Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

アクアライフ2016年1月号を購入しました!◆レビュー

      2017/02/16

アクアリウム雑誌、アクアライフ。

今回は2016年の1月号を購入したのでレビューします。アクアライフ1月号

これから毎月レビューしていこうと思うのでよろしくお願いします。

◆アクアライフ2016年1月号のメイン特集

新年一冊目。

ちょっと年始にバタバタしてバックナンバーとしての購入となってしまいました。

アクアライフは発売月でなくとも、後々バックナンバー購入できることも多いので嬉しいですね。

ですが、号によっては人気が高く手に入りにくくなるものもあるので、できれば発売月に買うのが良いと思います。

 

▼アクアライフバックナンバーも登場する記事はコチラ!
>>アクアリウムの雑誌を読もう!アクアライフの紹介と楽しみ方
>>漫画、雑誌、無料カタログまで!楽しめるアクアリウムの本、書籍紹介

 

1月号は新年らしい「図鑑」企画となっています。

500種プラスα。

(画像:アクアライフ1月号

ジャンルごとに分けられた魚がしっかりカラー写真付きで掲載されているので、初心者のかたにはとてもうれしい号なのではないでしょうか?

 

私も、あまり知らないジャンルの魚だったり、古い図鑑に載っていない魚だったりをたくさん知れてとても楽しめました。

純粋にこのレベルの図鑑が、この値段で見れるのは嬉しいと思います。

今回、冊子の半分以上がこの図鑑に使われています。
12ページから79ページまで。
それとは別に探しやすい索引もあります。

 

今回は雑誌というより本当に図鑑としてみても良いのかもしれません。

ただ、今回は種類の「紹介」なので、細かな飼育法については掲載されていないので、それだけは理解が必要です。

ですが、熱帯魚はネットで検索しても、まとめて種類が掲載されている場所が少ないので、ここまで綺麗にまとめてくれているのは、実際かなりありがたいです。

充実の最新熱帯魚カタログというかんじでしょうか。

これをもとにして気になる種類を調べていく、というのがよいかもしれません。

図鑑世代の私としては見ているだけでワクワクする懐かしい気持ちになれました。

◆アクアライフ1月号のその他の特集など

ボリュームのある図鑑のため、いつもより他の特集は少ない気がします。
ですがおなじみの「ルー大柴さんのリバーとトゥギャザー!」などは掲載されていますので雑誌としての楽しみもちゃんとあります。

今回のルー大柴さんの「リバーとトゥギャザー!」は大物!

サケです。

様々なものを「ルー語」で表しながらフィールドを探索するこの連載、私はとても大好きで、いつも最初に読みます。

今月の主役であるサケについてはルー大柴さん普通に「サケ」と言っていました。
「サーモン」じゃないんですね。

 

熱帯魚の生息地、現地の写真や情報が嬉しい、松坂 實さんのAMAZONIAは「アマゾン夢追い国」の後編。

松坂さんと一緒にアマゾン川を楽しんだ方々のコメントが掲載されており、後編からでも、読む価値充分です。

いつかアマゾンに行きたい。私もそうですがそんな思いを少し満たしてくれる特集です。

ワイルドのネオンテトラに現地で出合う感動。私も味わってみたいですね。

いつも思うのですが、こういう「写真を見るだけでない、読む企画」も多いのがアクアライフの嬉しいところですね。

 

今回はいつもよりページ数の少ない気のする特集もありましたが、図鑑のボリュームを考えれば納得できる感じです。

それと今回は付録つき。
2016年のポスターカレンダーがついてきます。

こちら楽しみを奪ってはいけないので掲載しませんが、なかなか素敵です。

早速水槽の上の壁に貼らせてもらいました。

◆神畑養魚株式会社がEHEIMの日本総代理店に

これは特集ではなく広告の話ですが、今年の1月から神畑養魚株式会社さんがEHEIMの日本総代理店になりましたね。

神畑養魚株式会社さんが代理店になる前の商品のサポートも受け付けると広告にあります。

こちらは神畑養魚株式会社さんの公式ページでも同様の内容が確認できますので気になる方は見てみても良いかもしれません。

◆アクアライフのレビュー

次回は今回の1月号と同時に購入した2月号のレビューです。
2月号からは、発売月内でレビューできたらと思っております。

(画像:アクアライフ2月号

 

>>2月号のレビューはコチラから

また今後はちょっと入手が難しいかもしれませんが、私に持っているバックナンバーなどのレビューもしていこうと思っています。

アクアライフ少ないですが、90年代のアクアライフや、いまでは発売が無くなってしまった「楽しい熱帯魚」などもあります。

アクアリウム雑誌ちょっと古い飼育書なんかもありますので紹介しますね。

掲載はやや先になるとは思いますが、興味のある方はアップされた際にはぜひ覗いてみてください。

 

それでは読んでいただきありがとうございました。

 - アクアライフ等、書籍・雑誌レビュー