Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

ドジョウを入れたらミナミヌマエビが消えた?混泳成功失敗?その秘訣

   

初心者にも人気のドジョウ。

彼らはミナミヌマエビとも混泳のしやすい魚として、いろいろなコンテンツで紹介されています。

今回は視点を変えて、そんな彼らの混泳が失敗する場合からお話を始めます。

お話の後半ではこの二種の混泳成功のためのポイントについて解説もしていきます。

いろいろな視点から彼らの混泳を考え、より良い環境づくりへとつなげましょう。

◆ドジョウで失敗ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビ水槽にドジョウをいれたらミナミヌマエビの姿を見なくなった。

これは意外とよくあるケースです。

(画像:ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビとドジョウ、彼らの混泳には注目したいポイントが二つあります。

一つは、低層。

もう一つは、サイズです。

それでは、まず最初の低層ということから説明していきましょう。

ミナミヌマエビもドジョウもどちらも低層を好む生き物です。

低層とは簡単にいえば底のほう。

ミナミヌマエビは底の方のエサをよく食べる生き物ですが、ドジョウも同じです。

この好む層が被る…そうすることにより二種の間の生活圏がかぶり弱いほうが追いやられる。

その弱いほうがミナミヌマエビなのです。

ここで無関係とはいえないのはふたつ目のポイントである体格差。

体格は誰がどう見てもドジョウのほうが大きいです。

そしてこのドジョウ、実はとても力がある魚なのです。

そして物怖じしない性格。

ミナミヌマエビは簡単に蹴散らされてしまいます。

後半で少し詳しく触れますが、ドジョウにも種類があり、中にはミナミヌマエビを餌として認識するものもいます。

ドジョウを入れたらミナミヌマエビを見なくなった。

これはドジョウによりミナミヌマエビが追いやられた…そういうことなのです。

そんな水槽では水草の陰、流木の裏やフィルターのスポンジの影などにミナミヌマエビはかくれいていることがおいいので一度見てみましょう。

◆器用なミナミヌマエビ

ドジョウがミナミヌマエビと混泳が可能と言われる理由の一つにミナミヌマエビという生き物の器用さがあります。

彼らはエサを持ち移動したり、立体的な動きを可能とします。

ある程度のゆとりのある環境であれば、ミナミヌマエビはドジョウをうまく躱すこともできるでしょう。※必ずとは言い切れません

大きく育った大人のミナミヌマエビは、ドジョウがいても前に出てくる。

そんなこともあります。

ミナミヌマエビは環境さえ良ければ隠れながら生存していくこともできるからです。

しかし最初にお話した、あまり前に出てこなくなるというのは時としてあまり良い結果を出さないこともあります。

次はそんなお話です。

◆行動が制限されるということは

前に出てこないというのは、簡単にいえば行動が制限されるということです。

特に小さな稚エビ、抱卵個体は自然界でも、他のエビよりも安全な場所を求め隠れていることの多いものですから、ドジョウに怯えて出てこなくなることも多いです。

ここで見えてくるリスクは、ミナミヌマエビの繁殖への邪魔となるのです。

ミナミヌマエビの繁殖を考えている水槽にドジョウ、これを成功させるには、抱卵個体が隠れて安心できる環境、稚エビが隠れながら成長できる場所。

これを水槽内に作らなければならないのです。

ある程度広さのある環境であればよいですが、狭い水槽でそのような隠れ家を多く作ると、そこに汚れがたまり水質が悪化、それが原因でミナミヌマエビが死ぬということもありえます。

ドジョウはよく食べる魚なので糞も多く、水槽内を汚しやすいので、飼育になれないうちはある程度シンプルな環境のほうが管理しやすい生き物でもあります。

ドジョウの食べ残しを掃除させるためにミナミヌマエビ、そういう混泳もありますが、飼育環境や飼育数などの要因で、見えない場所にエサの残りが溜まり腐敗することもあります。

