Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

爆殖!大繁殖!屋外で増やして室内水槽へ?ミナミヌマエビでコケ対策

   

水槽内に発生する嫌なコケ。

この対策でミナミヌマエビを入れる方は多いと思います。

苔取り生体として有名なヤマトヌマエビに比べるとコケとり能力の劣るミナミヌマエビはやはり数がほしい…

そんな方には屋外でミナミヌマエビを増やし、室内水槽へいれるという方法がおすすめです。

◆ミナミヌマエビのコケとり能力

はっきり言うならば、冒頭でお話したとおり、ヤマトヌマエビに比べるとミナミヌマエビのコケとり能力は遥かに劣ります。

だからこそ数で勝負。

そうなるのは当然のことなのです。

そうしたいのは山々だけど、ミナミヌマエビをたくさん一度に購入して水質に合わず死なせるのが怖い…

そう思う方も多いと思います。

エビは水質や水温に異常があった時にまとめて何匹も死にやすいという面はたしかに持っているので、その考えはある意味正しいとも言えます。

それではどうするか。

管理、導入などの点を考えてミナミヌマエビを室内水槽とは別の場所で確保するのです。

そうすることでリスクを分散します。

そして屋外環境はうまくいけば維持が楽で、繁殖も容易です。

そこでミナミヌマエビを安定して増やし、必要な数水槽へいれて苔取りをしてもらう。

これは、実は多くのアクアリストが行っている手段でもあるのです。

◆屋外環境の構成

(画像:繁殖のためにはオスメスをちゃんと導入しよう)

ミナミヌマエビの屋外飼育は環境を作ることがとても大切です。

屋外ではいくつか屋外だからこそ気をつけたいことがありますので、まずはそれを覚えましょう。

①高温を避けること

ミナミヌマエビは高温に弱い生き物です。

彼らの飼育は直射日光を避けるなどの高温対策をしっかりと行い、飼育するようにしましょう。

屋内水槽の様なガラス容器は水温が上昇しやすいのでできれば避けたいところです。

(画像:見栄えの良い発泡スチロール容器

後述する足場や保温の為に、発泡スチロール製の容器が使いやすく人気があります。

②水量を多くすること

水量が多いとそれだけ水質は安定しやすく、そして水温も変動しにくくなります。

屋外では大きな変化が起きやすいので、できるだけ水量を多くする必要があるのです。

③足場を多く

ミナミヌマエビは足場を必要とする生き物です。

それは繁殖した稚エビにも言えます。

極端に言えば足場が少なければ繁殖する量も少なくなるのです。

水草などを利用して足場を増やす、これはとても大切なのです。

④餌を入れ過ぎないように

屋外では自然発生するいろいろなものがミナミヌマエビのエサとなります。

ですので、そこまで餌を人為的に与える必要が無いのです。

人工飼料を投入し過ぎると水を悪くしてしまうので、与えるなら少量づつを小分けにしておきましょう。

◆室内水槽への導入

今回の紹介する方法は、屋外から室内へ移動するときのこともかんがえるようにしなければなりません。

屋外と屋内、ここにはとても大きな水質の差があります。

水温合わせ、水質合わせ…俗にいう水合わせというものをしっかりと行う必要があるのです。

屋外から屋内に導入する際におすすめなのは、点滴法と呼ばれる水合わせ方法です。

この方法であればかなり離れた水質をゆっくりとあわせることができるのです。

▼点滴法のやり方図入り解説はコチラ
安心な水合わせ点滴法!ビーシュリンプなどのデリケートな生体に!

この導入時さえ気をつければミナミヌマエビは割りと安定しやすく飼いやすいエビです。※もちろん水槽環境が安定している必要があります。

一度に多くのミナミヌマエビを導入せず、何日かにわけて少しづつ水槽へ入れていくとより良いでしょう。

水槽環境が屋外飼育しているミナミヌマエビにとって安全か確かめたい時は、まずは数匹を水槽に投入、その後追加しないまま一週間から二週間ほど様子を見るというふうにしましょう。

◆飼育の基本

今回のような方法を行うためには、ミナミヌマエビの飼育の基本を知っておく。

これは最低限のことです。

この記事を読んでいて、まだミナミヌマエビを飼育したことがなくこれから飼育を考えている…という方は、少し大変かと思いますが一度しっかりと基本を学びましょう。

▼ミナミヌマエビの基本を項目ごとに学ぼう! リンク集
色彩は色々小型エビの種類と購入時の注意点
小型エビは魚が苦手?混泳させる前に調べたいポイントいろいろや相性の良い水草
小型エビの飼育はまずここから!水槽の立ち上げから水合わせまで
水草は無農薬?小型エビの飼育で気をつけたいポイントいろいろ
小型エビを水槽で飼育する際の繁殖方法と稚エビの扱い方
基本を知らずに全滅…これは屋外屋内問わずよくあることなのです。

 - ミナミヌマエビ