Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

混泳?繁殖!?ドワーフシクリッド、ラミレジィの飼育、魅力、選び方

   

ドイツラム、オランダラム、コバルトブルーラム…

いろいろなカラーバリエーションが生み出されている、美しい小型のシクリッド、ラミレジィ。

今回はそんなラミレジィのお話です。

◆ラミレジィ

(画像:ジャーマン・ラミレジィ ドイツラムと呼ばれるタイプ)
学名:Mikrogeophagus ramirezi

ミクロゲオファーガス・ラミレジィというこの魚の飼育の歴史はとても長いものです。

古くから繁殖、美しい色彩の改良が行われているため、繁殖個体の購入もしやすく、飼育もしやすい魚です。

大きさも5センチをこすかこさないかくらいの小型であるため、小さな水槽でも楽しめます。

ラミレジィを45センチ水槽や30キューブ水槽で飼われている方も多いのではないでしょうか。

◆ラミレジィの性格から考える混泳

ラミレジィは縄張り意識を持つシクリッドの仲間ですので、やや気の荒い一面を持ちます。

特に同種間のオス同士はよく争いますので注意が必要です。

他の魚に対しても攻撃する面も見られますが、極端に小さすぎないカラシン等の混泳は成功する確率が高いようです。

また、彼らはオスメスでペアを形成し卵や稚魚を守る魚です。

(画像:ブルーに発色するタイプのラミレジィ

その時期は特に縄張り意識が強くなりますので覚えておきましょう。

ただ混泳水槽で鑑賞目的で飼育するだけならば、ラミレジィは一匹のみにしておくというのも一つの方法です。

混泳で気をつけたいのはコリドラス、ラミレジィは低層付近を好んで泳ぎますので、コリドラスと生活圏がぶつかってしまうのです。

コリドラスも物怖じしない性格なので、繁殖を狙うラミレジィとは特に相性が悪いといえます。

◆ラミレジィの美しさから見る飼育法

ラミレジィに限らず、シクリッドの仲間はまるで感情を見せるような泳ぎをする魚です。

見ていて飽きない行動、多くの飼育者さんがシクリッドにはまっていく理由の一つです。

また彼らはしっかりと落ち着いた水槽で飼いこむことによりどんどん発色がよくなります。

ラミレジィという魚は実に飼育者を楽しませてくれる魚なのです。

オスのほうがやや身体が大きく、背びれが伸び派手な見た目をしています。

しかしメスも負けじと派手、そして婚姻色と呼ばれる色彩を見せた時にはお腹がピンク色に染まりオスにはない美しさを見せてくれます。

ラミレジィを美しく保つためには、落ち着いた環境を用意したいものです。

水質は弱酸性あたりでキープしておくと良くなる場合が多いです。

その逆で、アルカリ性に水質を傾けてしまうサンゴ砂などは使用しないようにしてください。

餌は一度にたくさんあげるのではなく、少なめを回数を分けて与えるのを基本とします。

わりとなんでもよく食べる魚ですが、ネオンテトラ等に比べると、やや餌の選り好みがあります。

人工飼料だけでなく、冷凍アカムシなどを用意していろいろと与えていくのが良いでしょう。

(画像:ひかりクレストディスカス

人工飼料は、沈下性のシクリッド向けの餌である、ひかりクレストディスカスなどが使いやすいかもしれません。

また自分で卵から孵す必要がありますが、ブラインシュリンプという生き餌を使用するのも良いでしょう。

ブラインシュリンプは観賞魚店などで乾燥卵と呼ばれる、保存の効く状態のものが販売されています。

◆ラミレジィの繁殖への挑戦

ラミレジィは昔から繁殖を楽しむ飼育者さんの多い魚です。

仲の良いペアができれば、産卵させるまでもっていくこともわりと可能なのです。

オープンスポウナーと呼ばれる繁殖形態を取る彼らは、流木や石を基質としてその上に卵を産み付けます。

そこをオス、メスが守り稚魚が孵化、その稚魚も親が守るという微笑ましいものです。

しかし産卵させて稚魚から育てていくには飼育者さんも幾つか知識が必要です。

