Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

二酸化炭素?アクア歴半年のNさんの水槽を見せてもらいました:その3

   

飼育歴半年、「まだまだ初心者にもなれていないので…」と謙虚に話すNさん。

そんなNさんの水槽を写真とともに紹介させていただくこのお話。

本当に細かくいろいろと見せていただいたので、一つの記事には収まらず今回でなんと三話目になります。

>>第一回はコチラ
>>第二回はコチラ

今回は水草、器具のお話です。

水槽部屋(画像:Nさんの水槽全景)

※記事内の画像はNさんの許可のもと掲載しております。画像の無断転載はご遠慮くださるようお願いします。

◆立ち上げ初期

立ち上げて二ヶ月ほどは画像のようなシンプルな状態で飼育をしていたそうです。

水槽立ち上げ(画像:Nさんの立ち上げ初期の水槽写真)

魚の数も今よりかなり少なめ、メンテナンス重視のスタイルですね。

左上のサテライトには第一回で紹介させてもらったベタがはいっていたそうです。

そんなNさんの使用しているフィルターはテトラのVX-75。

水槽は同じくテトラ社の60センチ水槽GA―60T。

当サイトの別の記事でも紹介している少し背の高いタイプの水槽ですね

▼Nさん使用の水槽や器具も紹介!
>>水槽用外部フィルターはこれがオススメ!各フィルターの仕組みと選び方
>>初心者でもちゃんと考えたい!オススメ水槽に学ぶ選び方のポイント!

最初はライトもテトラ社のものを使用していたのですが、水草が増えるに連れて光量不足を感じ、GEXのクリアLEDパワー3に変更しています。

(画像:LEDライトパワー3

現在は二酸化炭素も添加しているというNさん。

今回はその中で起きたちょっとした失敗談を教えていただきました。

◆二酸化炭素の添加

Nさんが二酸化炭素の添加をはじめたのは、某ショップの閉店セール。

前から気になっていたという二酸化炭素の添加キットが格安になっていたのでこれを機に購入したそうです。

アクアリウム開始後はよく通っていたお店の閉店でしたので記念に長く使うものをという気持ちもあった、とお話してくれました。

帰宅して二酸化炭素のセッティングについてしっかりと調べたNさん。

特に「飼っている魚に二酸化炭素で悪い影響が出ないように」ということに重点を置いて調べたつもりでした。

そのかいあって、二酸化炭素の悪影響と思われる減少は全く起きませんでした。

ですが、その後しばらくたっても、どう見ても水草の様子が変わらないのです。

二酸化炭素をいれれば水草は成長が早くなるはず。

そのはずなのにまるで効果は感じられません。

その原因は、Nさんが魚のためにしていたことにあったのです、

二酸化炭素で中毒にならないよう、Nさんはしっかりとエアレーションをかけていたのです。

そうすることで添加したはずの二酸化炭素が抜けてしまい効果が出なかった…という失敗談です。

その後はしっかりと二酸化炭素の効果が得られるように組み直したNさん。

二酸化炭素(画像:Co2添加のはガラス製の器具を使用している)

私が訪問させていただいた時には電磁弁を使用し、ライトと二酸化炭素が切れるとエアレーションがかかるという、しっかりとしたタイマー制御までされていました。

エアレーションは外部フィルターの排水口側のホース内にインライン化されており、とても半年とは思えない設備です。

その加工は自作でされたとのことからも、Nさんの熱心ぶりが伺えます。

二酸化炭素のおかげで水草の調子もよく、Nさんの気遣いのおかげでどの魚も良い状態で見ていて気持ちの良い水槽でした。

◆水草にはまり中?

Nさんの水槽には、大きなマーブルクイーンをはじめ、ディープ・パープル、レッドデビルなどの少し変わったエキノドルスが見られました。

マーブルクイーン(画像:大人の掌くらいはあるマーブルクイーンの葉)

ディープ・パープルやレッドデビルはまだ小ぶりな株ながらも、新しい葉を展開してこの後が楽しみな状態です。

ジャイアントサジタリア(画像:二酸化炭素をいれてから調子が出てきたというジャイアントサジタリア)

他にもジャイアントサジタリアやクリプトコリネ・ウェンティ(ブラウン)などがうまく配置され、見応えのある水草コレクションでした。

前面をあけてあるのはコリドラスのため。

コリドラス砂(画像:コリドラスのためのスペースがある)

それだけでなくパッと見ただけではわからない流木の下や奥を広い砂地にしてあるなど、レイアウトからコリドラスが好きというNさんらしい配慮をかんじます。

底床はNさんがアクアリウムをはじめるきっかけにもなったコリドラスマニアの友人のオススメである「津軽 プレミアム」を使用。

私も過去に作ったコリドラス水槽にこの砂を使用していましたが、程よい細かさで角もなく、重さもあるので掃除がし易く良い砂だと思います。

偶然一致したこの砂の話でも随分と盛り上がり、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

◆Nさんの水槽を見て

三回に渡るNさんの水槽紹介も今回で終わりです。

Nさん本当にご協力ありがとうございました。

まだ半年という短い期間ながら、水槽内はしっかりと落ち着いていると感じました。

Nさんは、周囲の経験者のおかげだと言いますが、それだけではなくNさん自身の努力も多分にあったと私は思います。

水槽を立ち上げてから殆どの休みをアクア関連につかっているというNさん。

本棚にはアクアリウムをはじめてからずっと買って読んでいるというアクアライフが並んでいます。

(画像:アクアライフ

本やネットだけでなく、ショップやアクアリストの友人宅でいろいろなお話を聞いたそうです。

今後も楽しみなNさんの水槽、いつかまた見せていただきたいと思います。

 - 飼育体験談