Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

参考はミナミヌマエビ?レッドチェリーシュリンプの飼い方を調べよう

      2016/04/28

レッドチェリーシュリンプ、ファイヤーシュリンプ…赤色の淡水で飼育できる小型のエビ。

水槽内でも繁殖できる彼らは、いまやアクアリウム界の人気者です。

そんな彼らの飼育法は調べてみると中々これといった情報が出てきません。

そんな彼らの飼い方をミナミヌマエビに学ぶ方も多いと思います。

今回はそんなお話です。

本記事の後半では、レッドチェリーシュリンプの飼育に役立つリンク集も紹介します。

◆何故ミナミヌマエビなのか

ミナミヌマエビとレッドチェリーシュリンプ。

実はこの二種類はとても似たような性質を持つエビなのです。

(画像:レッドチェリーシュリンプ

レッドチェリーシュリンプは観賞用に改良されたものですが、とてもミナミヌマエビに近い種類なのです。

実際にミナミヌマエビの情報をもとにレッドチェリーシュリンプを飼育している方も多いのにはそういう理由があったのです。

レッドチェリーシュリンプに関しては改良品種ということも踏まえ、ミナミヌマエビの室内飼育についての情報を中心に参考へとしていきましょう。

ここで注意したいのが、必ず参考としてみることです。

生き物の飼育は人それぞれ、餌の量、扱い方、水換えのペースなど細かな条件で変わってきます。

完全に鵜呑みにして真似て、失敗してしまうこともあるのです。

それ以外にも、レッドチェリーシュリンプの飼育では、いくつか事前に知っておきたいことがあります。

まずはそのポイントから見ていきましょう。

◆混ぜない

ミナミヌマエビとレッドチェリーシュリンプ、同じ環境に適応できるからと混ぜないようにしてください。

何故ならその間では交配がおきる可能性があるからです。

(画像:ファイヤーシュリンプ

そうすることで雑種が生まれ、レッドチェリーシュリンプの赤は薄れていってしまいます。

同じ理由でレッドチェリーシュリンプとより赤みの濃いファイヤーシュリンプも混ぜてはいけません。

近い種類だからこそ一緒に飼育しない、これはとても大切なことです。

◆赤い個体ばかり集めない

レッドチェリーシュリンプはメスのほうが赤く、オスは薄れたような色をしていることが多いです。

だから赤色の濃い個体ばかりを入手していては、全てメスである可能性があるのです。

それではこの手のエビの醍醐味である繁殖ができません。

薄い色の個体が確実にオスだとは言い切れませんが、このポイントは覚えておきましょう。

◆参考リンク集

それではレッドチェリーシュリンプの飼育の参考となるリンクを紹介しましょう。

こちらは全て、当サイト内の記事となります。

①小型淡水エビの飼育の基本リンク

小型の淡水エビの飼育法についてまとめた記事です。

全てで五本、水槽の立ち上げや水草選びなどいろいろと細かく解説しています。

色彩は色々小型エビの種類と購入時の注意点
小型エビは魚が苦手?混泳させる前に調べたいポイントいろいろや相性の良い水草
小型エビの飼育はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで
水草は無農薬?小型エビの飼育で気をつけたいポイントいろいろ
小型エビを水槽で飼育する際の繁殖方法と稚エビの扱い方

②エサについてより深く知ろう

小型エビのエサについてより深く解説した記事です。

-エサが原因で死ぬ?小型の淡水シュリンプへのエサの与え方のコツ+α

◆全てのエビには

レッドチェリーシュリンプのように、ミナミヌマエビのような飼育で繁殖などを成功させれるエビは実はとても多いのです。

しかし全てがミナミヌマエビと同じだとは考えないでください。

水質、エサ、難易度などが異なるものもたくさんいるのです。

もちろんレッドチェリーシュリンプとミナミヌマエビの間にもいろいろと違いはあります。

たとえ似ていても、全ての生き物には違いがある、そう覚えておくと良いかもしれません。

 - ミナミヌマエビ, 淡水小型エビ