Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

気をつけて!ボトルや小型水槽でのメダカとアカヒレの混泳の問題!

      2016/04/28

ボトルアクアリウム、小型水槽…

そんな小さな環境でも飼育されることのあるメダカやアカヒレ。

どちらも温和な小型魚で、混泳向きとして紹介されていますが、そこには色々な違いがあるのです。

今回はそんな彼らの混泳時の注意点についてお話します。

▼お知らせ
2016/4/28 ゼブラダニオのボトル飼育について追記しました

◆狭いとメダカが不利?

(画像:アカヒレ

メダカとアカヒレ。

どちらも似たようなサイズの小型魚です。

そんな彼らには多くの違いがあるのです。

その中も混泳時に大きな差として現れるのは、機動性。

メダカに比べてアカヒレのほうが泳ぎの速い機敏な魚なのです。

メダカもそこまで泳ぎの下手な魚ではありませんが、少量の餌を投入する小型水槽の場合はその差が餌を取れる量に関わることがります。

アカヒレのほうがよく餌を食べている。

そんな場合は少し餌のあげ方に工夫をしていくと良いかもしれません。

細かく、魚の様子を見ながら与える。

どちらも餌をくれる飼育者に反応してくれる魚ですから、簡単にできると思います。

この時に注意したいのが、餌を行き渡らせようと与え過ぎないこと。

アカヒレもメダカも、どちらも食べ過ぎてしまう魚なのです。

特に、子どもの個体がいるなど体格差があるときは注意をしてあげると良いでしょう。

◆メダカのメス

メダカのメスは産んだ卵をしばらくお腹に付けて泳いでいます。

この卵が他のメダカやアカヒレに狙われやすいのです。

繁殖を考えていないから大丈夫、そう言われるかもしれません。

ですが、卵だけでなく狙われるメスの事も考えて欲しいのです。

個体差があるのでなんともいえませんが、あまりにメスが追われている場合は飼育ケースを分けてあげたほうが良いかも知れません。

◆個体数の問題

(画像:メダカ

狭い水槽、ボトルは水量が少なく、数多くの魚を飼育できるものではありません。

そうなると限られた数の飼育となるので混泳自体が難しくなります。

環境が小さければ小さいほど、種類の差による影響は悪い方へと働きやすいというのもあります。

できれば少ない数しか飼育できないのであれば、同種だけで抑えたいものです。

◆それぞれの魅力

小型魚=小さな水槽で飼える

ある意味間違いではない考えではありますが、正解ではありません。

小さな環境では泳ぐことはできても泳ぎまわることができないのです。

これは魅力という点では損をしているかもしれません。

魚は泳ぐ、活動をする生き物だからこそ素晴らしいものです。

容器、環境は彼らを楽しむ上ではとても重要な要素なのです。

小さ魚、アカヒレ、メダカ。

こちらの記事なども参考にしながら、もう一度どのような容器で楽しみたいかを考えてみましょう。
>>ボトルアクアリウム?アカヒレの飼育を楽しむ容器水槽選びの考え方

◆補足 メダカとアカヒレ

メダカとアカヒレは同じように考えられる事も多いのですが、実はぜんぜん違う魚です。

アカヒレは小さくても鯉の仲間なのです。

同じような小さな魚でも、泳ぎ方、繁殖形態などいろいろと違うものです。

どちらも小さな水槽で飼育が可能ではありますので、混泳をさせるのではなく、それぞれを飼育している水槽を並べてみてはどうでしょうか。

そうすれば二種類の小型魚の違いがより楽しめます。

飼い方はひとそれぞれ、楽しみ方は人それぞれ。

ですが、どのようにしたらその魚の魅力を引き出せるのかということは、少しでも知っておきたいものです。

補足2:ゼブラダニオのボトル飼育について

今回のお話のように、ボトルで飼育を考えられることのある魚に、ゼブラダニオという魚がいます。

彼らは条件さえ揃えば低水温に耐性をもつこともできるので、そのような感覚で捉えられているのです。

ただ、その飼育はまたメダカやアカヒレとも異なる部分も多いものです。

すべての魚をおなじような感覚で捉えず、しっかりと調べて飼育環境を整えてあげましょう。

▼ゼブラダニオと無加温飼育
>>無加温飼育できる熱帯魚?ゼブラダニオに学ぶ熱帯魚の低水温飼育の話

 - アカヒレ, メダカ