Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

簡単だと聞いたのに…ミナミヌマエビの飼育繁殖が上手にできない理由

   

ミナミヌマエビの飼育や繁殖は簡単。

そう聞いたのにうまくできない…すぐに死んでしまう…

そんな飼育者さんは実は少なくありません。

今回はそんな、ミナミヌマエビが上手く飼育できない、繁殖できないという方に向けたお話です。

(画像:通販でも売られているミナミヌマエビ)

◆ミナミヌマエビの飼育は簡単?

ミナミヌマエビの飼育は簡単だと言われています。

確かに小型の淡水エビの中では飼育のしやすい生き物であるのは事実です。

しかしその反面、魚の飼育とは違うことも多く上手く飼えない方もいます。

はじめての水棲のペットとしてミナミヌマエビを選ぶ方もいるでしょう。

それでは、ここからミナミヌマエビが上手く飼育できず悩んでいる方がチェックすべき項目とその対策を見ていきましょう。

①数が多すぎないか

水槽内に入れたミナミヌマエビの数が多すぎる。

これは初心者さんがやりがちな失敗の原因でとても多いものです。

ミナミヌマエビは水を汚しにくい…そういう情報を元にたくさんの数を購入してしまうのです。

確かに繁殖を考えるとある程度の頭数があるほうが成功しやすいのですが、それとこれとは話が違います。

数の多すぎる飼育は、水質の悪化が早く初心者さんでは管理しきれないことが多いのです。

購入後しばらくは大丈夫だったのに1周間ほどで死にだした…こんなことが起きるのも珍しくありません。

例を挙げると
大量のミナミヌマエビを購入

全体に餌をあげようと多めに投入

水質が急激に悪化
このようなパターンです。

これは直接的ではありませんが、過密が原因となっています。

このような事を起こさないためにも初心者さんはやや少なめの数からはじめ、管理に慣れるということが大切なのです。

②餌の与えすぎ

①でも少し触れたように多すぎる餌は水質へのダメージが大きく管理が難しくなります。

どのくらいの量が良いのかという目安のわかりにくい飼育の世界、だからこそ餌に関しての知識はしっかりとつけておきましょう。

▼日々の管理のために覚えたいエビの餌
>>エサが原因で死ぬ?小型の淡水シュリンプへのエサの与え方のコツ+α

③水温

ミナミヌマエビは極端な高温などに弱い生き物です。

この話はよく言われていることですが、いまいちピンとこない方も多いかもしれません。

環境がある程度出来ていて馴染んでいしまえば、苦手と言われている30℃付近の水温でも問題なく飼育できている例があるからです。

しかし、これはどの飼育環境にも当てはまるわけではありません。

他の人が大丈夫と言っていたから…

この考え方で失敗というのはアクアリウムの世界ではとても多いのです。

◆上手く行かないうちに追加していしまう

ミナミヌマエビの飼育が上手く行かず、だんだん死んでいく。

そんな時に新しいミナミヌマエビを追加してしまってはいませんか?

(画像:苔取り生体としても売られるミナミヌマエビ)

そうすることで新しいミナミヌマエビもその連鎖に巻き込まれどんどん死んでいく…

そういう事例は珍しくありません。

ミナミヌマエビの飼育が上手く行かない、そんな時は焦って数を増やさないようにしましょう。

◆まだまだたくさんあるお話

ミナミヌマエビの飼育繁殖が上手くできない理由の第一話どうでしたでしょうか?

今回のお話は少し長くなるため、第二話へと続きます。

▼続きはコチラから
>>全く増えない!続・ミナミヌマエビの飼育繁殖が上手にできない理由

いろいろな失敗の理由を知り、良い環境を作っていけるようにしていきましょう。

 - ミナミヌマエビ