Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

葉を楽しむ蘭ジュエルオーキッド!マコデス・ペトラの魅力と育て方

      2017/05/30

ジュエルオーキッド。

この植物は蘭の仲間です。

ジュエルオーキッドと呼ばれ栽培を楽しまれているものでは、マコデス・ペトラという種類のものが一番知られているかも知れません。

今回はそんなジュエルオーキッド、マコデス・ペトラに魅了されてみましょう…というお話です。

 ※現在マコデス・ペトラは特定国内希少野生動植物に指定され、取引には許可が必要となりました。個人間の販売、譲渡なども対象となりますのでご注意下さい。

▼植替えのやり方はこちら!
>>植え替えは春!ジュエルオーキッドを管理「水苔の交換」

▼植物をレイアウトした水槽「パルダリウム」を作ろう
>>パルダリウムの作り方。初心者の水槽、植物、環境の選択

◆マコデス・ペトラの入手

(画像:マコデス・ペトラ
学名:Macodes petola

園芸の世界で古くから楽しまれる洋ラン。

花を楽しむことの多い洋ランの中で、ジュエルオーキッドと呼ばれているものは葉の美しさに重きを置かれています。

そのジュエルオーキッドの中でも育てやすいと言われているのがこのマコデス・ペトラです。

ビロードの様な質感の葉に輝くラインが描かれるその姿に、多くの人が魅了されています。

写真で見るより生で見て欲しい。

それがこのマコデス・ペトラという植物です。

入手の難しいものの多いジュエルオーキッドの中ではマコデス・ペトラは比較的よく見かけるほうではあります。

しかし、このマコデス・ペトラは園芸店での流通はあまり多いとは言えません。

どちらかというとアクアリウムショップでの取り扱いが多いものだったりするのです。

もちろんマコデス・ペトラは水草ではないのでどのアクアリウムショップにあるともいえません。

販売時の名も幾つかあり、漠然とジュエルオーキッドと表記されていたり、マコデス・ペトラと書かれていたり。

探すときは、そのいろいろな名前を覚えておくと良いでしょう。

購入するときはどんな植物もそうですが状態がよいものを選びたいものです。

葉がしっかりしている、新しい葉や子株が出ている…いろいろな基準がありますが、どう見てもしおれているなど調子が悪いものは立ち上げるのが難しいので初心者のかたは手を出さないようにしましょう。

またマコデス・ペトラは開花した後に調子を崩したりするという話もありますので、できれば花芽の出ていないものにしたいものです。

安定感のあるものを手に入れることは落ち着いた育成に繋がります。

後述しますが、マコデス・ペトラの育成は人によっては少し難しいと感じる部分があるかもしれません。

なので見かけたらそのまま持ち帰るのではなく、購入元でどのような管理をしていたかの情報もできれば合わせて入手したいものです。

◆ジュエルオーキッドという分類

少し難しい話ですが、ジュエルオーキッドとは分類学上の区分ではありません。

マコデス・ペトラのように葉の美しさを楽しむ蘭を対象にしたものです。

(画像:ホンコンシュスラン
学名:Ludisia discolor

マコデス・ペトラの他にそう呼ばれているものでは、ホンコンシュスランやドッシニア・マルモラータと呼ばれるものなどが有名です。

当然ながら種類によってはマコデス・ペトラと育て方が異なることもあるので注意しましょう。

前途した話のように、ジュエルオーキッドという名前でマコデス・ペトラが流通することがあります。

それはこのドッシニア・マルモラータなどにも言えることなので、探している種が有ればその葉の形や模様などの特徴を事前に覚えておくと良いでしょう。

◆マコデス・ペトラの性質

マコデス・ペトラの育て方はとてもいろいろとあります。

尚且つ情報が少ないので、初心者のかたは手を出しづらいかもしれません。

価格としても決して安価ではありませんのでなかなか緊張するものです。

マコデス・ペトラの性質は
・強い光を好まない
・湿度を好む
・低温を嫌う
というかんじです。

しかし、水のあげ過ぎによる根腐れや、高温すぎる環境での蒸れにも弱いといえます。

これだけ聞くととても難種に聞こえてしまいますが、何か似ているものを思い出さないでしょうか?

そう熱帯魚の飼育です。

餌を与えなければならないけど与えすぎてはダメ。

低温は苦手だけど温度が上がり過ぎるとダメ。

そう考えるとマコデス・ペトラの性質はそう珍しいものではないというのが見えてくると思います。

湿度を好むからとただただ水浸しにしていけば良いものではないのです。

マコデス・ペトラの水やりは鉢受けに水を溜めておかないようにしましょう。

霧吹きなどで空中の湿度を保ったり、葉水を与えるという管理を水やりとは別でちゃんと行います。

温度も同じで、低温が苦手ということと、高温が得意ということは必ずしもイコールではないということです。

強い光が苦手というのは室内育成に向いていると置き換えることもできます。

マコデス・ペトラ以外でも、多くの観葉植物で、水の与え過ぎによる根腐れや、高温の蒸れによる溶けは見られます。

その多くが密閉しすぎた環境や、鉢受け皿に水を溜めたまま放置したという、初歩的なミスからです。

マコデス・ペトラは確かに初級種とは言いがたい部分もありますがそこまで難しい種類とも言えません。

上手く育てるコツはまずは彼らの性質をしり、そこからちゃんと観察して世話をするということではないでしょうか。

植物はインテリア性をもつものではありますが、インテリアではないのです。

まずはその特性を育て方のマニュアルとしてではなく、生き物の性質として捕えるようにしていきましょう。

植物も、しっかり観察すれば日々の変化があります。

もちろん慣れていないと見分けられない微細なものもありますが、できるだけちゃんと日々観察してあげたいものです。

◆アクアリストに人気の植物たち

このマコデス・ペトラのように、アクアリストの間で流行する植物はいくつかあります。

最近ではピクタムと呼ばれる原種が人気のアグラオネマ、ホマロメナの仲間などでしょうか。

そのような種類以外にも、水草の水上栽培などは昔からよく行われています。

アクアリウムと園芸には同じ生きているものを扱うという共通する点があるのかもしれませんね。

美しい植物の世界。

あなたも水槽の横にお気に入りの植物を置いて魅了されてみませんか?

▼アクアリウムと合わせて楽しみたい観葉植物水上葉 リンク集

初心者にも室内で育てやすい観葉植物を特集
水草水槽の隣に置きたい!室内でも育てやすい観葉植物
水草を水上で?アクアリストに人気の水上葉のすすめ
初心者には難しい?クリプトコリネの水中栽培と水上栽培
小さなボトル内での植物の育成…人気のナチュラルインテリア
テラリウム?ボトルアクアリウム?小さな容器で楽しむ苔と水上葉
小さなスペースでも楽しめる、大人気の苔特集
コケ図鑑!テラリウム、ボトル、鉢植えなどで楽しめる苔いろいろ

 - 水草・藻・観葉植物