Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

弱い?死ぬ?白メダカ(シロメダカ)の飼育繁殖で気をつけたいこと

      2016/04/28

白メダカ、青メダカ、黒メダカ…最近ではいろいろな色のメダカが手に入りやすくなりました。

そんな中でも弱いと言われている白メダカ、それは何故なのでしょうか?

弱いと言われる理由に迫り、その飼育方法のヒントを探していく…今回はそんなお話です。

◆白メダカ(シロメダカ)の死

白メダカといわれるのはその名の通り白いメダカです。

野生のメダカのような黒い色素胞をもたず、ヒメダカのような黄色の色素胞の発達がほとんどない…難しく言うとそういうことになります。

(画像:白メダカ

簡単に言うならば、普通のメダカのカラーバリエーションの一つです。

そんな白メダカ、何故か他のメダカに比べて、すぐ死んでしまうという結果になってしまう飼育者さんが多いようです。

白メダカにかぎらず他のメダカも死んでいく…そんな時は病気なども疑いたいものですが、同じ環境下で他のメダカは上手く飼育できている…そんな場合では死因を考えるのが難しくなります。

それではその死因をいくつか考えていきましょう。

①黒い色素がない

これは改良品種である彼らの特徴でもあることです。

しかしこれが弱い原因となる場合があります。

黒い色素、これは野生のメダカが元々持つものです。

これが無いということは、何かしらの色素を理由とした弱点がうまれてしまうという可能性にも繋がるのです。

特に白だけでなく他の色素もしっかりともっていない彼らは、日光に弱いという話があります。

白メダカの屋外飼育では簾や浮草などでしっかりと日除けをしてあげると良いかもしれません。

②メジャーな品種だからこそ

数あるメダカの中でもメジャーな品種である白メダカ、それ故の弱点があります。

これはヒメダカなどにも言えることなのですが、メジャーな品種は一度に大量に入荷され販売容器の中の数も相当なものとなることが多いです。

飼育容器に対しての数が多すぎると水質の悪化がはやくなりそれが原因で体調を崩してしまうことは珍しいことではないのです。

特に夏休みシーズンなどは購入者も多いので、入荷して即販売されていることも多くメダカ自体が輸送のストレスでかなり弱っていることもあるのです。

購入後しばらくして死んでしまう…それは度重なる環境変化のせいかもしないのです。

もちろん、多めの数を容器に収容しながらもちゃんと管理されているお店はたくさんあります。

それに、購入元が原因ではなく、自分の飼育環境が悪い場合があります。

しかし、自宅の環境だけに死因を探していても解決しないこともある…そう覚えておきましょう。

最近はブームとも言えるメダカ人気…だからこそ信頼できるお店を探したいものです。

◆繁殖で気をつけたいこと

繁殖、白メダカも基本的には他のメダカと同様で構いません。

しかしここで注意したいことがあります。

白メダカの子どもが欲しければ、白メダカだけで飼育しておくということです。

白メダカも黒メダカもヒメダカも、色が違うだけで同じメダカですからそれぞれの間で子どもを作ってしまいます。

そうすることにより、子どもに白メダカが生まれないということがあるのです。

メダカは繁殖力の旺盛な魚ですから、白メダカの子どもを狙いたいときは最初から白メダカだけで飼育しておかなければならないのです。

◆改良品種の強い弱い

メダカだけに限らず、観賞魚の改良品種には◯◯は強い、◯◯は弱いという話はつきものです。

(画像:体型の違うメダカもいる)

ダルマメダカと呼ばれる品種はその体型から泳ぐのが下手なので弱い…そういうわかりやすいものから遺伝的な目には見えにくいものまで色々です。

同じ魚だから同じ感覚で…これはある意味間違いはないのですが、正解でもないのです。

白メダカが弱い…これは改良品種だからこそ出てきた話です。

鑑賞のために作られた色彩、だからこそ私達人間がしっかりと観察して理解してあげたいものです。

 - メダカ