Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

ベタ?トーマシー?グラミー?ミナミヌマエビを好んで食べる魚まとめ

   

ミナミヌマエビは今や混泳水槽の人気者です。

ある程度の環境であれば水槽内で自然に繁殖する彼らは、実は一部の熱帯魚の大好物なのです。

今回はそんなミナミヌマエビを食べたがる魚達を紹介します。

◆ミナミヌマエビとの混泳

(画像:ミナミヌマエビ

産まれたばかりの稚エビは、当然ながらとても小さいです。

この大きさの時は多くの魚達に見つかると食べられてしまいます。

稚エビを食べる魚をあげていくときりがありません。

混泳の場合はある程度稚エビが食べられてしまうことは割り切る…そういう方も多いと思います。

しかし魚によってはある程度大きくなったミナミヌマエビを積極的に食べようと追いかけるものもいます。

中には口に入らないサイズも突き殺してしまうものも。

極端な話を言ってしまえば、ミナミヌマエビは自然界でも食物連鎖の下の方にいます。

更に狭い水槽、エビが大好物な魚には執拗に狙われることもあるでしょう。

その場合のレベルは色々あり、
・しっかり食べられてどんどんエビの減る状態
・食べ残しや突き殺された死体が転がっている状態
・隠れ家を多くすればある程度は生き残るそこそこバランスの取れた状態
などなど様々です。

たまに見つかった小さなエビが食べられ、それなりに増えていく。

そんな環境も実はよくあるのです。

ここからはエビを好む魚を紹介していくのですが、その前にもう一つ覚えて欲しい話があります。

魚にも性格のようなものがあり、エビを好むと言われていても全く興味を示さない個体もいるのです。

そしてその性格は成長や混泳魚、環境によっても変化するものでもある…ということを覚えておいて欲しいのです。

◆エビを好む魚達

今回のお話は、機動力などの差はあれどヤマトヌマエビ、チェリーシュリンプやルリーシュリンプ、ビーシュリンプにも当てはまると思ってください。

個々に登場する魚達はミナミヌマエビを食べる可能性がある魚としての紹介ですが、どれもとても素晴らしい素敵な魚です。

中には貴方のあこがれの魚もいるかもしれません。

ですが、どんな生き物も一緒に飼えるわけではない…よりよい混泳水槽を作るためには大事なことなので、ちゃんと覚えていきましょう。

①エンゼルフィッシュ

(画像:エンゼルフィッシュ

これは有名かもしれません。

エンゼルフィッシュは割と大きくなる魚ですので、エビなど口に入れば捕食してしまいます。

彼らは小さなサイズのカラシンなども口にいれることもあるのです。

小さな幼魚がよく売られていますが、ミナミヌマエビとはすぐにサイズが合わなくなるのでよく考えてから導入しましょう。

②ディスカス

(画像:ディスカス

ディスカスもエンゼルフィッシュと同様に考えても良いでしょう。

彼らのようなそれなりなサイズになるシクリッドの仲間は総じてエビを好んで捕食することがあります。

ヤマトヌマエビなどがいくら大きくても、成長した彼らからすれば小さな獲物。

そう覚えておきましょう。

③トーマシー

(画像:アノマロクロミス・トーマシー

エンゼルフィッシュ、ディスカスと比べると小さなシクリッドです。

トーマシーは水槽内に発生する貝を食べてくれる魚として水草水槽でもよく飼育されています。

初心者向けの小型シクリッドとしても人気です。

このトーマーシーは貝だけでなく、エビも大好き。

時には口に入らないサイズのものも一生懸命に追いかけます。

④ベタ

(画像:ベタ

意外かもしれませんがベタもエビが大好きです。

中には興味を示さない個体もいますが、狭い水槽などでは食べなくても突く…ということもあるのです。

小型の容器で飼育している場合は、ベタ、ミナミヌマエビ互いのストレスになる可能性もあるので避けたほうが良いでしょう。

⑤グラミー

(画像:パールグラミー

グラミーと名のつく魚はとても多く販売されています。

小型で温和なことから人気の高いハニードワーフグラミーなどはミナミヌマエビにとっても天敵というほどではないかもしれません。

▼ハニードワーフグラミーの飼い方を見てみよう
小さな人気者ゴールデンハニードワーフグラミーの飼い方

しかし、他のグラミーが全てそうだとは限りません。

例えばとても美しいパールグラミー。

 

彼らはハニードワーフグラミーと比べてかなり大きくなり性格もきつくなります。

このように似た名前をもっていても、サイズ、性質の違う魚はたくさんいますのでちゃんと個別で調べるようにしましょう。

◆ミナミヌマエビを食べられるデメリット

割り切れば問題ない。

そう考えることは誰が否定できることでもありません。

実際バランスが取れていれば、特に飼育上の問題はないと言っても良いかもしれません。

観賞魚の世界では肉食の魚に向けてエビが生き餌として使用されることも珍しくありません。

人口餌だけでなく生き餌を与えるメリットはいろいろとありますので、小さなエビをエサのバリエーションの一つとして考えることも魚種によって必要なことだったりもします。

少しマニアックな話ですが、肉食魚以外にもあえてエビを餌として使用することもあります。

観賞魚の世界にはほんとうに色々な飼い方があるのです。

少し話が逸れましたが、今回の主題はこのように意図してエビをエサとする場合ではなく、事故として食べれられる場合です。

そう言う時は当然ながらミナミヌマエビをエサとするつもりではないでしょうから、その捕食は飼育者の知らない、気がつかない状況で起こるのです。

そしてこの予定外のミナミヌマエビの捕食は、思わぬデメリットとなることもあるのです。

もちろん、ただ食べられているだけで問題ないこともあります。

ここからのお話は、気が付かないうちに起きてしまう良くない例として参考にしてください。

①水質の悪化

食べ残し、これはどんな餌でも水質の悪化になります。

まして生き物の死骸、これがあまりに多く放置されていると水質は悪くなります。

水槽のサイズ、環境によって影響度は変わりますが、水槽は限られた空間なので、死体を見つけた時はできるだけすぐに取り除きましょう。

そしてもう一つ大切なことがあります。

ミナミヌマエビがほんとうに魚の攻撃により死んでいるのか、そうでないのか。

それをよく観察する必要があります。

魚のせいなのに環境のせいにする。

環境のせいなのに魚のせいにする。

この勘違いをしたままでは改善もできないのです。

②食べ過ぎ

ミナミヌマエビは自然界でも魚に食べられている。

そうお話しましたが、水槽内ではミナミヌマエビが原因で食べ過ぎとなる場合があるのです。

それは何故かといえば、水質の項目でもお話した、水槽が限られた空間であるということなのです。

水槽内はミナミヌマエビに出会いやすい。

だから食べ過ぎてしまう…

魚によってはお腹がいっぱいでも食べようとするものもいます、そしてそれが原因で体調を崩すものも。

餌の与え過ぎは良くない。

これは観賞魚の飼育ではよく言われる大基本ですが、そのエサに捕食されたミナミヌマエビも入ると覚えておきましょう。

生き餌としてエビが販売されていることもある。

ここから考えておかなければならないことは、このようなことなのです。

 - ミナミヌマエビ