Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

初心者の方必見!ミナミヌマエビの飼育方法まとめ

   

飼いやすく愛らしいことで大人気のミナミヌマエビ。

今回はそんなミナミヌマエビを初めて飼育しようという方に、ミナミヌマエビの飼育法を1から順番にお話していきます。

(画像:ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビの飼育環境を作ろう

ミナミヌマエビの飼育は、屋内と屋外と可能です。

どちらにしろまずは飼育環境を整えることが大切です。

ミナミヌマエビの飼育、ステップ1。

ミナミヌマエビを迎えるための準備をしましょう。

屋内飼育セットの作り方

ミナミヌマエビを屋内で飼育する。

そういう方はまず水槽を用意しなければなりません。

小さなボトルアクアリウムで飼育する方もいると思いますが、これにはある程度の理解と技術も必要なため、初めての方にはオススメできません。

最初は最低でもS水槽と呼ばれるサイズのものを用意しておくと良いでしょう。

水の量が多いほうが、水質の悪化も遅く、温度変化も少ないのでミナミヌマエビにとっては過ごしやすくなるのです。

 

S水槽というのは、日本の水槽の規格で

315x185x245(mm) 水量約12リットル

という大きさのもののことです。

M水槽は358x220x262(mm) 水量約19リットル

L水槽は398x254x280(mm) 水量約23リットル

となるので、置き場所が許すのであればS水槽よりM水槽、そしてL水槽のほうが水量が多く、安定しやすいということになります。

その他にも60センチ水槽や30キューブ水槽など様々な水槽で飼育が可能です。

 

ただ、あまり大きなものは、それなりな重量になりますので、しっかりとした置き場(専用台)が必要になると覚えておきましょう。

それともう一つ、オールガラスと呼ばれる、水槽の底までガラスでできたものは設置する時は底が割れないように「水槽専用のマット」を敷かなければなりません。

そのようなことも視野に入れながら水槽を選んでいくのです。

難しいと思うかもしれませんが、この水槽は後々ずっと使うものなのでしっかりと選びましょう。

 

その選択のポイントは

  1. できるだけ水量のあるもの
  2. 蓋が閉まるもの

となります。

 

蓋がないと、エビは飛び出す可能性があるのです。

(画像:コトブキ工芸トリプルS

例えばこのコトブキ工芸トリプルS」という商品にはしっかりとしたプラスチック製の蓋がついてきます。

ただ少し隙間がありますので、心配な方はそこも塞ぐ必要があります。

100円均一等に売っているシリコンラップと呼ばれる商品を利用すると、簡単に蓋の隙間が塞げるので便利です。

 

次に水槽の置き場所を決めます。

置き場所を決める時は

  1. 重量、水のこぼれに耐えられる場所
  2. 温度変化の少ない直射日光の当たらない場所

ということを基準にします。

 

ミナミヌマエビは割と丈夫な生き物ですので、適切な世話をしていれば、水槽に水を入れただけで飼育することも可能です。※ただし水は適切なものを使用する必要があります、水道水では飼育できません。

ですが、それだけの環境は調子を崩しやすいので幾、つかの器具等を合わせて用意します。

餌などもここで購入しておきたいものです。

選択肢はいくつもありますが、ここでS水槽でセットしたと仮定して、オススメの製品を紹介していきます。

 

まず必要なのが、底砂。

砂を敷くことはミナミヌマエビの足場になる等の、色々なメリットが有ります。

ただしデメリットも多いので、最初は無難な方法をとると良いでしょう。

砂は本当に種類が多く、いろいろな効果がある物も存在します。

今回オススメするのは「田砂」です。

この砂は水質への影響もほとんどなく、古くから使用されているので安心感もあります。

S水槽であれば一番小さい1kgのもので充分です。

 

次にカルキ抜きを選びましょう。

カルキ抜きとは水道水に含まれる「塩素」を抜き、ミナミヌマエビにとって安全な水を作るものです。

水を汲み置きしてカルキを抜く…などの方法もありますが、感覚もつかみにくく日数もかかるのでこの「カルキ抜き」を使用するのです。

テトラ社から発売されているコントラコロライン+のような液体タイプが使いやすくて良いでしょう。

一度に大量に使うものではないので250mlサイズでもかなりもちます。

 

