Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

ベタのメスは混泳可能?オスだけじゃない魅力的なメスたちの飼育法

   

ヒレの大きなベタのオス。

そんな影で余り見かける機会のないのがベタのメスです。

しかしそんなベタのメス、じつはとても魅力的な魚なのです!

今回は熱帯魚魅力図鑑の番外編、ベタのメスに注目してみようと思います。

◆ベタのメスの飼育法

ベタのメスの飼育法、それはオスと同じ。

基本はその一言で終わってしまうのですが、メスだからこそ気をつけたいこともあります。

それは飛び出し事故です。

大きなヒレのないメスだからこそジャンプ力は中々のものなのです。

実はベタはオスメス問わず、よく跳ねる魚でもありますので覚えておきましょう。

ハーフムーンやベールテールなどの尾が大きなものはそのヒレが邪魔してそう跳べないだけとも言えるのです。

もちろん個体によってはほとんど跳ねようとすらしないものもいます。

ですが、死ぬまで跳ねない可能性はゼロとはいえません。

ベタは基本的に蓋を。

特にメスは気をつけておきたいものです。

蓋をするときは密封してしまわないように気をつけてくださいね。

◆ベタのメスの魅力

ベタのメスの魅力はなんでしょうか。

それはやはりそのメスならではの特徴にあると思います。

柔らかくふくらんだお腹をはじめ、よくよく見ると体型がオスとは随分と違うものなのです。

また、多くの方がオスのように大きなヒレの無いメスは地味だと感じているかもしれません。

まれにフレアリングの様な行動をとるメスもいますが、オスほどの派手さはありません。

▼ベタのフレアリングについてはコチラの記事をどうぞ
>>クラウンテールベタに学ぶフレアリングの魅力の引き出し方

ですがそれでいいのです。

そのオスメスの違いこそがベタのメスの魅力だからです。

(画像:ベタのメスは美しい流線型の身体をもつ)

ベタはよく見ればわりとはっきりとオスメスの差をもつ魚です。

オスのベタは何匹も飼育してきたけどメスはまだ…そんな方はぜひ一度飼ってみてください。

ベタらしく、そしていままでのベタとは違う…そんな日々が待っています。

最近ではショーベタのメスも流通し、色彩の美しいものなども存在します。

オスに比べ流通量が少ないので中々見つかりませんが、しっかりと探してみると、実に魅力もあるのだなと認識させられるでしょう。

◆メスは貴重

美しいオス、その姿を継がせたく繁殖を手掛ける方は多いでしょう。

当然ながら、繁殖にはメスも重要です。

もちろん全ての色彩、スタイルが遺伝するわけではありませんが、その重要度はかなり高いものになります。

このメスが中々手に入らずブリード(繁殖)を悩む人も多いのです。

(画像:メスにも色々いる)

理想のオスを探すのも苦労、そしてさらに流通量の少ないメスから理想のものを探さなければならない…

そんな苦労をした方は少なく無いと思います。

そんな人達にとってメスはとても大切な存在なのです。

◆ベタのメスは混泳可能?

ベタのメスは混泳出来る。

そんな話を聞いたことがあるかもしれません。

これは正解でも不正解でもありません。

確かにベタのメスは多種との混泳が可能なときもあります。

ベタのメス同士であれば同じ水槽で飼育できている、そんなケースも有ります。

しかしその逆で攻撃的なメスも存在するのです。

成功しやすい状況としては、そのメスたちがずっと同じ水槽で育てられた姉妹である場合。

失敗しやすいのは単独飼育されていたメスを他の魚のいる環境へと入れた場合です。

他の種類より同種であるベタに反応しやすいのはメスも同じです。

メスベタとベタ以外の魚で混泳できても、メスのベタ同士では成功するとは限りません。

結論から言うとメスも美しく維持したいならオスのように単独で管理しておくほうが楽だといえます。

多くの数を一つの環境で管理するのは、普通の混泳とは違う知識、技術が求められる事があるのです。

そしてもう一つ覚えておきたいのはオスとの混泳です。

これは繁殖を考えない場合はとても危険ですので絶対にやめましょう。

ごくまれに成功することもあるようですが、それは本当にごくまれなのです。

ベタの繁殖形態を知れば理解できる話なのですが、まずはオスメスが常に一緒にいることが必ずしも幸せではないという事を覚えておきましょう。

◆補足 プラカット

ベタの中でプラカットと呼ばれるものがいます。

単純に言えばオスでもヒレが短いベタなのですが、これをメスのようだとしてしまうのは実はとてももったいないことなのです。

(画像:メスとは違う迫力があるプラカットのオス

プラカットを生で見たことが有ればわかりますが、あの力強さはメスのベタとはまた別物です。

メスの魅力、オスの魅力。

それはヒレの大きさだけではない…ベタは本当にとても深い楽しみを与えてくれる魚なのです。

 - ベタ, 一種図鑑・魅力図鑑