Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

勉強不足で飼いはじめたベタの話・第ニ話◆初心者に聞く飼育経験談

   

ビギナーさんの飼育経験談をまとめる【初心者さんに聞く飼育経験談】

今回のお話は前回の勉強不足で飼いはじめたベタの話・第一話の続きになります。

前回知ったベタの飼育に関する色々…それにも続く環境の改善と失敗談についてお話してもらいました。

それでは第二話、どうぞお読み下さい。

◆いろいろと調べて

安心してベタを飼育するためにいろいろと調べたその日。

魚の飼育もはじめての私がその日にちゃんとわかったことは少なく、

・水の量は1リットルでは少ない→3リットルくらいはあったほうがよい
・ろ過器があると良いけれど、水流が強いとダメ
・冬はヒーターを使わないとダメ

ということくらいでした。

冬にヒーターが必要。

これに関してはベタを購入する時にも聞いていた気がするのですが、いまいちわかっていなかったのです。

1リットルの瓶で飼育しているのは、それが大きな容れ物だと私が勘違いしていたこと…。

この瓶を選んだ時の私は販売されていた容れ物と比べれば大きかったので安心していたのです。

◆道具選び

その他にも水換えにはスポイト(のかなり大きなもの)があると便利とかいろいろと知れたのでまとめて購入することにしました。

近くに熱帯魚のお店は無いので(ホームセンターまでも結構時間がかかります)通販を見ることに。

多い…

商品数が多くまた混乱する私。

こんなに水槽に種類があるなんて知らなかった…

見れば見るほどどれが良いのかわからず。

似たようなものなのに安いものと高いものの差もよくわからない。

特にヒーター…これはどれが良いのか全然わかりませんでした。

今の季節はむしろ暑すぎるくらいだと言うのは調べて知っていたので、とりあえずヒーターは後回し。

最初は物珍しさもありいろいろと見ていましたが、そのまま続けても混乱するだけなのでとりあえず水槽から選ぶことにしました。

25センチキューブ。

(画像:25センチキューブ

これなら置き場所にも困らないくらいだろうしとそれを選択。(実はこの時私がイメージしていたのはもう一つ小さい20センチキューブくらいの大きさでした。)

ライトは欲しいけど高いからとりあえずパス。

しかしここで大問題。

私が絶対買おうと思っていたろ過器について全然知識がないのです。

25センチキューブは水の量を見て決めました。

ついでにバケツとか誰かのブログで便利だと見た大きめのスポイトも購入。

だけどろ過器が決めれない…はやくベタを広い水槽で飼ってあげたいのに…というか、今の瓶みたいな狭い所にいれておきたくないのに…

急いで調べると、スポンジフィルターというものを一方コックという部品を使って流れを弱めてあげると良いとあったのでそうすることに。

大きさは書かれているサイズで水槽に収まりそうなものを。

なんとか私ははじめての熱帯魚用品の通販を終えたのです。

◆大失敗!

注文を終えて商品は次の仕事の休みに届くように設定、それから料金を振り込み。

ああ、水槽にいれる砂とか水草も飼えばよかったとちょっと後悔しつつ商品が届くのを待ちました。
翌日、発送の連絡がきて、予定日に商品到着!

少し前にも書きましたが、水槽が予想より大きかったのに苦笑いです。(いまではこの大きさにしてよかったと感じています)

私の大失敗はフィルター。

(画像:スポンジフィルター

スポンジフィルターはサイズはばっちり!

一方コックで勢いを弱めてあげれば……

ここで私は気がついたんです。

スポンジフィルターを動かすにはエアーポンプが必要なこと。

家族に電話して、仕事帰りにエアーポンプを買ってきて欲しいと頼むことに…

夜、家族から電話があり、わざわざ少し遠い(職場から車で1時間ほど、自宅からは2時間以上…)熱帯魚店に行ってくれたとのこと。

そのまま店員さんに電話を変わってもらい事情を話すと、ちょうどよさそうなエアーポンプを選んでくれると言ってくれました。

エアーチューブもいるよと言われてただでさえ恥ずかしかったのが上ましに。

一方コックをスポンジフィルターにそのままとりつけて使う器具だと思っていたなんて言えませんでした。

>>勉強不足で飼いはじめたベタの話・第三話に続きます

初心者でもわかるベタ飼育 リンク集

ベタの種類はいろいろ?選び方をおしえて!
ベタの混泳のお話と水草のお話
ベタの基本!水槽の立ち上げに水合わせ!

 - ベタ, 飼育体験談