Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

コケ図鑑!テラリウム、ボトル、鉢植えなどで楽しめる苔いろいろ

      2016/10/24

[テラリウム?ボトルアクアリウム?小さな容器で楽しむ苔と水上葉]という記事で紹介した苔の楽しみ方。

今回はそんな苔の種類を紹介していきましょう。

今回は水中ではなく、ボトルや鉢植え、テラリウムなどの陸上で育てれるものを紹介しています。

それではここからいろいろな苔を紹介していきます。

▼植物をレイアウトした水槽「パルダリウム」を作ろう
>>パルダリウムの作り方。初心者の水槽、植物、環境の選択

◆コウヤノマンネングサ

(画像:コウヤノマンネングサ

水中でも育成できると言われているコウヤノマンネングサ。

こちら独特の姿から、近年とても人気が高いです。

まるで木のようにも見えるコウヤノマンネングサ…その美しさ、是非手元で御覧ください。

◆スギゴケ

(画像:スギゴケ

比較的乾燥にも強く、幅広い環境に適応できると言われているスギゴケ。

少し背の高くなるこの苔はその名の通り針葉樹の杉の様な見た目をしています。

並んで育つスギゴケ、それだけでも存在感のある種類です。

◆ハイゴケ

(画像:ハイゴケ

扱いやすいことから、苔玉やテラリウムでもよく見かけるハイゴケ。

苔と聞いたらこれを連想する人も多いのではないでしょうか。

育てる人のアイディア次第でいろいろと楽しめます。

植物の足元に植える苔としても使いやすい種類です。

◆シノブゴケ

(画像:シノブゴケ

こちらもよく見る苔かもしれません。

盆栽などでも登場する、落ち着きのある見た目です。

近くで見ると美しい細かな葉の観賞価値はとても高いです。

◆ウィローモス

(画像:ウィローモス

水草の有名種であるウィローモス。

こちらは水上にも適応させれます。

適応のさせ方はコツがありますが、上手く使えばアクアテラリウムなどの高湿度な環境や、水面から突き出した流木などでも利用できます。

◆スナゴケ

(画像:スナゴケ

明るい色のスナゴケはもりあがるように密に育ちます。

可愛らしくアレンジできることから人気が高い種類です。

明るい環境を好むところもありますので、置き場所などを工夫しましょう。

◆ホソバオキナゴケ

(画像:ホソバオキナゴケ

その名の通り細い葉を出す苔です。

まるで緑色のじゅうたんのような、やわらかな見た目です。

つい触りたくなる…そんなホソバオキナゴケです。

◆タチゴケ

(画像:タチゴケ

スギゴケを小さくしたようなタチゴケ。

小ぶりな姿から鉢などにも使いやすいです。

スギゴケと比較してみるのも面白いかもしれません。

◆コツボゴケ

(画像:コツボゴケ

独特の丸い葉をもつコツボゴケです。

他のコケにはないエキゾチックな雰囲気はテラリウムのレイアウトでも活躍するでしょう。

◆苔のマナー

苔は日本にも多く自生しています。

その苔を採集して楽しむということはよくあることです。

しかし、昔からその苔の採集における問題というものもあります。

心ない採集者が、必要以上に採集して荒らしたり、採集禁止の場所でもお構いなしにとっていったりしてしまうのです。

そのようなことが続くと、コケを楽しむ人自体がマナーが悪いと見られてしまいます。

採集をするときは、本当にその場所は採って良い所なのかを調べ、必要であれば許可を取りましょう。

採集が可能であった場合もできるだけ周囲を荒らさないようにしてください。

貴方のお目当てのコケ以外の植物もそこに存在しているのです。

美しい植物であるコケを見つけたら何も考えず手を出すのではなく、まず周囲を見渡してみましょう。

そのコケが育っている環境は、自宅で育てる時の大きなヒントにもなるのです。

▼植物をレイアウトした水槽「パルダリウム」を作ろう
>>パルダリウムの作り方。初心者の水槽、植物、環境の選択

 - ボトルアクアリウム, 水草・藻・観葉植物