次にろ過器を用意します。

ろ過というのは水を循環させ、それを浄化していく…という少し難しい話なので少しわかりにくいかもしれません。

ですがあるかないかで言えば、あったほうがよいと言えるものです。

水は動いていないとすぐに悪くなりやすいので、それを防ぐという狙いもあります。

まず今回の場合

「Nanoスポンジフィルター LS-30」というものをおすすめします。

こちらは後述する「繁殖」した稚エビを吸い込むこともなく、2つのスポンジを交互にメンテナンスできることで、初心者にも扱いやすいものとなります。
※一度にすべてのスポンジを洗ってしまうと、飼育水の大事ないろいろな要素が急変してしまうのです。
大きすぎない?と思うかもしれませんが、このスポンジ部分がエビの餌場となり隠れ家となるので大きすぎることはありません。

のスポンジフィルターは稼働させるためにエアポンプが必要です。

水心SSPP-7Sという商品は稼働音も静かで人気が高いです。

 

それにつなぐためのエアチューブは掃除にも使えるので長めに3m。

それとエアーの流量を調整するための一方コックを用意しましょう。

こちらも用途(後述する点滴法)がもう一つあるので2つ用意します。

そして大事な水温計。

これは水中の生物を飼う上では必需品です。

参考商品(クリックで通販ページヘ飛びます) 数量
田砂 1kg
コントラコロライン+ 250ml
Nanoスポンジフィルター LS-30
水心SSPP-7S
エアチューブ 3m
一方コック
水温計

 

とてもシンプルですが、最低限これだけあれば飼育できるというセットです。

これに餌である「キョーリン ザリガニ・ヤドカリ・カニのエサ 50g」と、ミナミヌマエビを掬うのに使うネットを加えて基本セットは完了です。

ただ、これだけでは世話をする時に不便ですので、メンテナンス用品を購入しておきます。

参考商品(クリックで通販ページヘ飛びます) 数量
GEX おそうじラクラク クリーナースポイト(食べ残しの回収等に使います)
プラケース小
バケツ
エアストーン(繁殖した時の水換えに使います)
ベロペット5ml
ネット
キョーリン ザリガニ・ヤドカリ・カニのエサ 50g

ではこれをセッティングします。

まず水槽をしっかりと水平な場所に設置してください。

 

次に「田砂」を綺麗に米を研ぐように濁りがとれるまでバケツの中に水洗いし、水槽に薄く敷きます。

薄く敷く理由は、そこに悪いものを溜めず掃除をしやすくするため。

部分的に底が見えてしまっていても構いません。

厚みをもたせるのにも、それはそれでメリットが有るのですが、理解できていないと扱いが難しいので最初はおすすめしません。

 

今度はそこへ静かに「カルキ抜き」した水をいれていきます。

水は水槽ぎりぎりまで入れず、やや余裕を残しておきましょう。

 

そこに

水心(エアポンプ)→エアチューブ→一方コック→エアチューブ→LS-30(スポンジフィルター)

という順番でつなぎます。

この時エアチューブの長さはややゆとりをもっておくことがポイントです。

 

LS-30の排水口は壁の方に向けておきましょう。

一方コックは水中に浸かってしまわないようにしましょう。

 

そしてエアポンプは水面より高い位置におきます。

エアポンプは置いてもいいですが、ぶら下げて設置することでより静かになります。

 

ここまでできたら水温計をとりつけ、水心をコンセントに繋ぎます。

一方コックを絞りながら流れる力を調整します。

こちらはそこまで強く絞る必要はありません。

とりあえずのセットはこれで完了です。

屋外飼育セットの作り方

屋外の飼育セットは室内とはいくつか異なる点があります。

まず共通で、使用するもの(飼育容器以外)から確認しましょう。

参考商品(クリックで通販ページヘ飛びます) 数量
プラケース小
バケツ
エアストーン(繁殖した時の水換えに使います)
ベロペット5ml
ネット
エアチューブ 3m
一方コック
水温計
コントラコロライン+ 250ml
キョーリン ザリガニ・ヤドカリ・カニのエサ 50g

