと便利…そんな単純なお話です。

逆に小さなスポイトには、水を吸い出すペースが遅く、ちいさな汚れしか吸えない…という弱点があります。

この二つを上手く組み合わせることで掃除と水換えの効率と精度をあげれるのです。

◆長いピンセット

長いピンセット、これは水草を植えたりするために使うものがいろいろなメーカーより販売しています。

こちらはあまり安い商品ではないのですが、最近では通販などで数百円で購入できることもあるのです。

(画像:水草用ピンセットの通販)

元々の用途通り、水草を植えるだけでなく、底に落ちたゴミなどをつまむのにもとても便利です。

小さく切ったウールマット(観賞魚用のろ過マット)やキッチンペーパーをつまめば、狭い曲面であるボトル内部についた苔をとることもできます。

手の入らない容器だからこそ、手を届かせたい。

そんな用途に役立つのです。

これがあれば綺麗に水草も植えれますので、より良いボトルアクアリウムづくりにも繋がると思います。

◆ステンレスのマドラースプーン

100円均一などにあるステンレス製のマドラースプーン。

ボトルアクアリウム手入れこれが底に砂の入ったボトルアクアリウムを触るのにはとても便利なのです。

これを上手く使えば、水換えの時にでこぼこになってしまった砂をうまく均したりが可能です。

小さなことかもしれませんが、底砂が綺麗に整えられると見た目がぐっと変わってくるものです。

またピンセットと組み合わせれば、小さな石や流木をレイアウトしていくのに役立つのも良いポイントです。

このように、料理、キッチン用品には意外と役立つものが多いので、一度見に行ってみてはどうでしょうか?

◆ボトルアクアリウムをより楽しむ道具

ボトルアクアリウムにはいろいろな楽しみが詰まっています。

小さな世界をどこまで作り込めるか、どこまで維持ができるか。

そんな、試行錯誤の塊とも言える趣味、ボトルアクアリウム。

ちょっと新しいメンテナンス道具を使い、その幅を広げてみませんか?

 - ボトルアクアリウム