Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

コケ取り生体?餓死?弱い?人気の小型魚オトシンクルスの飼育の注意

      2015/12/08

コケ取り生体としても、観賞魚としても人気のオトシンクルス。

他の魚に危害をくわえない事から、混泳水槽によく見られる魚でもあります。

よく販売されているこの魚、実は少しデリケートな部分を持ち合わせているのです。

正しく理解しないと死なせてしまうこともあるオトシンクルス。

今回はそんなオトシンクルスを上手に飼うために覚えておきたいお話です。

◆デリケートな魚

(画像:オトシンクルス

オトシンクルスがデリケートだと言われるのは輸送や酸欠に対する弱さだと思われます。

彼らは一度調子を崩すと回復するのが難しい魚でもあるのです。

不安な場合はショップに入荷直後のオトシンクルスではなく、ある程度の期間キープされたものを購入すると良いかもしれません。

通販を利用する際は状態だけでなく梱包や輸送方法に安心できる場所から購入するようにしましょう。

お店の出荷時間にもよりますが、生体にとって安全性の高い、午前中受け取りにしておくことも重要ではないでしょうか。

また、一度落ち着いてしまえばそれなりに丈夫な魚なのですが、水質の急変にも弱いので注意してください。

特に水槽への導入時の水合わせは、点滴法などを利用慎重に行いましょう。

▼点滴法のやり方を覚えよう!
>>安心な水合わせ点滴法!ビーシュリンプなどのデリケートな生体に!

時間のかかる点滴法ですから、その間も弱くエアレーションをかけておくなどの酸欠対策もしておくとなお良いです。

何故この話をしているかというと、オトシンクルスを死なせてしまう多くの原因が、この導入時にあるからなのです。

オトシンクルス飼育を成功させるためには

・状態の悪い個体の購入を避ける
・水合わせは慎重に

ということがまずはとても重要なのです。

◆餌の問題

オトシンクルスを水槽のコケ取り用として飼育する方は多いと思います。

草食性の強いオトシンクルスは水槽壁面や、葉の広い水草の上にはえたコケをよく食べてくれる魚でもあります。

しかしこのコケはいつか不足していくることになるのです。

それにオトシンクルスはどんなコケでも食べるわけではありません。

彼らの好むコケが水槽内からなくなれば…自然と餓死してしまうのです。

オトシンクルスは骨格がしっかりとしており、壁に張り付くようにできる独特の体型をもっています。

この体型のせいでオトシンクルスは痩せていることがわかりにくく餓死してしまったことすら気が付かれないこともあるのです。

「まだ痩せてないのに死んでしまった…」

そう思っていても、実はそれは骨格を理解していないからの勘違いだった可能性もあります。

オトシンクルスには水槽内に餌があるかどうかをちゃんと観察し、無ければ専用に餌を与える必要があるのです。

(画像:オトシンクルスの餌

与える餌はいろいろですが、プレコ用のタブレットを割って利用する人などが多いようです。

個体によっては餌付きが悪いこともありますので、食べ残しは水槽からちゃんと取り出すようにしましょう。

食べない場合はいろいろな餌を模索していかなければなりません。

◆オトシンクルスを食べる危険

混泳魚が、オトシンクルスを口にできる可能性がある大きさであるときはとても注意しなければなりません。

基本的にこの組み合わせは絶対にダメです。

積極的に捕食するような魚ではなくても、万が一口にした時、オトシンクルスは硬すぎるのです。

オトシンクルスは食べられて、食べた方はオトシンクルスの骨が引っかかって…

そんな事故が起きないようにしてください。

◆オトシンクルスの誤解

オトシンクルスを上手く飼えない、この多くはオトシンクルスがどのような魚かということを理解していない時におきます。

しかし、理解していても上手く飼えないこともあるのがこのような特殊な魚です。

オトシンクルスを入手したら必ず観察を欠かさず、その行動をしっかりと頭に入れてその後の飼育に活かしていきましょう。

オトシンクルスはナマズの仲間ですから魚病薬にも弱いということも覚えておくとよいと思います。

オトシンクルス、とても可愛らしい小型ナマズ。

ぜひその不思議な姿を自宅の水槽で楽しんでください。

◆補足 種類の話

オトシンクルスの仲間にはいろいろとあり、中にはとてもデリケートなものもいます。

ボルケーノオトシンとよばれるものはその飼育難易度の高さで有名です。

通常、オトシンクルスとして販売されているものよりかは、それらの種類は高額ですが、おなじ感覚で飼育すると失敗する可能性もあるということを覚えておきましょう。

単純にオトシンクルスとして販売されているものはヴィッタートゥスという種類であることがほとんどです。

(画像:オトシンクルス・ネグロ

オトシンクルス・ネグロとよばれる魚は比較的飼いやすく初心者にも人気ですが、その名にあるネグロ(川の名前)固有の種類ではなかったりするのです。

名前だけで判断してはいけないオトシンクルス。

個別の性質を調べていくと、その深さにとても驚かされるでしょう。

 - 一種図鑑・魅力図鑑, 小型ナマズ