生ませる環境づくりや稚魚の餌、その後の管理など、事前に知っておかなければならない事も多いです。

(画像:バルーンタイプのラミレジィ

ラミレジィがどのような魚なのかしっかりと知る、その先に繁殖の成功はあるといっても過言ではありません。

飼育法が人それぞれなように、繁殖をさせる方法も様々です。

飼育よりも情報収集の難易度も上がります。

繁殖を狙いたい方はまずはラミレジィをしっかりと飼う…単純に聞こえますが、それを大切にしてみてください。

その中に繁殖へのヒントが有るはずです。

◆ラミレジィの購入

ラミレジィは他のドワーフシクリッドと呼ばれる魚と比べ、一匹で購入しやすい魚です。

ドワーフシクリッドと言われている魚のほとんどが、ペアで販売されることが多いのです。

アピストグラマなどは、中々一匹で売られているのを見かけることもできないでしょう。

しかし、ラミレジィは東南アジアなどでも繁殖が盛んなため、ペア販売ではなく一匹売りもよく見かけます。

だからこそ一匹購入がしやすい、そういうわけなのです。

通常ラミレジィの販売水槽には何匹か一緒に入れられています。

その中にいるラミレジィには優劣がありそれにより発色の差などが出ていることが良くあります。

通常は家に連れ帰れば、ランキングが下の方のラミレジィでもだんだん綺麗になりますが、あまりにも発色の悪い個体よりかはある程度威張っているもののほうが最初から元気がよいので飼育しやすいかもしれません。

そんな中、極端に色の悪いもの、痩せすぎているものなどは回復が難しいので手を出さないほうが良いでしょう。

ただ体格のある個体はパワーも有りますので、周囲の魚を攻撃した時の威力も強くなります。

どの程度きつい性格をしているかは自宅の水槽内に入れてみなければわからない、それがシクリッドなので覚えておきましょう。

ラミレジィは、最初にお話したとおりいろいろなバリエーションがありますが、同じタイプでも色彩に差があります。

血統によるもの、育て方によるもの、環境によるものなどと理由は様々ですが、ドイツラムであれば全部同じ…というふうには考えないようにしましょう。

もう一つ覚えておきたいのはオスメスの違いです。

しっかり成長して婚姻色が出れば見分けやすいのですが、よく販売されている小さめの時はオスもメスも同じような見た目に見えてしまうのです。

この段階で見分けるにはある程度なれが必要ですから、素直の販売店の方に訪ねてみると良いかもしれません。

オスであれば、メスであれば…というそれぞれの特徴もありますが、そこはせっかくなので好みで選びたいところです。

ある程度育ったオスメスの画像などを検索し、頭にイメージをいれておくと良いかもしれません。

◆ラミレジィの名前

最後にラミレジィの少し面白いお話をします。

ラミレジィは正式な名称を言うとミクロゲオファーガス・ラミレジィというのですが、実は過去には違う名前でした。

最初はアピストグラマ・ラミレジィ(Apistogramma ramirezi)、その次がパピリオクロミス・ラミレジィ(Papiliochromis ramirezi)。

そして今のミクロゲオファーガス・ラミレジィ。

難しい話になりますが、この変化を追うとこの魚の過去の歴史を、少しだけ紐解いていくことができます。

古くから飼育されていたラミレジィ。

貴方がラミレジィに出会った時の名前はなんでしたか?

ラミレジィとは…

ミクロゲオファーガス・ラミレジィ
学名:Mikrogeophagus ramirezi
全長:5センチほど
水質:弱酸性~中性(ワイルド個体は弱酸性の方が良い場合が多い)
水温:26℃前後
水槽:単独、ペア飼育であれば30キューブ45センチ規格水槽から飼育可能
餌 :人工飼料や生き餌、冷凍アカムシなど
混泳:縄張り意識を持つので注意が必要 特に同種間では争うことがある

>>今回紹介したラミレジィに近い仲間であるアルティスピノーサについての記事はコチラから

 - 一種図鑑・魅力図鑑