※バケツと一方コックは屋内飼育の時と個数が違います。

これらはどちらの飼育でもあると便利ですので用意しておきましょう。

次に飼育容器ですが、屋外では日光などの影響を受けやすいガラス製の等の透明な容器は使用しません。

睡蓮鉢などの不透明なものを使用しますが、初心者のかたには保温性も高く足場にもなる発泡スチロール製の容器がおすすめです。

(画像:発泡スチロール容器

発泡スチロールはそれ自体が足場になるので、底砂などがなくともエビが落ち着きやすいのも特徴です。

蓋は4分の1くらいに割って浮かべておけば、ミナミヌマエビのおちつく暗がりを作ることが出来ます。(完全に水面を覆わないようにしてください)

屋外では

  1. 水量が多いこと
  2. 耐久性があること

というのを重視します。

蒸発もしやすく、温度変化も激しい屋外では屋内よりも多い水量が必要です。

例えば屋内の例で出したS水槽。

これは屋外では小さすぎると思ってください。

 

セッティングの手順は屋内よりも単純です。

飼育容器をしっかり水洗い「直射日光の当たり過ぎない場所(必要であれば簾などで日除けをしてください)」に置きそこに水を入れます。

これで第一段階は終わりです。

そしてそのまま数日放置した後に水をすべて入れ替えます。

これは金魚飼育で用いられる「容器のあく抜き」という動作を真似たものです。

やや難しい話なのですが、簡単に言うなら「専用の飼育容器ではない発泡スチロール容器」を綺麗にしっかり洗うため…とでも思ってください。

その後カルキを抜いた水を容器にはります。

この時に屋外育成に強い水草を入れておくと良いでしょう。

(画像:無農薬アナカリス

育ちも早く、寒さなどにも強いアナカリスがオススメです。

アナカリスは浮遊させておけば勝手に伸びます。

ミナミヌマエビは農薬に弱いので、そういった疑いのない水草を使っておけば安心です。

セッティングができたら

屋内でも、屋外でも最低1週間はミナミヌマエビをいれずに置いておきます。

何故なら、新しい環境はミナミヌマエビにとっては良いものではないからです。

 

難しい話は省きますが、しばらく置いておくことでミナミヌマエビにとっても住みやすい環境になるのです。

 

また、こまめに水温を観察することで、飼育のイメージ作りをしていきます。

いくらミナミヌマエビが高温に適応できるエビだからといって30℃をこえるようでは好ましくありません。

そういう具体的なデータをとることで、飼育への知識面での準備もしていくのです。

 

必要なら置き場所の見直しや、屋外であれば日除けなどを考えましょう。

極端な環境でないかどうか、それを生き物がいない間に確認しておくのです。

ミナミヌマエビを導入しよう!

ではここからは実際にミナミヌマエビを、水槽へと導入する方法をお話していきましょう。

そのためにはまずミナミヌマエビを入手しなければなりません。

 

入手したミナミヌマエビをできるだけダメージ無く自宅の環境へ…
そのために事前にしっかりと環境を仕上げておいたのです。

ミナミヌマエビの購入方法と輸送方法

アクアリウムで飼育されるエビは何種類か存在します。

その中でもミナミヌマエビは「どこでも売っている」とまでは言えない流通量のエビです。

取扱店などが近くにある場合と、そうでない場合では入手方法が異なります。

まず近くにあった場合。

その場合は

  1. 信頼できるお店かどうか

という事が重要視されます。

信頼できるお店かどうか

それは初心者のかたでは見分けがつかないかもしれません。

専門店だとしても、良いとは限らないからです。

逆に、ホームセンターの一角にある小さなペットコーナーでも、腕の良いスタッフさんがいることもあるのです。

 

どうしてこんなことを言うかというと、ミナミヌマエビの状態は一定ではないからです。

調子の悪いものを購入すれば、そのまますぐに死んでしまうこともあるのです。

死因が見分けられない初心者さんは、その原因を「自分の力不足」として一纏めにしてしまうこともありますが、必ずしもそうではありません。

逆に状態の良いミナミヌマエビを入手できれば、飼育初期の難易度はぐっと下がります。

 

