Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

野生味?闘魚!迫力!短いヒレをもつベタ「プラカット」の魅力と飼育

   

ハーフムーンにスーパーデルタ、クラウンテールにベールテール…そして今回の主役であるプラカット。

ベタには色々なタイプが有りそれぞれに魅力があります。

今回はそんな中からプラカットとよばれるタイプのベタについてお話したいと思います。

後半では人気の鯉ベタの模様の妙についても少しお話します。

◆プラカットplakat betta

(画像:プラカットの名をもつベタ)

プラカット(プラガットともよばれる)ベタはオスでも尾の短いベタです。

最近見かける機会も増えてきたこのプラカット、実はとても長い歴史を持つベタなのです。

ベタは古くから闘魚とよばれ、タイなどの国では闘わせて優劣を競う魚として親しまれてきました。

その中でより強いベタを求め改良されたのがプラカットだといわれています。

そのプラカットは他のベタよりもヒレは短く、体高があり体つきもしっかりとしています。

その迫力があり野性味のある美しさから、観賞用としてもファンが多いのです。

色彩や模様のバリエーションが非常に多く、コレクション性も高いプラカット。

近年では錦鯉のような模様を持つ鯉ベタなどが人気を博しています。

◆プラカットの飼育

彼らは他のベタに比べ活発です。

ヒレが短いからといって狭いケースに押し込めないように気をつけてください。

基本的な飼育は他のベタと同様ですが、ヒレの短いぶんジャンプして飛び出す確率が高くなりますので蓋をちゃんとしてください。※蓋は密封しないものを使用しましょう。

闘争心が高いと言われるプラカットですが、これには個体差があります。

しかし大きなヒレがなく機敏に動ける分、攻撃に出た時は他のベタよりも早く相手をボロボロにしますので覚えておきましょう。

ベタは元々混泳には余り向かない魚ですが、このプラカットはより混泳向きではないといえるのではないでしょうか。

特にしっかりと育て上げた体格のしっかりとしたオスの力は中々のものです。

それこそが彼らの魅力の一つですので、鑑賞面を考えても個別飼育で時折フレアリングをさせて管理したいものです。

始めて見た人が驚くほどのその体高は、そこそこひろい水槽でも充分に見栄えしますので、30センチキューブなどの水草水槽の主役としても申し分ない魚です。

◆鯉ベタの変化

鯉ベタ、彼らはマーブルとよばれる模様の出方のタイプの一つです。

その中でも日本の錦鯉のような白地に赤、黒のものが鯉ベタと呼ばれているのです。

このマーブルとよばれるベタは、模様が変化していくことで知られています。

他のカラーバリエーションのベタでも模様、色彩の変化が起きるときはありますが、マーブルは特に激しいのです。

この模様の変化こそマーブルの楽しみの大きな要素です。

どんな模様になるのか。

そう考えながら、自分の個体を探すのはとてもおもしろいことです。

一匹として同じ魚がいないといわれているベタ。

それが極端に現れているのが、このマーブルたちなのです。

◆メスのよう?

プラカットをメスのようなベタだと表現している人がいます。

確かにベタといえばあの大きなヒレをイメージする人は多いのでしょう。

しかしプラカットの成魚のオスは、メスのベタとは大きく違います。

体型の違いで言えば、たのベタよりも露骨にオスが力強く育つことが多いのです。

販売されているベタは、まだしっかりと仕上がっていない若い成魚であることが多いです。

プラカットを入手した時は彼らが本来の体格に育つようしっかりと世話をしてあげてください。

もちろん個体差はありますが、すぐにメスのようだと思っていたベタでも、信じられないくらいの存在感を見せてくれるでしょう。

▼メスのベタの魅力
>>ベタのメスは混泳可能?オスだけじゃない魅力的なメスたちの飼育法

◆ヒレが裂けない?

ハーフムーンやベールテールなどの大きな尾をもつタイプはヒレの維持が難しいと言われています。

その一つのトラブルとしてヒレ裂けが知られていますが、プラカットはそのヒレ裂けをしにくいことで知られています。

理由は単純、ヒレが小さいから。

彼らは今の改良ベタの中では、元になった野生種のヒレに近いタイプなのです。

(画像:ワイルドベタ スマグラディナ

ワイルドベタとよばれる野生種に、プラカットをきっかけにはまる人も少なくありません。

そんなプラカットのヒレの魅力はその小さなヒレに詰め込まれた細かな情報かもしれません。

フレアリングをさせれば、プラカットだからこそのヒレの開きに目を奪われることでしょう。

 

▼まだまだ知りたいベタの種類のこと!
>>クラウンテールベタに学ぶフレアリングの魅力の引き出し方

 - ベタ, 一種図鑑・魅力図鑑