Guppy(グッピー)|熱帯魚アクアリウム入門WEBサイト

熱帯魚やメダカ等のアクアリウム入門サイトです。各魚の飼育に関するお悩みを解決していきます。グッピー、ベタ、アカヒレ、ミナミヌマエビ等様々な魚の飼育方法を公開しています。

苔取りにアルジイーターは凶暴すぎる?混泳飼育の問題

      2016/04/28

今日の話題は、コケ対策…苔取り用の魚として飼育されることもあるアルジイーター(アルジーイーター)のお話です。

この魚、実は混泳水槽では、少し問題を起こしてしまう存在でもあります。

いろいろな場面でその性質は言われていますが、未だに知らずに飼い始めて大変な思いをする方は少なくありません。

(画像:アルジイーター

それではここからアルジイーターについて勉強していきましょう。

▼お知らせ
2016/4/28 サイアミーズフライングフォックスについて追記しました。

アルジイーターが苔を食べるのは?

アルジイーターの名は

苔(アルジ)を食べるもの(イーター)というところから来ています。

実際よく苔を食べるので、水草水槽や水槽セットしたばかり(茶苔がよくでます)によく、コケ対策として用いられる魚です。

ネットで検索すると「苔をよく食べる」などという記述も多いので、それを見て購入する初心者さんはとても多いです。

(画像:アルジイーター

でもアルジイーターの苔取りは…実は期間限定なのです。

基本的に苔を食べるのは「幼魚」のときだけ。

彼らは成長に伴いだんだんと苔をたべなくなります。

そして彼らが好むのはコリドラス用のエサなどのやや肉食よりの餌。

このように、アルジイーターは成長に合わせて食生が変わる生き物だということは、絶対に忘れないようにしましょう。

それは彼らを飼育する上でも大切なポイントですね。

アルジイーターは小型魚?

アルジイーターは、苔取りとして活躍する幼魚の段階で販売されることが多いです。

そのせいもあり、アルジイーターのことを小型魚だと思って購入してしまう人もいます。

でも、彼らは最低でも10センチをこえるサイズになる魚、小型魚と言うには大きすぎます。

イメージの出来無い方は一度定規を出してそのサイズをイラストにでも書いてみましょう。

小型魚混泳水槽の中で10センチというのがいかに大きいかわかるはずです。

またアルジイーターはよく食べる魚ですので成長も早く、すぐに10センチに到達、その後もある程度成長していくものがほとんどです。

どんな魚を買う時も、最終的なサイズは意識しておきたいものです。

アルジイーターの凶暴化

アルジイーターは成長に伴い苔を食べなくなる…

それに加えてもう一つ、凶暴化するという特徴があります。

もちろん個体差もあり、他の魚に興味を示さないものもいますが、大半が、周囲の魚をおいかけまわしたり、つついたりするのです。

特に、縄張りを維持できないような空間…例えば60センチ水槽に泳ぐ層の近い魚であるコリドラスがいたりすると、積極的に追い回してしまうでしょう。

ショップの水草販売水槽でおとなしくしているアルジイーターの姿を見て安心する方もいますが、その水槽と自宅との環境差にも注目してみてください。

またよく泳ぎ、器用に隙間にも入れる魚ですので隠れ家を増やして対策するのも簡単ではありません。

水槽内に凶暴な魚がいるということを経験したこと無い方はかなり驚いてしまうのではないでしょうか。

補足:サイアミーズフライングフォックス

よく、アルジイーターと同じように考えられている魚にサイアミーズフライングフォックスというものがいます。

 

こちらも成魚になると、苔を食べなくなる個体がいたり縄張り意識を持つことから、アルジイーターと似たような感想をもつ人がおおいわけです。

(画像:サイアミーズフライングフォックス

 

ただ、彼らは意外と大人しい個体もいるので、アルジイーターよりかは扱いやすいと言う人も少なくありません。

 

フライングフォックスは黒髭苔を食べてくれることもある、重宝する魚ですがやはり知識を持った上で飼育したいものであることは間違いありません。

アルジイーターの魅力

本日は注意事項を主体に話してしまいましたが、アルジイーターは実に魅力的な魚でもあります。

流線型の美しい体、独特の泳ぎ方。

水槽内で、動いて止まり、動いて止まりと繰り返す姿は見ていて飽きません。

10センチをこす体格は、存在感もあり見応えも充分でしょう。

アルジイーターは、苔取りとして見られる歴史が長く、性質的に扱いが難しいので、本来の魅力を知られていない魚だといえます。

安易に飼育するのはおすすめできませんが、ショップなどで見かけたら一度彼らの愛らしい顔よく観察してみてください。

 

アルジイーター
学名: Gyrinocheilus aymonieri
分布:タイ
全長:10センチ以上
水温:25℃~28℃
水質:弱酸性~中性

 - 一種図鑑・魅力図鑑