Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

春に始める熱帯魚!グッピーにベタ、ネオンテトラは混泳ダメ?

      2016/05/02

2016年春。

今年こそは熱帯魚に挑戦したい!と思っている方はたくさんいると思います。

今回はそんな初めて熱帯魚を飼う人たちへ、読んでほしコラムです。

今回のテーマは「グッピーにベタ、ネオンテトラの混泳はダメ?」

初心者に人気の小型魚三種の混泳について、徹底的におはなしていきます。

ごあいさつ

こんにちは、当サイトでライターをしている魚谷です。

▼ライタープロフィールはこちらから
>>魚谷プロフィールへ

今回は、混泳についてのお話です。

初心者の頃は、それぞれの魚についても知識がありませんし、混泳で失敗することもたくさんあると思います。

でも、混泳に失敗すると、泣く泣く魚をショップに引き取ってもらったり、別々に飼育するために新しい水槽を用意したりと、大変ですよね。

そうならないために、まず覚えたいことは

『飼いやすいと言われている魚=どんな魚とでも混泳できる』

というわけではないということです。

今回は、そんなお話を紹介していきます。

ベタの混泳

では、まずベタから勉強していきましょう。

愛らしく、見た目も綺麗で飼いやすいことから、ベタは初心者さんにも人気ですね。

でもこのベタ、実は混泳となると、結構難しいのです。

(画像:ベタ

例えば、ベタと、ミナミヌマエビ。

中には興味を示さない個体もいるのですが、ベタは結構ミナミヌマエビを追い回します。

それはなぜか…

ベタはエビが大好物なんです。

 

次にグッピー。

ベタはグッピーには攻撃的になることが多いんですね。

「ベタって…ベタ以外の魚には興味が無いんじゃないの?」

そう思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

ベタの性格にもよりますが、他の種類の魚やエビに、攻撃的になる個体もたくさんいるんです。

 

特にグッピーは、ベタと同じようにひらひらとした大きなヒレを持っていますから、狙われやすいのですね。

 

他にもベタは混泳に適さない理由がたくさんある魚です。

例えば「水深が深い(30センチ以上)」が苦手だったり、水流が強いのが苦手だったり。

ネオンテトラが大丈夫でも、ベタは調子を崩してしまう…こういう環境ってたくさんあるんですね。

グッピーの混泳

グッピーの混泳。

これは意外とうまくいくものですが、いくつか気をつけたいパターンがあります。

 

まず最初に

スマトラやベタなどの、ひらひらしたヒレに攻撃を加える可能性がある魚。

これはとてもわかりやすいですね。

 

(画像:グッピー

 

次に、プラティなどの、同じような「卵胎生メダカ」とよばれる魚。

このグループの魚は、種類が違ってもオスがメスをおいかけまわすことがあるのです。

狭い水槽や過密な環境だと、メスへのストレスが強くなることもあるので、あまり体格の違う卵胎生メダカは一緒にしないほうが良い場合もあるのです。

▼プラティについて勉強しよう!
>>グッピーと混泳注意?ミッキーマウスプラティ、ブラックモーリーなど

 

 

次に国産グッピーと、外国産グッピー。

これは初心者のかたには難しいかもしれませんが、国内で増やされたものと、海外から輸入したグッピーだと区別してもらえれば、だいたいは大丈夫です。

この2つのグッピー

「日本の水に慣れているグッピー」と「海外の水に慣れているグッピー」という違いがあるんですね。

だから一緒にはしないほうが良いのです。

他にも、海外のグッピーが病気をもっていたりすると、その病気に耐性のない国内のグッピーにはすぐに感染してしまうんです。

このようなかんじでグッピーも混泳に気をつけたい魚なのです。

ネオンテトラの混泳

ネオンテトラの混泳は、ベタやグッピーに比べると、ダメだと言われるパターンはすくないものです。

(画像:ネオンテトラ

 

ですが、やはり気をつけたいことはあります。

それは、ネオンテトラを食べられないようにすること。

エンゼルフィッシュのような魚は、ある程度大きくなるとネオンテトラを食べてしまいます。

 

また、個体差はありますが、私の友人の家では「タイワンキンギョ」と呼ばれる魚が、ネオンテトラと近い魚である「カージナルテトラ」を食べていたという話もありました。

まだそこまで大きくないタイワンキンギョだったのですが、無理やり口に入れて食べてしまおうとしていたそうです。

このような体格差。

これにはしっかりと気をつけてください。

さいごに

当サイトでは、今回の記事のような初心者さんに向けた「観賞魚の楽しみ方」や、飼育方法、病気対策などを紹介しています。

今後もどうぞよろしくお願いします。

▼最新情報お知らせTwiterオープン!
@osakana_guppy
当サイトに記事が更新されるとツイートでお知らせ!おすすめ過去記事もつぶやきます!

 - グッピー, ネオンテトラ・小型カラシン, ベタ