いろいろなチェックポイントがありますが、まずわかりやすい

  1. 入荷直後ではないもの
  2. 水槽内で繁殖している

という事を気にしてみてください。

入荷時期などは店員さんに聞いてみましょう。

最低でも一週間、できれば二週間以上入荷から経過していれば安心感も高まります。

繁殖をしているかどうかは、水槽内をよく見て、卵を抱えたエビがいるかどうか、もしくは小さなエビがいるかどうかを確認しましょう。

また、繁殖させたい時はオスメスを両方入れてもらうようにしなければなりませんので、ちゃんと伝えましょう。

お店によっては、自家繁殖した個体を販売しているところもあります。

そういうお店には、繁殖までのノウハウがあるのでとても信頼できるのではないでしょうか。

逆に

 

  1. 入荷直後のもの
  2. 死体が多く転がっている水槽

 

には注意してください。

ただ、抜け殻(ミナミヌマエビは脱皮と言って皮を丸ごと脱ぐことで成長していきます)を死骸と見間違わないように注意しましょう。

このように安心できるお店から購入したら、すみやかに自宅へと帰ります。

可能であれば購入時に、袋(水棲生物は購入すると水と酸素と一緒に袋にパッキングされます)の中に水草などの足場となるものを入れてもらうと良いかもしれません。

 

輸送中は直射日光を避け、できるだけ揺らさないように運びます。

絶対に車内等に放置したりしないでください。

ミナミヌマエビは急激な温度変化に非常に弱いのです。

 

次に通販の場合です。

通販の場合も購入先は信頼性を重視して選んでください。

オークションなどで購入するときも同じです。

(画像:ミナミヌマエビの通販/ペア販売)

また、通販の場合オスメスを確実に入手したければ、ペア売りのものを飼うのが確実です。(匹数だけの記載の場合どちらかに偏ることがあります)

そして最も大切なのは

  1. 到着時間に確実に受け取ること

できれば午前便で、受け取りましょう。

そしてすぐに開封し、中の状態を確かめます。

死着の場合は開封せずに購入先へ連絡するのが基本です。
※業者、販売者さんにより異なります。事前に確認しておきましょう。

通販、実店舗。

どちらの場合も帰宅したら、すぐに「ミナミヌマエビのための作業」を開始します。

この時に絶対に、すぐに水槽にいれないようにしてください。

水槽に入れるまでにはいくつかやらなければならないことがあるのです。

ミナミヌマエビを水槽に入れよう!

購入してきたミナミヌマエビ。

彼らを今から水槽へと入れていきます。

水槽に入れる前にやらなければならないこと。

それが水合わせです。

水合わせとは温度差、そして水質の差を無くすためのものです。

まず温度差は購入した袋のままで水槽に浮かべることであわせて行きます。

季節にもよりますが30分から1時間程であってくるはずです。

この時に気をつけたいことがいくつかあります。

それは

  1. 屋外の場合は日光に気をつけて
  2. 水温差が大きい場合はじっくりと
  3. 最終的には水温計で確認

ということです。

屋外の場合、冬季や夏場などの極端な季節は水温合わせは困難なので、初心者のかたは避けておいたほうが良いかもしれません。

また、最終的に水温計で計測する時には、袋をあける必要があるのですが、この時にミナミヌマエビが脱走しないように気をつけましょう。

もしその時点で水温にずれがあれば、袋が沈まないように(開封により酸素が抜けると沈みやすくなります)気をつけて水温合わせを続けましょう。

 

水温が揃ったら今度は水質を揃えます。

その方法はいろいろあるのですが、今回ははじめてということもあり慎重に「点滴法」という方法を使いましょう。

点滴法については最初に購入した道具である

  1. エアチューブ
  2. 一方コック

などを用いて行います。

詳しいやり方は以下のリンク先に図入りで解説していますので参照してください。

>>点滴法について読む

点滴法が出来ない場合もまず、そちらを読んで基礎を学んでください。

 

その基礎とは

  1. 水質合わせはゆっくりと

ということです。

点滴法が出来ない場合は、脱走や袋が沈むことに気をつけながら、時間間隔を置き、少しづつ水を交換していきます。

まず袋の中の水を少し捨て、それと同量の水槽の水を静かに足す。

この動作を繰り返すことで、点滴の代わりとします。

ただ、リンク先にも書いてあったとおり「酸欠」も怖いので、充分に気をつけながらやりましょう。

酸欠防止法としては軽いエアレーション(エアーポンプとエアーストーンを利用して空気を送り込む/一方コックで勢が強くなり過ぎないように調整する)や、開口部の大きい容器(プラケース等)にミナミヌマエビを移したものを浮かべ、それを袋の代わりとして水質合わせを行うということです。

そしてこの水質合わせを終わらせた後に、ミナミヌマエビを静かに水槽内へと離すのです。

ミナミヌマエビの世話をしよう!

