Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

春の熱帯魚初心者講座:グッピーはメダカ?飼い方は同じ?

      2016/04/09

本日のお話は、当サイトライターが聞いた初心者さんの疑問をもとに書いたものです。

そんな今回の疑問は

『グッピーはメダカですか?飼い方も一緒でいいですか?』
というものです。

では早速、その疑問についてお話していきましょう。

グッピーはメダカですか?

この質問に答えるのは、少し難しいですね。

広い目で見ると、グッピーはメダカの仲間。

そういう意味では間違ってはいないからです。

 

でも今回の質問は『日本に住んでいるメダカ』とグッピーの話。

これは同じメダカでも結構違うものです。

(画像:グッピー

まず、日本のメダカは卵を産むのに対し、グッピーは体内で卵を孵化させて子供を産むのです。

▼グッピーの産卵??産仔?
>>グッピーは産卵ではなく出産!産卵箱に入れる兆候とタイミング

それと、メダカは日本に元々いた魚ですが、グッピーは海外から持ち込まれたもの。

現在ではいろいろな改良品種が、国内などで作られていますが、元はアメリカの魚なのです。

日本の魚ではなく、暖かい地域の魚なので、グッピーの飼育には「熱帯魚」用の設備が必要です。

 

冷たい水では調子を悪くするどころか、死んでしまうこともあるんです。

▼水を安全に温めよう!
>>熱帯魚が煮魚に?ヒーターの使用事故を起こさないための3つの約束

余談ですが、グッピーという名前は、この魚を発見した、イギリスの植物学者のグッピーさんから来ているものだったりします。

グッピーとメダカは飼い方は同じですか?

グッピーとメダカ、飼い方はかなり違うものです。

先程も少しお話したように、メダカが無加温(水をヒーターなどで温めない)で飼育できるのに対し、グッピーは水温を26℃くらいに保って上げる必要があります。

まれに「グッピーは無加温でも飼育できる」という情報がありますが、これは室温が高かったり、長い時間(数年)をかけて、しっかりと慣らした個体が成功しているだけですので、初心者のかたが実行しようとするのは危険です。

(画像:半ダルマメダカ

そういう特性などから、メダカは屋外でも飼育できるのに対し、グッピーは室内でしか飼育できない。

そういう違いがあるといえます。

 

少し細かい話になりますが、メダカとグッピーは流通のあり方も大きくかわります。

メダカがほとんど国内で繁殖されているのに対し、グッピーは国産、外国産と様々な場所で増やされています。

この、国内と外国では、水そのものが大きく違います。(細かい話をすると、同じ国内でも差は出るものですが…)

 

その差はなんと

「国産グッピーと、外国産グッピーを一緒に飼育しないように」

と言われるくらいなのですね。

 

これは病原菌の話などにも関係してくるのですが、メダカには無いものです。

このように、生き物としての背景も全然違うので、彼らの飼育は共通点もありますが、共通しない点も多くなっているのです。

そういう理由から、一見簡単そうな『グッピーとメダカの混泳が失敗』することもあるのです。

まとめ

本日のお話、どうでしたでしょうか?

今後もこのように、初心者さんの疑問をもとにした記事を掲載していきますのでどうぞ参考にしてください。

飼育を始めたばかりは、誰もが初心者。

一つ一つ、疑問を解決していくことで、あなたの飼育技術をどんどんと向上させ、より良い水槽が作れるようになりましょう!

 - グッピー, メダカ