Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

小さなボトルアクアリウムのアカヒレ!冬の無加温、低水温対策

   

小さなボトルアクアリウムで飼育することのあるアカヒレ。

寒い冬、想像以上に水温が下がりすぎ調子を崩してしまう…そんなこともあります。

無加温で飼育できるからといって、どんな温度でも問題なく飼育できるわけではないのです。

今回はそんなアカヒレの冬の水温のお話です。

◆低水温に不慣れなアカヒレ

寒い季節、観賞魚店などで購入したアカヒレを自宅のボトルで飼育する。

これは実は少し危険な場合があるのです。

何故なら、観賞魚店の水槽の中は温かく、家の小さなボトルの温度は低いからなのです。

(画像:アカヒレ

無加温で飼えると言われているアカヒレも、この極端な温度差には耐えられないこともあるのです。

それだけでなく小さなボトルは日常の中でも温度差が出やすいのでそれを原因とした病気を発生させる場合があります。

ボトル内での病気の発生は治療が困難で、簡単にアカヒレを死なせてしまうのです。

保温対策、それはアカヒレに病気を出させない予防でもあるのです。

それではここからその大切な予防法を見ていきましょう。

◆容器を大きくする

これは一番良い方法です。

容器が大きければ水が悪くなりにくいという単純な話。

それは水温の変化にもいえます。

1リットルの容器と、10リットルの容器にどちらも30℃の水を入れたとします。

それを気温10℃の部屋に置く。

どちらが水温が下がるのが早いと思いますか?

その中に自分がいると思ってみてください。

そうすることで、水量が多いことがアカヒレにとってどれだけ良いことかということが見えてくるのです。

(画像:見栄えの良い小型水槽20キューブ

水槽でなくとも、プラケースと呼ばれる昆虫などの飼育に使われる容器でも良いでしょう。

安くても水量のあるケースというのはいがいとたくさんあるのです。

場所がないから水槽をそこまで大型のものにはできない…そう思うかもしれませんが、1リットルと5リットル、この程度の差でも大きな違いがあると覚えておいてください。

5リットルの容器であれば、重さもそうありませんので置き場所も確保しやすいと思います。

それと、できれば容器は丸型よりも角形のものにしましょう。

同じスペースでも角形のほうが容量を大きく取りやすいからです。

▼アカヒレの飼育容器について学ぼう
>>ボトルアクアリウム?アカヒレの飼育を楽しむ容器水槽選びの考え方

◆置き場所を考えよう

水温が気温に影響されることはよくわかってもらえたと思います。

家の中には、いろいろな温度の場所があります。

寒い場所、暖かい場所、温度変化の激しい場所。

無加温のボトルはその影響を受けます。

できるだけ温度変化の少ない場所を選ぶ。

極端に寒い場所を避ける。

この二つはとても大切です。

◆温度を二種類はかる

今までのお話全てに共通しているのは、具体的な水温がわからないということです。

小さなボトルでも、ちゃんと水温計を利用して飼い主がある程度知っておいてあげるようにしましょう。

そしてもう一つ、室温も同時にはかります。

ボトルの横に温度計を置いておけば水温と室温の関係が目に見えると思います。

◆時間帯を考える

冬、室温が極端に下がるのは朝型などの人の寝ている時や、暖房をつけずにでかけている時などのことであることが多いのです。

そういう時間に水温が下がっていても、飼い主が確認する頃には上がっています。

無加温の飼育の場合は、そのような見ていない時間帯の水温も気にかけるようにしましょう。

◆保温を過信しない

保温シートを巻く。

これは水温の変化を緩やかにするためには有効な手段です。

寝る前や出かける時にボトル周りに巻いておく。

保険としては良い手段です。

しかし、これは保温であり加温ではないのです。

環境によっては、小さなボトルでは保温だけでは追いつかないこともあるので過信しすぎないようにしましょう。

保温しているからと安心せず、ちゃんと観察をしなければなりません。

また保温シートだけでなく、蓋というのも保温には効果的です。

保温シートと蓋を組み合わせることでよりよい効果を狙うのも良いでしょう。

この時必ず蓋は密閉だけはしないようにしてください。

空気穴をあけておくようにしましょう。

蓋は保温目的ですので、穴をあけたサランラップとかでも代用できます。

それであればどんなボトルでも使用できるので覚えておきましょう。

◆ボトルアクアリウムで生き物を飼うのは難しい

ボトルアクアリウムの世界はとても小さく環境も変動しやすいです。

その中は時として生き物に過酷な環境となってしまうのです。

ボトルアクアリウムの保温などの管理、その上達のためにはまずボトルアクアリウムで生き物を飼うのは難しいと意識することかもしれません。

その難しさをカバーするのは、飼い主の知識や技術、こまめな管理です。

小さいからこそ手軽なボトルアクアリウム、その手軽さはアカヒレのためではないのです。

▼ボトルアクアリウムでの混泳を考える
>>気をつけて!ボトルや小型水槽でのメダカとアカヒレの混泳の問題!

 - アカヒレ, ボトルアクアリウム