Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

ボルビディスにブセファランドラ!初心者の知りたい活着水草いろいろ

      2016/05/06

アクアリウムにおける水草の人気に流行。

好きなものが好き!そんなジャンルだからこそ、それ一言では言い切れないものもたくさんあります。

今回はそんな中でいくつかピックアップして紹介します。

テーマは、流木や石に活着する水草。

彼らは今やレイアウトに欠かせない重要な存在です。

それではその世界、少し覗いてみましょう。

◆ハイグロフィラ・ピンナティフィダ

(画像:ハイグロフィラ・ピンナティフィダ

ハイグロフィラの仲間で育成のしやすい水草です。

大きく葉を伸ばし良いアクセントになってくれます。

独特の雰囲気がありますが落ち着きのある色彩なので、水草の種類の多いレイアウト水槽でも大きく活躍してくれます。

このハイグロフィラ・ピンナティフィダは活着する力がとても強いことで有名です。

◆ボルビディス・ヒュデロッティ

(画像:ボルビディス・ヒュデロッティ

流るようにのびる透き通った葉。

独特の美しさを持つボルビディス・ヒュデロッティ。

大型になるため小型水槽では使いにくいかもしれませんが、その美しさは他の水草とは大きく違います。

西アフリカ原産のシダの仲間です。

◆ブセファランドラsp.クダガン

(画像:ブセファランドラsp.クダガン

近年人気の高いブセファランドラの一つです。

小さめの葉は濃い緑、そこにラメの乗る美しい品種です。

その中にある赤。

ファンが多いのもうなずける姿です。

◆アヌビアス・ナナ プチ

(画像:アヌビアス・ナナ プチ

活着する水草の代表とも言えるアヌビアスの仲間。

アヌビアス・ナナ プチとよばれるものはとても小ぶりな葉で可愛らしい姿をしています。

前景で使用することも可能ですし、多種の活着水草の隙間を埋める役目としても優れいてます。

小さな葉ですが、小型水槽などではこれ一つを中央に置くだけでも良い存在感があります。

◆ミクロソリウム・ウェンディーローブ

(画像:ミクロソリウム・ウェンディーローブ

こちらも活着水草としては有名なミクロソリウムの一種です。

このミクロソリウム・ウェンディーローブは葉先がいくつも枝分かれしていくような不思議な見た目をしています。

このミクロソリウム・ウェンディーローブ独特の特徴は水槽内で使用するととてもボリュームを感じさせてくれるのです。

他にもいろいろと存在するミクロソリウム。

それぞれの形を楽しんでみてはどうでしょうか?

◆ウィローモス

(画像:ウィローモス

もはや説明不要ともいえる苔です。

入手もしやすく育成もしやすいことから初心者人気も非常に高い水草です。

このウィローモス、実は綺麗に育てるのにはコツがいります。

それはこまめなトリミング。

そしてあまり分厚く育てると、下の方が茶色く枯れてくることも…という一面もあります。

ウィローモスは実は手間がかかることもある水草だとおぼえておきましょう。

◆活着水草の手入れ

水草を活着させた流木などは水槽内から取り出しやすいため手入れがしやすいという特性があります。

この手入れ中に注意したいことが一つあります。

それは乾燥させないこと。

種類によっては乾燥に弱く、それが原因で水槽に戻した時に弱ってしまうことがあります。

そうさせないためにも作業中はバケツに水をいれておいたり、霧吹きを使用してこまめに湿らせておくと良いでしょう。

この時に水草が慣れている水槽の水を使用してあげると良いかもしれません。

美しい活着水草、しっかりと管理してその特性を楽しみましょう。

▼もう一段階上の水草育成!
>>初心者の水草水槽!CO2(二酸化炭素)添加器具紹介!

 - 水草・藻・観葉植物