もちろん水質の悪化はドジョウにも好ましくありません。

またあまり鋭利な部分のある流木や、肌の荒い石などをいれると、隙間に潜るドジョウが怪我をする可能性もあります。

これらを考え上手くレイアウトをしていかないと、ドジョウ、ミナミヌマエビ双方の行動を制限してしまうのです。

◆混泳成功のために

混泳成功のためにはある程度の諦めも必要です。

お話したとおり繁殖メインでなければ成功しやすい、というのは事実です。

そんな彼らをどのように飼育すると良いか、という事をここから考えていきましょう。

ドジョウにはある程度ひろい底床(底の砂)だけの部分が欲しいものです。

その反対でミナミヌマエビはある程度入り組んだ場所で落ち着いたりします。

その両方をうまく成立…これが難しいという話は前の項目でしたとおりです。

そんな二種の混泳を成功させるためにはいくつか抑えたいポイントがあるのです。

①砂は薄めに敷く

砂に潜る性質のあるドジョウ。

底砂の汚れは彼らにとって良くありません。

掃除をしやすく、そして悪いものを溜め込まないように…

その為に底床を薄くします。

これは多くの観賞魚でよく取られている方法です。

ドジョウのように底のほうを好む熱帯魚コリドラスの水槽などでもよく見かけます。

②水草で足場を

ミナミヌマエビは魚と違い足場を必要とする生き物です。

(画像:エビに安心無農薬マツモ

水草を少し多めに使用してその場所を増やしてあげましょう。

隠れ家として、稚エビの落ち着く場所として…いろいろな用途で役に立ちます。

底床がうすいから…ドジョウが抜くから植えられない…

そんな場合もマツモやアナカリスなどであれば浮遊させておいても大丈夫なので使いやすいでしょう。

③スポンジフィルターをいれよう

(画像:スポンジフィルター

スポンジフィルターというフィルターは安価で入手しやすいものです。

エアーポンプにつなぐというわかりやすい使い方も嬉しいところです。

これがミナミヌマエビの隠れ家にもなるのです。

それ以外にもこのスポンジフィルターはミナミヌマエビの餌場としても機能する場合もあるのです。

スポンジの表面には細かな色々なものが付着し、それをミナミヌマエビが食べるのです。

このような場所が水槽内にあることで、ミナミヌマエビの生存率を高めます。

このスポンジフィルター、ミナミヌマエビの抱卵個体なども好んで隠れてくれることがあります。

もしかすると、卵を抱えているという本能から、餌が豊富な隠れ家を選ぶのかもしれませんね。

限られた水槽内、広さを持たせることが一番良いのですが、それで足りない部分はこのようなものを用意して立体的にスペースを稼ぐのです。

ミナミヌマエビはドジョウほど底面を主としていないという部分をうまく利用するのです。

④絶対にドジョウの種類を調べよう

シマドジョウにアジメドジョウ…

ドジョウにはいろいろな種類があります。

大きくなるもの、飼育がとても難しいもの。

そのドジョウを知らず一括りにするのはとても危険です。

例えばホトケドジョウという種類は雑食性のドジョウの中でも肉食傾向が強く、ミナミヌマエビが食べられたという結果になった飼育者さんも少なくありません。

アジメドジョウは飼育環境を作るのが難しい種類です。

(画像:シマドジョウ

逆に飼いやすいのは、シマドジョウあたりでしょうか。

混泳をするしないに関わらず、ドジョウの種類、飼育法はまずちゃんと調べましょう。

◆自然とは違うからこそ

ミナミヌマエビ、ドジョウ。

彼らは日本の河川に生息し、同じ場所に生活していたりします。

混泳水槽は、彼らそれぞれの行動を楽しめるとても素敵なものでしょう。

しかし、当然ながらそこは自然とは違います。

その中で失敗しないように環境を作り上げる…それこそが混泳の喜びであり楽しみでもあります。

だからこそ、どちらの生き物についてもよく知りたい。

そんな思いを大切にしたいものです。

 - ドジョウ, ミナミヌマエビ