ミナミヌマエビを水槽にいれたら、まず丸一日はそっとしておきます。

餌を上げたり刺激を与えてはいけません。

翌日から、ミナミヌマエビの世話が開始されます。

ではその世話の方法を見ていきましょう。

ミナミヌマエビの餌

ミナミヌマエビは比較的なんでもよく食べるエビです。

自然発生するコケも食べることから、アクアリウムではコケ取り用の生き物としても人気があります。

屋外などはコケが発生しやすく、それ自体を餌とするため、そこまでこまめに餌を与える必要はありません。

 

逆に与えすぎて水を汚してしまう方が問題です。

室内の場合も与え過ぎは厳禁です。

 

ちゃんと食べ終わる量を、少なめから与えて観察していきましょう。

 

具体的な量は、餌や飼育環境にもよるので一言ではまとめれません。

ただ、絶対的に言えるのは「人の話を安易に鵜呑みにしてはいけない」という事です。

餌をどのくらい与えるのか。

実はこれは、長い飼育歴をもつ人でも試行錯誤することだからです。

餌のパッケージや、人の情報はあくまでも「目安」という感覚で見れるようになることが大切です。

クドいようですが餌は必ず

  1. 一度に大量に与えず少なめに

してください。

半日経っても食べ残しが合った場合は、確実に与え過ぎだとしてもよいでしょう。

健康なミナミヌマエビは一日餌を抜いたくらいでは問題ない場合が多いので、じっくりと観察しながら調整していきましょう。

餌はなんでも食べると言いましたが、最初は「沈下性(沈むタイプ)の人工飼料」が扱いやすいと思います。

これらは乾燥しているので保存もききやすいからです。

ミナミヌマエビが好む餌には

  1. エビの餌
  2. ザリガニの餌
  3. コリドラス(熱帯魚)の餌
  4. プレコ(熱帯魚)の餌

などがあります。

コリドラスやプレコの餌は、一粒が大きいので、ミナミヌマエビの数が少ない時は割って与えましょう。

 

餌を与えたら観察。

 

これを絶対に忘れないようにしてください。

また水温が低下している時期は、餌を食べる量が減りますので、そこでじっと動かない、10℃以下の場合は給餌自体を止めてしまいましょう。

ミナミヌマエビの水換え

水換え。

それは古くなった水を抜き、新しい水に交換することです。

基本としてはすべての水を換えるというのは、まずありません。

状況にもよりますが、大体多くても総量の3分の1程度まででしょう。
※非常時には更に多めの水換えを行うこともありますが、知識や経験などがないと危険なので割愛します。

水換えのコツは

  1. 静かにそっと換えること

です。

 

勢い良くかえてしまうと、水質の急変でミナミヌマエビを死なせてしまったり、底のゴミを舞い上げたりしてしまいます。

最初は、総量の5分の1くらいからはじめてみると良いかもしれません。

水換えのタイミングを決めるのはなかなか難しいものですが、週1回から二週間に1回程度に5分の1程度を目安とすると良いかもしれません。

それくらいを基準に、自分の飼育環境にあったペースを掴んでいきましょう。
また

  1. ミナミヌマエビの調子が悪い時
  2. 底に汚れが溜まりすぎている時

などは思い切って3分の1程水換えを行うと良い場合もあります。

ただ、この「調子が悪い」ということなのですが、冬季などで水温が低下している場合は活性が鈍くなっているだけですので、勘違いしないようにしましょう。

 

この冬季を含み、ミナミヌマエビの飼育では水換えを余りしないほうが良いということもあります。

それは

  1. 屋外飼育の場合
  2. 水温が10℃以下の場合
  3. 稚エビが大量にいる場合(換水は少量に)

です。

屋外飼育の場合は環境が安定しやすく、蒸発した水を足すだけでまかなえることがほとんどです。

その場合、水温を揃えるためにバケツに水を入れて屋外に用意しておくと良いでしょう。そのために屋外では室内より余分にバケツを購入したわけです。

ただ、日光の当たり具合などにより差が出ることもありますので、必ず水温計で計測してください。

 

