Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

春がきた!屋外で水草を育てよう!ビオトープ、メダカに!

      2016/03/28

暖かい春、屋外で水草を育てたい方もいると思います。

今回は、そんなこれからの季節に、屋外で育てることのできる素敵な水草たちを紹介していきます。

アナカリス

(画像:アナカリス

よほど過酷な地域でなければ、通年通して屋外で育成のできるアナカリス。

成長速度も早く、ビオトープなどにもおすすめです。

入手も簡単で丈夫、初心者のかたにおすすめの水草です。

マツモ

マツモはメダカの産卵にもよく用いられる水草です。

根を持たないので、浮かべて育成できるのが大きな魅力です。

マツモ

出典
http://www.shopping-charm.jp

(画像:マツモ)

取り扱い店舗がいまだすくないですが、屋外育成の主役になりうる水草なので覚えておきましょう。

ガガブタ

浮葉と呼ばれる、水面に浮かぶ葉を出す魅力的な種類です。

ガガブタ

同じように浮葉を持つ睡蓮よりも小さな葉ですので、そこまで大きくない容器でも使いやすい水草です。

浮葉は、水面を覆い過ぎると、水中に光が生きませんので、水中育成している水草がある場合は適度にトリミングをしましょう。

ロタラの仲間

グリーンロタラ

中には難しい種類もありますが、グリーン・ロタラやロタラ・インディカと呼ばれるものは非常に丈夫なので、屋外でも育成がしやすいことで知られていています。

彼らは水中だけでなく、水面から「水上葉」とよばれる葉を展開しますので、水深の浅い環境でも活躍します。

ホテイアオイ

メダカの繁殖にも用いられるホテイアオイ。

(画像:ホテイアオイ班入り

水面にうかべて育成するので、底に砂を入れていない容器でも活躍します。

班入りとよばれるものも出回っており、その観賞価値を高めています。

繁殖力が旺盛なので、簡単に増やすことができます。

アマゾフロッグピット

こちらはホテイアオイと比べると、かなり小さな浮草になります。
小型の飼育容器の場合は、こちらのほうが使いやすいかもしれません。

(画像:アマゾフロッグピット

数株浮かべておけば、かなりの勢いで増殖します。

根も長く、底にメダカが卵を産み付けることもあるので、増えすぎた株を間引くときは必ず確認するようにしてください。

補足1:水草を育てるのはどんな容器がいいの?

水草の育成、それは水草の性質に合わせたものが必要です。

睡蓮などはある程度水深が必要で、大きくなるのでそれなりなサイズの容器が必要…と考えるわけです。

また浮草を入れる場合は、増えて光を遮りすぎ、水中の草を枯らさないように注意が必要です。

そのようなことを意識して、手入れなどの管理のしやすい容器を選択する。

これはとても大切なことなのです。

補足2:春は水草に最適!

春は芽生えの季節。

どんどんと気候が良くなる春という季節は、水草の育成にとても適した季節なのです。

暖かくなり始めた頃は、冬のような厳しい時期と違い、水草がうまく環境に馴染みやすいのです。

暑い夏は逆に、水草が適応できずに溶けてしまうこともあるので、いまの季節から成長させて、強い状態にしておくわけです。

屋外の水草は、室内で育てるのとはまた違う姿を見せてくれるもの。

その素晴らしさを是非、今年陽気とともに楽しんでください。

 - メダカ, 水草・藻・観葉植物