Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

ボトルアクアリウムの作り方・その1◆チャームでお買い物&開封編

      2015/12/15

実際に材料を揃えてボトルアクアリウムを作ってみようという企画の第一回です。

今回はそのために通販サイトチャームさんで購入した商品の開封などを紹介します。

形状おまかせ流木、巻きたて水草など、どのようなものが来るか気になって注文したものもあるので、同じような買い物をしようとしている方にも参考になるかもしれません。

届いた商品の写真も撮影しましたのでどうぞごらんください。

◆注文の商品

今回注文したのは(商品名クリックでチャーム商品ページへと飛びます)
プラスティックボトル 2300ml
\390
カスタムソイル ブラック 1kg
¥340
形状お任せ ニッソー 自然流木 ミニ
\150
(水草)巻きたて オーストラリアン ノチドメ タイル(無農薬)
\500

ボトルアクアリウム用に購入したのはこの4商品です。

他にもエアーレーション関係のパーツを2つほど合わせて購入しています。

この中で一番悩んだのはボトル選びです。

ほかにもいろいろあったのですが、このボトルは水量があるのと開口部が大きいので手入れがしやすそうという点でセレクトしました。

形状おまかせ流木、巻きたてオーストラリアンノチドメはどのようなものが来るか気になったというのもあっての注文です。

チャームさんでの買い物は初めてではありませんが、器具や餌以外を注文するのは私自身はじめてですのでとても楽しみです。

◆商品到着

予定していた日の午前中、指定通りに商品の到着です。

毎度の無地の綺麗なダンボール。

いつも思うのですが梱包をしっかりするためか、チャームさんは商品に対してダンボールが大きいのですね。

チャーム熱帯魚

中をあけるとこんなかんじ。

チャーム熱帯魚このようなかんじで箱の底にぴったりなダンボール板に商品が動かないようにサランラップのようなものでしっかり固定されています。

 

これはしっかりつくわりには外しやすくて個人的には嬉しい仕様。

このサランラップのようなもの、ストレッチフィルムというものみたいですね。

ではここから商品を一つづつ見ていきます!

・プラスティックボトル 2300ml

>>購入はコチラ

こちらの商品、チャームさんのページ上で見るよりも良い感じがします。

中々厚みもありプラボトルとしてはしっかりしているほうではないでしょうか。

ボトルアクアリウム通販蓋には穴があるので通気のための加工はいらないですね。

ボトルアクアリウム通販 ボトルアクアリウム通販サイズはこんな感じ。

クワガタ用に使用する時用のフィルターは後で貼り付ける仕様なのも、ボトルアクア用としてはありがたいですね。

透明度も高いので観賞用としても良さそうです。

ボトルアクアリウム作り方
中にもの(エアーストーン)をいれてもとくに濁りなく綺麗に見えます。

素材的に傷つきやすいとは思うので、石や砂利などの硬いものを入れるときは壁面をこすらないように注意したほうが良いかもしれません。

たまにプラスチック製品にあるぬめりとかも特に無いので、お湯で軽く洗って乾かしておきます。

・形状お任せ ニッソー 自然流木 ミニ

>>購入はコチラ

前に私の友人が注文していてそれなりに良い形が来ていたので頼んでみました。

おまかせ流木横に長い感じで厚みもありますね。

ニッソー流木タグを通す穴が開いています。

ニッソー流木サイズはこんな感じ、それなりに大きな流木です。

小さいのが来たら来たで使い勝手が良いのでなにげに重宝するんで、それはそれで嬉しいのですが値段からしたら良いサイズ感です。

流木好きな私としてはどんなものが来ても嬉しいというのもありますが、また注文してみようと思えるものですね。

とりあえず今回のボトルアクアリウムで使えそうなので、表面の汚れを洗い流し熱めのお湯につけておきます。

あく抜き流木しっかり沈みますね。

後述するソイルに吸着効果があるそうなので、そこまで濃いアクが出なければそのまま使おうと思います。

・(水草)巻きたて オーストラリアン ノチドメ タイル(無農薬)

>>購入はコチラ

チャームさんの商品の定番、巻きたて水草のシリーズですね。

私自身初めての注文です。

しっかりと二重にされている袋をあけると中にパックがはいっています。

オーストラリアンノチドメパックの中に保護用のシートがあってそれをひらくと水草があります。

商品ページの画像は一枚目が育成済み、二枚目に巻きたてのものがありますが概ね似た感じですね。

巻きたて水草チャーム裏側です。

巻きつけはしっかりとされているのでそうそう取れることはないと思います。

名前のとおり巻きたてなかんじですね、今日ボトルを組むわけではないので別の水槽にいれておきます。

これはしばらくこのままどこかで育成してからボトルへ移行したほうが良いかもしれませんね。

一応私が購入したのは巻きたてですが、チャームさんには育成済みの商品もありますのでそちらを使っても良いかもしれません。

ストックしておく場所がない方は水草は後日に購入するほうがやりやすいと思います。

・他の商品

カスタムソイル

こちらはじめて使うソイル(カスタムソイル)です。

ちょうど良いサイズだったのとレビューがなかなか良いのでこれにすることにしました。

使い慣れているソイルでも良かったのですが、せっかくなので。

ソイルの具合はまたボトルを組む時に紹介しようと思います。

エアレーションパーツこちらが最初の項目でお話したエアレーション用のパーツ。

我が家では使用頻度の高い、エアーストーンニ又分岐です。

このような細かいものが安いのはとてもありがたいですね。

今回は合計で2000円ほどの買い物でしたのでそのまま注文してしまいましたが、もう少し金額が上がれば送料無料になるので、このような細かいもので値段合わせしても良いのかなと思います。

そんな時に今回購入したおまかせ流木なんか頼んでみるのもなかなか面白いかもしれないですね。

◆次回は

次回はレイアウトの土台を作ってみようと思います。

その様子は当サイトで紹介していこうと思いますのでよろしくお願いします。

▼12/4更新しました
>>ボトルアクアリウムの作り方・その2◆土台作り前編
>>ボトルアクアリウムの作り方・その3◆土台作り後編

 - ボトルアクアリウム, 飼育体験談