屋内、屋外にかかわらず水温が極端に低い時はできるだけ刺激を与えないほうが良いでしょう。

あまり活動しない状態になっているミナミヌマエビを下手に動かさないほうが良いのです。

この場合も「足し水」が適しています。

これらの水の足し方のコツはこれからお話する水換えの「新しい水をいれる」方法を参照してください。

 

では、前振りが長くなりましたが水換えの方法をお話します。

水換えのポイントは

  1. 静かに水を抜いて静かに足す

ということです。

 

方法は水合わせの項目で紹介した「点滴法」にもよく似ています。

この水換えに、細いエアチューブを用いることで速度を遅くしゆっくりとした水換えを実現します。

まずバケツを水槽より低い位置におき、エアーチューブ固定します。

キスゴムを用いても良いですし、テープか何かで固定してもよいでしょう。

そしてエアチューブの先を水槽の中に入れます。

バケツ側のエアチューブをスポイト(ベロペット)か口で軽く吸えば、サイフォンの原理というものが働いて、水槽の水がバケツ内に落ちていきます。

 

この時にエアチューブを水槽内で動かし底のゴミなど吸い込んで綺麗にしましょう。

小さなエビがいる場合は吸い込まないように注意します。

エアチューブをつまむと水の流れる量が減りますので、静かに排水できます。

そうして水槽内の水を適量抜きます。

 

次に新しく足す水のことです。

これは「水温が水槽内と同じ」ことが大切です。

また、コントラコロライン(カルキ抜き)を用いエビにとって安全なものにしておきましょう。
これをできるだけ静かに水槽内に注ぎます。

トレーなどで受けて、水底に水流がいかないようにしてもよいですし、先ほどのサイフォンの原理を利用して、エアチューブで水槽内に静かに落としこんでも良いでしょう。

先程紹介した「水足し」の場合もこのように行います。

ミナミヌマエビを繁殖させよう

ミナミヌマエビの繁殖。

 

これは良い環境でミナミヌマエビを飼うということでもあります。

良い環境で飼育されたミナミヌマエビは春~秋(水温が伴えば冬季でも)勝手に繁殖してくれるものです。

子どもの育成環境も親と同じで構いません。

それではそれについてもう少し詳しく見ていきましょう。

ミナミヌマエビの繁殖で気をつけたいこと

ミナミヌマエビの繁殖。

これに欲しいものは隠れ家、そして足場となります。

今回のお話の例の場合は、屋内であればスポンジフィルター(LS-30)屋外であればアナカリス(水草)がその役目です。

流木や、鉢底ネットと呼ばれるものを使用してもよいでしょう。

ただ鉢底ネットの場合、質が悪いものはまれに水質へと影響をあたえる場合があるので注意しましょう。

観賞魚用に販売されている土管なども使いやすいです。

そして次に必要になるのは稚エビの餌場です。

うまれた稚エビは親と一緒のものを食べますが、最初の段階ではもっと細かい餌があると良いものです。

それは、良い環境であれば、砂の表面やスポンジフィルター、屋外の発砲スチロール容器の壁面などに自然発生している眼に見えないものです。

それらがあると稚エビの生存率が高くなります。

 

また、水換えの時に稚エビを吸い込まないようにする配慮も大切です。

水換えに使用するエアーチューブの、水槽側にいれるほうにエアーストーンをつければ稚エビの吸い込みは防ぐことが出来ます。

そして最後に混泳魚。

一緒に他の魚がいると、小さなエビは食べられてしまう可能性があります。

エビは自然界でも食べられる側の生き物なので、落ち着かなくなるということも考えられます。

ミナミヌマエビだけで飼育するほうが、繁殖には適しているのです。

まとめ

ミナミヌマエビの飼育、どうでしたでしょうか。

今回お話したのは、あくまで基本的な中の一例です。

ミナミヌマエビの飼育にはいろいろな方法があり、そのどれもにメリットとデメリットがあります。

それを理解していくことでどんどんミナミヌマエビの飼育の幅は広がります。

 

愛らしく、育てやすいミナミヌマエビ。

その素晴らしさを自宅で見れるのはとても幸せなことかもしれません。

 - ミナミヌマエビ