Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

ベタに底床(砂利やソイル)は必要?適していない砂ってあるの?

   

ベタの水槽。

そこに砂をいれて飾りたい。

多くの人が考えると思います。

今回はそんなベタ水槽の底床についてのお話です。

◆底床の良い面悪い面

底床、それは水槽内に入れる砂やソイルなどの事を言います。

その底床には色々なメリットデメリットがあります。

まず底床を入れる一番のメリットと言われるのが、バクテリアの住処となること。

ここで言うバクテリアとは色々なものを分解し水を浄化してくれるものです。

そして一番のデメリットは汚れなどの悪いものが溜まること。

これが原因で水が悪くなり魚が調子を崩します。

ここで一つ気がつくと思います。

底床のメリットは、水を綺麗にしてくれること。

底床のデメリットは水を悪くすること。

この真逆の話。

これは環境、扱い方などによりかわってくるのです。

◆小さな容器のベタの割合

ベタ飼育でよく使用されている小さな容器。

(画像:ベタ

その水量に対してのベタの身体は大きいと思いませんか?

身体が大きいということは排泄物も多いので水の汚れが早い。

水槽が小さいということは水が悪くなるのも早い。

この場合に底床をいれてしまうと、最初にお話したデメリットのほうが際立ってしまうことが多いのです。

特にろ過フィルターなどを使用していない水は、動きがないので腐敗も早いのです。

この場合は手入れをしやすいように底床は入れない、いれても薄く敷いておく程度にしたほうが良いかもしれません。

もちろん上手く管理すればよいのですが、この上手くというのがとても難しいのです。

うちは何も問題起きていないから大丈夫、と分厚い底床を放置しておくと後々調子を崩すこともあります。

汚れをためていくことで良くない方へと向かう底床を原因としたトラブルは、すぐに発現しないこともあるからです。

もちろん絶対に悪いというわけではありませんが、初心者さんはどのような結果を生むか理解できない要素をあまり水槽内に作らないほうが良いでしょう。

◆ある程度の水量がある場合

ある程度の水量…これがどのくらいからとは言い切れないので難しいのですが、条件が揃えば底床のメリットはしっかりと引き出すことができます。

その場合は小さな容器で頻繁な水換えをするのとは違い、普通のアクアリウムのような飼育環境を築いていると言えるかもしれません。

底床の厚みは、水量、水草を植えるのかどうかなどいろいろな要素で変化してきます。

どのような底床を選択するのかでもだいぶ違うでしょう。

ここまでのお話で、少しややこしいと感じたかもしれませんが、水槽内での底床選びはそれほどに重要なものなのです。

それではここから、ベタには適していない底床を紹介していきましょう。

◆ベタに適していない底床

それではベタの底床に適していない素材についてお話していきます。

一部[ビー玉や白砂が原因で水質悪化?続・ベタ水槽のレイアウトの注意点]の記事のおさらいになります。

合わせて参考にしてみてください。

①水質をアルカリ性にするもの

ベタはアルカリ性の水質を好みません。

底床の中には、サンゴ砂や一部のソイル(多くのソイルは弱酸性に水質を変えます)などのアルカリ性へと水質を持っていくものがあります。

ベタは中性~弱酸性の水質を好む種類なので、この手の底床は体調不良の原因になりますので使用をしないようにしてください。

(画像:ソイルを選ぶときはその性質をよく見よう)

逆に選択するならば、水質を弱酸性にもっていくもの(極端にその声質が強いものは避けたほうが良いかもしれません)、もしくは水質への影響の無いものを選びましょう。

②角のあるモノ

ベタは結構水槽の底の方をふらふらしたり、何かしらの隙間を抜けようとしたりすることのある魚です。

この時に角のある砂だと、あの大きなヒレをひっかけて破いていしまう事があるのです。

彼らにとってあまり良いことではありませんのでそういう砂は避けるようにしましょう。

できるだけ丸みがあり、傷をつけないものを選択してください。

◆底床選び

底床選びを真剣に行うと、水質や管理などを考えることに繋がります。

自分の飼育環境がどのようなものか知る。

そのきっかけとしてはとても良いものでしょう。

飼育者の環境への理解がどの程度のものなのか。

これは飼われている魚にとってはとても需要なものです。

見た目のためだけではなく、ベタのために、底床を選んでみましょう。

 - ベタ